ガールズケイリンフェスティバル2019初日レポート
競輪開催レース
2019/07/13

ガールズケイリンフェスティバル2019がスタートしました!
が、あいにくの雨天で、選手たちも走りづらかったようですが、レースは熱い内容でした。

それにしても初日は波乱ぶくみでした。
5レースは本命サイドの石井寛子、佐藤水菜が飛び、6レースは児玉碧衣が差され3着という結果になりました。
やはりガールズケイリントップの選手たちのレースは誰しもが強いということでしょう。
明日は決勝戦進出を決める予選2が行われます。
今日以上の熱いレースが展開されると思います。
是非、ガールズケイリンフェスティバル2019をご観戦ください!

本日のオープニングは選手の敢闘宣言からでした。登場したのは、男子は地元別府の大塚健一郎、そして九州地区の児玉碧衣でした。
190713_1.jpg

4レース
1着4番石井貴子 2着2番大久保花梨 3着1番梅川風子
190713_4-1.jpg
190713_4-2.jpg
190713_4-3.jpg
190713_4-4.jpg
190713_4-G.jpg

1着の石井貴子
1着の石井貴子
「ちょこっと内が空いたので行きましたが、本当にラッキーなだけでした。さすがに動き出しも早いし、今日は4番車で好きなところからいけたのでよかったですけど、このメンバーばっかりなので厳しいレースになりますね。2日目が重要になるので、ピリッとして頑張りたいと思います」

2着の大久保花梨
2着の大久保花梨
「梅川さんから離れてしまって、これはマズいって思ったんですけど、最後の直線でなんとか追いついてよかったです。その離れた勢いもらって追いついた感じでした。運がよかったですね。あれが内に来られていたら、浮いていたと思うし、切り替えてくる人もいなくて、追うだけだったので、ラッキーでした」

3着の梅川風子
3着の梅川風子
「もう(2コーナーから)行くしかないですからね。あれ以上早く仕掛けると暴走行為になってしまうので、ひと息入れてから行きました。調子は問題ないです。でも、以前だったら行けてないと思うし、力はついていることは今日の一戦で感じることができました」

5レース
1着3番高木真備 2着6番細田愛未 3着7番柳原真緒
190713_5-1.jpg
190713_5-2.jpg
190713_5-3.jpg
190713_5-4.jpg
190713_5-G.jpg

1着の高木真備
1着の高木真備
「久しぶりのレースだったので、もっと慌てちゃうかと思ったんですけど、思ったよりも落ち着いて走れたので、そこはよかったです。(3コーナーは)もう怖がっている場合じゃないと思って、思い切っていきました。今日も応援してくれる人がたくさんいたし、その応援になんとか応えられてよかったです。2日目も頑張ります!」

2着の細田愛未
2着の細田愛未
「前々にいないとレースについていけないというか流れに乗れないと思いました。佐藤水菜が行くと思っていたし、ついていって、行けるところで行こうと思ってました。内に包まれなくてよかったです。危ないところもあったけど、そこを行かないと自分が勝てないので、なんとかよかったです」

3着の柳原真緒
3着の柳原真緒
「行ける感じはありましたが、思ったよりもスピードに乗ったのもあって滑ってしまってしまいました。今日はいつもよりも相当緊張しましたが、けど、緊張した方が自分は力を発揮できるので、その分落ち着いて走れました」

6レース
1着 1番長澤彩 2着7番小林莉子 3着3番児玉碧衣
190713_6-1.jpg
190713_6-2.jpg
190713_6-3.jpg
190713_6-4.jpg
190713_6-G.jpg

1着の長澤彩
1着の長澤彩
「1月のトライアルの時に碧衣ちゃんに千切れたけど、今日は碧衣ちゃんが長い距離を踏んでいたし、ついていて苦しい感じはなかったですね。けっこう合わされていたし。だから、本当にラッキーとしかいいようがないですね。とりあえず1着でよかったです。自転車を以前使ってその時はダメで寝かしていたんですけど、セッティングを変えて乗ったら、それがいい方向にいってよかったです。2日目も厳しいと思うし、頑張ります」

2着の小林莉子
2着の小林莉子
「打鐘過ぎからペースがあがっていて3番手だと浮くかなと思ったけど、それがホームで迷いとして出てしまったので、そこで車間が空いてしまいました。そこでぱっと見たら児玉が出切るなって思ったので、それを一生懸命に追いかけていきました。あの迷いはいらなかったですね、ちょっともったいないことしちゃいました。ほぼ半周、自分で行ったんできつかったですけど、吸い込まれたので、なんとか立て直せました。2日目が勝負ですね。やりづらいメンバーかなと思いますが、でも、どこに入ってもきついと思うし、勉強のつもりで楽しみます」

3着の児玉碧衣
190713_6R3.jpg
「4Rも5Rも先行した人が残ってないし、今日は重かったですね。それと、出切ってから外を踏み過ぎて、ずっと登っていたので、そこでかなりロスしてしまったと思います。でも、4着かと思ったけど、3着でしたね。長く踏んで、本当に苦しかったです。2日目はもっとよくなってくると思うし、最後にしっかり優勝できるように頑張ります」

同じカテゴリーの最新ニュース