オッズパーク杯ガールズグランプリ2020 前検日レポート
競輪開催レース
2020/12/27

いよいよ明日12/28(月)は、『オッズパーク杯ガールズグランプリ2020』!

1年の終わりに、その年の女王の座を懸けて、選び抜かれた7名が戦います。

01-2.jpg


今日の平塚競輪場は快晴に恵まれ、バンクでの指定練習後に行われた共同インタビューで、出場選手たちは力強い笑顔を見せてくれました。

ほどよくリラックスしながらも、それぞれが明日のガールズグランプリに向けての想いを語りながら気持ちを高めているのが、言葉の節々から伝わってきた1日でした。

10.jpg


◆オッズパーク杯ガールズグランプリ2020出場選手コメント


1番車・児玉碧衣

02.jpg

「今年一年は総合的に見て、自分で自分を褒めたたえたい成績を残せました。1月のガルコレトライアルでは7着でしたがいい意味でプレッシャーから解放され、そのあとの好成績につながりました。ガールズグランプリトライアルレースのあとはいつも通りの練習をしてきて、寒さ対策も万全ですし、タイムも出ているので体調も問題ないです。初めてコレクションやガールズグランプリを獲れたときも1番車だったのと、平塚バンクは外国人選手にも勝てて優勝できているのでいいイメージを持てています。すごいスピードが乗るバンクのイメージです。明日は中段に居れたらいいと思っていて、レース中は考えすぎず、消極的にならないようにレースの流れを見極めて力を出し切れたらと思います。そこに3連覇という記録がついてきたらいいと思っています。」


2番車・佐藤水菜

03.jpg

「前夜祭は大事を取ってお休みしましたが、毎日アクティブに動き回っています。競輪祭の後のトレーニングは前橋のレースまでは追い込みで、今日までは仕上げと調整の練習をしてきました。ナショナルチームへの加入で一番変わったところは、なによりもレースに挑むときの気持ちの持って行き方だったりするので、今は自信を持って走れています。平塚は風が強いイメージでしたが、そんなこともなく走りやすかったです。地元での私は5割以上増しで走れるので、今回2番車ですが流れを見て行けるところから行こうとだけ決めて、あとは走りながら考えます。昨年ガールズグランプリに出場できた経験から今年は緊張していません。地元のファンにいい走りを見せたいですし、今年の締めとしていい走りをしたいです。」


3番車・高木真備

04.jpg

「コロナ禍でレースがない時に自分に合う練習方法が確立できましたし、今までで1番いい結果を出せた1年になりました。このガールズグランプリで優勝することだけを考えて一年やってきたので、明日もやれることはやります。24日に1日平塚バンクに練習にも来られましたし、走りやすいいいイメージを持っているので軽く走れると思います。3番車は自分との縁を感じるいい車番ですし、優勝だけを目指してすべての戦法を練習してきたので自力基本に何でもやります。明日は勝ちに行く姿を皆さんに見せたいと思っています。」


4番車・石井貴子(千葉)

05.jpg

「コロナでレースの中止が続き、4月は松戸のバンクで練習できなかったので、レース開催して頂けるありがたみや走れる喜びを感じた一年でした。振り返るとその時々の最善を尽くしながら精一杯やってきた結果なので毎年納得はしています。ガールズグランプリトライアルレース後の練習は、1ヶ月まとまってトレーニングできるのはこの時期だけなので計画的にしっかり仕上げてきました。平塚バンクにも何度か練習に来ました。平塚では卒業記念レースや2018年のコレクションでも優勝していますし、優勝したい気持ちを強く持っています。4番車はやりやすい車番で、並んだところから必要なことをやって、落ち着いて走れればと思います。行けるところから自力ベースで頑張ります。自分が一番叶えたい目標に今年もチャレンジさせてもらえるので、ここ一番精一杯頑張る姿をファンに見せたいです。」


5番車・梅川風子

06.jpg

「大きなけがもなく、風邪もひかずに1年やって来て、ここに来ることができたので本当に良かったです。100点とはいきませんでしたが8割方は満足しています。ナショナルチームへの加入で、整ったトレーニング環境や色々なサポートもですが、なにより精神的に強くなっています。レース中焦りは禁物なので、この時にどういう気持ちでいるかという気持ちの面での修正が入りました。平塚バンクは今日天気も良く、走りやすかったです。5番車でのレースの組み立ては、スタート位置も正直予想できませんが、どこからでも、どう行くかを考えて走ります。調子は問題なくここに来られたので、ガールズグランプリは一番大きなレースで、格式もある中で、自分はいまだ挑戦者であるという自覚を持って詰めスタイルで頑張ります。」


6番車・石井寛子

07.jpg

「今年1年を振り返ると、結果としてガールズグランプリに出場できているのでとても満足しています。ガールズグランプリトライアルレース後の練習は計画的に練習を重ねてこられて、いい時間を過ごせました。平塚バンクはやっぱり走りやすくていいですね。緊張もしていませんし、いいイメージで走れそうです。6番車ですが、とにかく後方にならないように自在に走りたいです。自分の中では疲れを残さなければ元気な身体で走れるのですが、周りのパワーアップがすごいので、そこにはくらいついていきたいです。3年前優勝できた競輪場ですし、流れに乗れたらいいと思います。ファンのみなさんにいい報告ができるように頑張ります。」


7番車・鈴木美教

08.jpg

「今年は1年を通して安定した成績で来られましたし、自分からレースを動かして自分の思うようなレースを積極的にできたと思います。平塚バンクは塗り替えてから一度走っていますが、軽くて走りやすいです。グランプリトライアル後は大宮で完全優勝したあとは、伊東や静岡で充実した練習をして来られました。総力戦で走ります。1着以外は同じ結果だという気持ちで優勝を目指して精いっぱい頑張ります。」


『オッズパーク杯ガールズグランプリ2020』は、明日12/28(月) 11レースで16:30発走予定です。

1人1人が、それぞれの思いをのせて平塚競輪場のバンクを走り抜けます!

2020年のガールズケイリンを彩った選手たちの頂上決戦にご注目ください。


今回のグランプリシリーズは、新型コロナウイルス感染防止対策として入場制限を行っております。

事前申込は既に終了しておりますので、当日のレースはkeirin.jpLIVE配信でお楽しみください!

同じカテゴリーの最新ニュース