第3回 ガールズ フレッシュクイーン 優勝は増田夕華選手(118期・岐阜)!
競輪開催レース
2021/04/18

116期・118期から選出された、次代のガールズケイリンを担う注目選手7名が優勝を争う『第3回 ガールズ フレッシュクイーン』。

大接戦の中、優勝を飾ったのは増田夕華選手(118期)でした!

001.JPG


6レース(13:08発走)を振り返ります。


スタートを取ったのは3番・永禮。

01.JPG

02.JPG

これに5番・西島、2番・吉岡、4番・増田、1番・尾方、6番・高木(佑)、7番・下条と並びます。

03.JPG


残り3周となるバックから1番・尾方が5番手から4番手にあがると後団の6番・高木(佑)、7番・下条も外から前に踏み上げます。6番・高木(佑)が1番・尾方の前に入り、7番・下条は外から尾方に並びます。

05.JPG


残り2周のホームで外を走る7番・下条が前に出はじめ、6番・高木(佑)も下条を追う形で前に上がっていきます。

06.JPG


鐘が鳴り、仕掛けた6番・高木(佑)に合わせて、先頭の7番・下条、それに続く3番・永禮が踏み上げ、全員がペースアップ。残り一周のホームで6番・高木(佑)が先頭に出ると、さらに1番・尾方が6番・高木(佑)を抑えて先頭に出ます。先頭で逃げる1番・尾方に4番・増田が続きます。

07.JPG

08.JPG

09.JPG


尾方の先行のまま3コーナー、4コーナーと回ります。


10.JPG


逃げ切ろうとする尾方を、4番・増田がホームの直線で追い込んで行き、ゴール前で尾方を差し切って1着ゴール!

11.JPG13.JPG


1着・4番 増田夕華、2着・1番 尾方真生、3着・3番 永禮美瑠  

15.JPG


1着・4番 増田夕華

002.JPG

「今の気持ちは正直嬉しいの一言です。自力の選手が多かったので、自分から仕掛けようと思っていました。周回中に尾方選手が外から前に出たところで番手について、この位置からなら狙えると思いました。尾方選手が叩いていく中で、集中してちぎられないように踏みました。展開が良かったので、4コーナーからの踏み足をさらに踏んでゴール前の直線に出られたのが良かったです。名古屋で初優勝してから気持ちに余裕が出たので、がむしゃらだけでなく狙って踏めるようになりました。今回は展開に恵まれましたが、これからも自分の力で、狙いすぎて固くならないように自分のレースを組み立てられるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」


2着・1番 尾方真生

004.JPG

「初手5番手からでしたが、道中後団はきついとおもって、打鐘からの4コーナーで誰もいかなかったら行こうと思って踏みました。風が強く、最終4コーナーで踏み直そうと思いましたが、力は出し切ったものの踏み脚が足りなかったです。また練習して次につなげて、ここからガールズグランプリ出場を目指していこうと思います。応援よろしくお願いします!」


3着・3番 永禮美瑠

005.jpg

「結果3着は満足とは言えませんが、今日のレースは気持ちに余裕があり、走りにも余裕が生まれ脚が動きました。成長を感じられたので次の目標は2度目の優勝を目指して練習を頑張ります。応援よろしくお願いします!」


新人女王の座を賭けて、7名の選手による大接戦が繰り広げられた『第3回 ガールズ フレッシュクイーン』。たくさんの応援をありがとうございました!

同じカテゴリーの最新ニュース