Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

☆ミニクローズアップガールズ☆豊岡英子(大阪114期)

2019/06/14

20190614 (5).JPG

デビューして1年、豊岡英子選手に近況を聞きました!

豊岡選手:「だいぶレースにも慣れてきたのですが、自転車やセッティング、シューズなどを試しています。デビュー当時からだいぶ変わりました。でも、まだまだ自分に不足している事があるので、そこは引き続きです!失敗する事もあるけれど上手く行く事もあるので、『練習方法の成果が出た!』とか、『この成功を増やしていったら!』と思い、上手く行った時は効果を実感しています!」と、日々発見のようです。

20190614 (4).JPG

Q:今はどんなことを強化していますか?

豊岡選手:「やっぱりパワー不足とダッシュの反応などです。体の反応も遅いので遅れちゃいますし、その辺りをもっと強化しないと!と思っています。重いギアや軽いギアをミックスして練習していきたいです。重いギアばかりでは動きが遅くなり、軽いギアでもっと早く動けるようにしたいです。バンク練習ですが、岸和田は6月末まで改修工事やレースが月3・4回あり、バンク練習があまりできない状況なんです。使用可能な日に自分が競走だったりするので、街道練習に切り替えています。もうちょっとバンクに入りたいですね!」

20190614 (3).JPG

Q:他の自転車競技から転向してガールズケイリンの選手になって良かった点は?

豊岡選手:「経験を積み、練習をして、成績が上がれば上がるほど『お金も稼げる』『点数も上がる』という点で、とても魅力があると思います。今までの競技では年間契約していたので、契約後は変動しない。でも、競輪の場合は自分が成績を出せば賞金も増えていく。まだ成績は全然残せてないですけど、自分はまだまだ伸びしろがあると思って頑張っています。自分がしっかり切り開かないと、沢山アドバイスを頂いても学んだ事を吸収できないので、自分で考える事がとても大切だなって思いました。今までは聞いてばかりで『教えてください』『ポジションはどうしたら』『ウェイトは何キロあげたら』みたいな・・・でも、聞くばっかりじゃ、右から左になってしまいます。今まで、自転車競技はコーチがいて、結構コーチが変わっていた。メカニックもいたのでメカも一切できなかった。それに対して競輪は自分の判断かなって思います。自分で考えて、更に上を目指していく事に繋がっていくのかなと思います!今年1~3月に調子が落ちてしまって、そこからよく考えました!」

20190614 (2).JPG

豊岡選手:「いつも応援ありがとうございます!レースは力を出し切れないと練習している意味がないです。出し切ると「自分の走りができた!」と何か残ると思うので、1レース、1レース、力を出し切って、これからも走っていくので応援をお願いします!」

これからも豊岡選手の応援を宜しくお願い致します。

20190614 (1).JPG

プロフィールはこちら

http://www.girlskeirin.com/players/profile/114/15313_toyookaayako.html

出走予定

大垣 F2 06/23~06/25 

青森 F1 07/01~07/03 

富山 F2 07/25~07/27

 

 

  

最新のレースリポート