Winners 〜栄光の軌跡〜 第18回 尾方真生(118期・福岡)ガールズ フレッシュクイーン優勝&100勝達成!【前編】
特別企画
2022/05/16

『Winners 〜栄光の軌跡〜』は今年度より動画からテキスト版にリニューアルいたしました。


220410_00.jpg

4月10日に平塚競輪で行われた『ガールズ フレッシュクイーン』での優勝おめでとうございます!率直な感想をお聞かせください。

ガールズ フレッシュクイーンは去年優勝できなかった分、今年はしっかり1着を取ろうと思って挑んだので、優勝できてすごく嬉しかったです。




220410_01.jpg

1発勝負のレースでは初優勝になりました。その感想も聞かせていただけますか?

単発レースは今までも走ってきて、1着が取れなくて苦手意識がありました。今回はしっかり力を出し切って優勝できたので、3日制レースの方が得意ですが、単発レースにも少しずつ慣れてきたと思います。

レース展開は作戦通りでしたか?

誰も行かなかったらホームから仕掛けようと考えていました。太田瑛美選手が先に行ってくれたので、合わせてついていきました。あとは走りながら自分が行けるところから行こうと、色々考えながら走っていました。




220410_02.jpg

昨年も出場されましたが、惜しくも2着でした。雪辱を果たせたと思いますが、ご自身としてはいかがですか?

勝ち方としては、やっぱり自分から逃げて勝ちたかったです。今回は自分の踏める距離、刺されない距離をしっかり踏んで勝ちたいという気持ちがありました。ここで勝てたことは自信に繋がったかなと思います。




220410_03.jpg

優勝記念を記念して、お母さまからリュックをプレゼントしてもらったとお聞きしました。サプライズだったと思いますが、やっぱり嬉しかったですか?

以前からレース用のバックパックが欲しくて探してて、いつも母に相談して買う物を決めてるんですけど、これがいいかもって私が言ったものをプレゼントしてもらいました。




220410_04.jpg

3月29日 小倉ミッドナイトの初日に通算100勝を達成しました。デビュー後1年10か月での達成について、ご自身ではどう感じられていますか?

99勝から1か月ぐらいレースの間が空いてしまい、小倉競輪を3日間走るのも久しぶりだったので緊張していた中で初日で100勝を決められたのは良かったですが、まだまだ通過点だと思っています。



久留米 藤田一門で姉弟子は小林優香選手、児玉碧衣選手がいますが、尾方選手にとってこの2人はどんな存在ですか?

(小林)優香さんは、オリンピックを目指すために自転車競技をやりながら競輪を走ってるのは本当にすごく尊敬しています。

(児玉)碧衣さんは普段から一番近くで一緒に練習していて、やっぱり練習中でもレースが一緒の時でも集中力を出すときと普段とのメリハリができているところがすごいと思います。

また昨年末のGGPやガールズケイリンコレクション2022 宇都宮ステージでの姉弟子2人とのレースはいかがでしたか?

姉弟子2人といると全然緊張せずに走れるので、2人と走れるのは自分の中でもどんどんその2人に近づけてるのかなと思う一方で、一緒に走るとまだまだと思う部分もすごく感じて、刺激をもらってます。



児玉選手とは普段どんな練習をされていますか?

基本的に一緒にもがくことはあまりないのですが、同じ時間帯に師匠にバイクで引いてもらったり、短い距離の軽いダッシュ練習は一緒にします。


尾方真生(118期・福岡)ガールズ フレッシュクイーン優勝&100勝達成!【後編】に続く

同じカテゴリーの最新ニュース