Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンフェスティバル2019は石井貴子が優勝!

2019/07/15

スタートから厳しい位置取りが繰り広げられたが繰り広げられましたガールズケイリンフェスティバル2019は、梅川風子が先行し、児玉碧衣が後方から捲ってくるのに合わせて、梅川の番手から石井が捲ってでて、ゴール前には厳しい争いとなったが1歩抜け出た石井が勝利を掴みました。
このレースはガールズケイリンの激しさを見せつけたと思います。特にゴール前の攻防はトップガールズ選手だけの激しさでしたね。
次のガールズケイリンのビッグレースは名古屋競輪場で行われる8月15日のアルテミス賞、そして17日のガールズドリームレースです。
こちらも魅力的なレースになるでしょう。
ご期待ください!
190715_1.jpg
190715_2.jpg

ガールスケイリンフェスティバル2019
◆11レース 決勝戦
190715_11_1.jpg
190715_11_2.jpg
190715_11_3.jpg
190715_11_4.jpg
190715_11_5.jpg
190715_11_6.jpg

優勝の石井貴子
優勝の石井貴子
「こんな日が来るなんて夢にも思ってなかったです! 捲りで優勝を獲れたことにびっくりしています!! 今回は追い込み一辺倒じゃなく、自力も含めて考えていました。動きも激しかったし、その時々をしのいでって感じでした。自分的には最終バックから仕掛けていきました。もう嬉しさが溢れてきて、ガッツポーズに出ました。今年はスタートは悪くて、大垣のコレクションも弱くて情けなくて、なんとかしたいと思って練習をしてきたので、そういう気持ちを大事にしてこれからもいきたいです。一戦一戦頑張りたいです」

2着の児玉碧衣
2着の児玉碧衣
「彩さんが来た時に引くか、どうするかっていう一瞬の判断が難しかったですね。打鐘のところで来たから、下げている時に前に駆けられたら踏み遅れるし、引かなかったらフタされて梅川さんにペースで行かれるってなるから、そこでしたね。オールスターではもうちょっと余裕をもてるようにしていきたいですね」

3着の梅川風子
3着の梅川風子
「位置取り的に碧衣ちゃんの前が取れたので、そこを活かしていくしかないと思いました。このクラスで400だとどうしても一本棒で誰かが仕掛けるのを待つっていう感じになってしまうし、難しいところですね。もうちょっとパワーアップしていきたいですね。こういう舞台に乗ったら、優勝以外は意味がないと思うので優勝を目指したいですね!」

4着の長澤彩
4着の長澤彩
「碧衣ちゃんの3番手についたので、そのままついていこうか迷ったんですけど、梅川さんも強いし、碧衣ちゃんを後ろに置くしかないなって思って動いたので、そこはよかったかなと思います。バックのところで自分で行きたかったけど、そこから出ていけなかったので、そこが反省点ですね。もうちょっと力をつけないと、相手にならないので、そこですね」

5着の小林莉子
5着の小林莉子
「アグレッシブなレースでしたけど、このクラスになるとこうなるんだということを実感したので、反省点はいっぱいありますけど、また練習して頑張りたいと思います」

6着の大久保花梨
6着の大久保花梨
「決勝戦はスピードも違うし、今回は前がいらないって先輩たちからも言われました。でも、それが今の自分の実力ですね。昨年もですけど梅川さんが強いなって今年もしみじみ感じたので、また自分もステップアップして、またリベンジしたいと思います」

7着の細田愛未
7着の細田愛未
「中途半端でしたね。せっかく決勝にあがれたのに、行くなら行くでホームで突っ張ればよかったんです。...まだまだですね。また頑張ります」

190715_3.jpg


◆5レース
190715_5_1.jpg
190715_5_2.jpg
190715_5_3.jpg
190715_5_4.jpg

1着の梶田舞
1着の梶田舞
「1着で嬉しいです。最終日は先行も考えていたんですけど、奥井さんの後ろに入れたので、ついていこうとスタートで決めました。1着で締めると気持ちはだいぶ違いますからね、よかったです」

2着の中川諒子
「梶田の余裕のある感じを後ろで感じていました。経験も梶田の方がある感じがしますね。九州で行われているし、頑張りたい気持ちはあるけど、なかなか成績には伴わなってなかったのが悔しいですが、こういうところで走れた方がモチベーションもあがるし、次につながると思います。もう少し普段でも優勝できるようになって、来年また挑みたいなと思います」

3着の奥井迪
「打鐘からあんなに踏んでくると思ってなかったので、(石井)貴ちゃん(東京)が強かったです。あそこから追いかけたけど、自分の脚が全然なかったですね。色々と自分の弱さもわかったし、そして悔しさも次につなげたいと思います」

◆6レース
190715_6_1.jpg
190715_6_2.jpg
190715_6_3.jpg
190715_6_4.jpg
190715_6_5.jpg

1着の石井寛子
190715_6R1.jpg
「お客さんに『(1着)待ってたよ』って言ってもらって嬉しかったですね。2日間身体が重かったんですけど、後閑(信一)さんにアドバイスをもらって、その通りにしたらいつも通りの回転が戻った感じがしました。2日間は本当に苦しかったです。でも、お客さんは毎日応援してくれて、最終日も暖かい声援をいただいて、本当に嬉しかったです!」

2着の尾崎睦
「3日間通して、自分のやってきたことができなかったので、あまりいい3日間ではなかったですね。でも、また競輪祭のトーナメントがあるので、そこでは同じ失敗をしないように、今回の失敗としっかり向き合って、次につなげたいと思います」

3着の荒牧聖未
「最後、しっかり捲り切れるように、また練習してきます」

最新のレースリポート