ガールズケイリンコレクション2020 福井ステージ 優勝は児玉碧衣選手!
競輪開催レース
2020/03/29

2020年初めてのガルコレを制したのは、児玉碧衣選手でした!


グランプリ2連覇を誇る児玉選手が、今年のガールズグランプリに向けてのグレードレース初戦を優勝で飾る素晴らしい走りをみせました。

ウィニングラン.jpg

表彰式01.jpg


レースは午後から、そして無観客で行われたガルコレでしたが、福井競輪場にはたくさんの報道関係者が駆け付けました!出走前の特別選手紹介でも、たくさんの報道陣の前で7名の気合いは十分。選手一人一人が福井バンクでの闘いに向けて意気込みを語りました。

集合カット.jpg

そして14:41、ついに今年最初のグレードレースが幕を開けます!


◆ガールズケイリンコレクション2020 福井ステージ

1番・児玉碧衣、2番・石井貴子(千葉)、3番・梅川風子、4番・高木真備、5番・尾崎睦、6番・鈴木美教、7番・長澤彩


スタート.jpg

スタートの位置取りでは、3番・梅川が先頭を取って、5番・尾崎、1番・児玉、4番・高木、2番・石井、6番・鈴木、7番・長澤と続いて周回を重ねます。


周回.jpg

残り2周の1コーナーから2コーナーにかけて長澤が前に出て3番手に、1番・児玉は6番手バックオフに。

鐘がなって、レースが大きく動きます。バックで7番手高木が4番手まで上がり、ホームを過ぎたあたりで全員ペースを上げ、最終周回に入ります。

中段02.jpg

バックで尾崎が踏んでいき3コーナーで梅川に並ぶと同時に6番手児玉、7番手石井が外側から捲り上げ、逃げる梅川と捲る尾崎が先頭を争う中、4コーナーを回ったところで1番・児玉が一気に捲り上げ、ホームで先頭に躍り出てそのまま1着でゴール!

児玉に並んで捲り上げてきた2番・石井が2着、踏ん張った5番・尾崎が3着という結果になりました。


ゴール.jpg

1着 1番・児玉碧衣、 2着 2番・石井貴子(千葉)、 3着 5番・尾崎睦


1着 1番・児玉碧衣

児玉選手02.jpg

「ここで優勝しないとグランプリが厳しい戦いになるので、どうしてもここは勝ちたいと思っていたので、ほっとしました!(笑)

迷ってたら間に合わないかもしれないと思って、自力で行ってなんとか前に着けるような勢いで行って良かったかなと思います。

練習の中でタイムも出ていてモチベーションも気持ちもすごくいい調子で、プレッシャーを感じていましたが、それが力に変わって良かったです!残りのコレクションを全部取るつもりで、またグランプリを迎えられるように頑張ります!」


2着 2番・石井貴子(千葉)

石井選手.jpg

「この大会の選考基準から考えて、こうやらないといけないと思っていて、自分の脚があれば差せるし、だめならだめだし、でも足りなかったから悔しいです。

次のレースも外枠なので狙いを絞れないというか、自分で行かないといけないケースがあるので次また頑張ります。」


3着 5番・尾崎睦

尾崎選手.jpg

「梅川さんの力が出ていたので、だいぶ削られましたが、もう少し待っても良かったのですけれど後ろの状況がわかってなかったです。みんな強いから最後4コーナーで勝負して良かったかもと思いますが、やることはやったかなと思います。勝つとなるともう少し冷静にできればと思いますので、平塚に半歩進めましたかね。」


ガールズケイリングランプリ2連覇の女王 児玉選手。今期2月以降のレースで完全優勝を積み重ねてきた自信が、プレッシャーにも打ち勝って、今日の素晴らしい走りを表してくれました。

胴上げ.jpg


2020年12月28日に平塚競輪場で開催されるガールズグランプリ出場を目指して、選手たちは各地の開催レースで熱く走り続けます!

ガールズケイリン選手の活躍をこれからも応援してください!

同じカテゴリーの最新ニュース