石井寛子選手(東京・104期)による寄付について
その他
2021/08/20

京王閣競輪所属の石井寛子選手(東京・104期)が熱海市及び調布市に寄付をいたしましたので、お知らせいたします。


寄付先:①「熱海市災害義援金」

    ②「調布市新型コロナウイルス感染症対策基金」

寄付金額:各200,000円 合計400,000


0820_贈呈式web用(本番用).jpg

写真は、調布市役所にて行われた贈呈式の様子です。


石井寛子選手コメント:

土石流で甚大な被害にあわれた熱海市へ、ガールズケイリンフェスティバル2021の優勝賞金の一部を寄付いたします。行方不明者の発見、被災地の一日も早い復旧、復興を願っています。また私が住んでいる調布市の新型コロナウイルス感染症対策基金にも賞金の一部を寄付します。私のホームバンク・京王閣競輪の開催が安心安全に行われているのは調布市の協力があるからだと思います。コロナ禍が収まり、大勢のファンでにぎわう京王閣競輪場で走れるときを楽しみに待っています。

同じカテゴリーの最新ニュース