ガールズケイリンコレクション2020 名古屋ステージ ガールズドリームレース 優勝は石井貴子選手(千葉・106期)!
競輪開催レース
2020/08/15

総選挙獲得票数を基にした選考順位1~7位の選手が優勝を争う、『ガールズケイリンコレクション2020 名古屋ステージ ガールズドリームレース』。激戦を勝ち抜き、Vを飾ったのは石井貴子選手(千葉・106期)でした!

01.jpg


14:32、9Rガールズドリームレースがスタート!

02.jpg

スタートを取ったのは6番・太田、続いて4番・小林、2番・高木、1番・児玉、5番・石井(貴・106期)、3番・石井(寛)、7番・長澤の順で周回を重ねます。


03.jpg

04.jpg


鐘が鳴り、レースが動きます。5番手・児玉が外から前へ、その後ろを石井(貴)がマーク。


05.jpg


先行から逃げ体制の太田を追い、外から前へでる児玉、続く石井(貴)と長澤。


06.jpg


残り1周のホームから児玉が猛ダッシュを仕掛け、最終バックで児玉、石井(貴)、長澤と続きます。4コーナーからの直線で全員が踏み上げる中で、ゴール直前で石井(貴)が先頭児玉を差し切って1着ゴール。


07.jpg

1着・5番 石井貴子(千葉・106期)、2着・1番 児玉碧衣、3着・7番 長澤彩


08.jpg

優勝 5番車・石井貴子(千葉・106期)

「過去にオールスターで勝った時は(アルテミス賞レースとガールズドリームレースとで)別々ではなかったので、今日ガールズドリームレースで優勝できたのは嬉しい!まさにドリームです!展開にも恵まれたところもあって、最終4コーナー回ったところから全力で踏みました。また次に向けて、そしてグランプリに向けてまた頑張っていきたいと思います。応援宜しくお願いします!」


09.jpg

2着 1番車・児玉碧衣

「次につながるレースができました。このような大舞台でかまし先行から逃げれるように力をつけていきたいです。勝負に負けないように切磋琢磨し、また一生懸命頑張ります!」


10.jpg

3着 7番車・長澤彩

「7番車からのスタートでしたが、外からでも内からでも判断してレースを組み立てようと考えてました。もう1車前がいい位置だったのですが、それもあってシビアに行けませんでした。最終バックでもう少し踏めるか迷いましたが(児玉選手、石井貴子選手)2人とも強かったですね。いつも応援してくれているファンの皆さまへ、1着を届けたかったですが、これからも自分が成長できるよう頑張りますので応援してください!」



表彰式では、優勝した石井貴子選手(千葉・106期)からファンの皆さまに、感謝と今後の意気込みを直接お届けしました。


11.jpg


「今回はコロナのこともあって、つらい時期にファン投票もあったのですがそんな中で気にかけてくれた皆さんの力が本当に嬉しかったですし、今日の優勝につながったと思います。グランプリに向けてまた頑張っていくので、今後も応援よろしくお願いします!」



ファンの皆さまへの感謝の気持ちをのせて、14名が激走した『ガールズケイリンコレクション2020 名古屋ステージ アルテミス賞レース・ガールズドリームレース』。たくさんのご声援をありがとうございました!

同じカテゴリーの最新ニュース