Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズコレクション2019 大垣ステージ 優勝は小林優香!!

2019/03/25

20190324_A.jpg
2019年最初のコレクション覇者に輝いたのは小林優香選手でした。昨年のウイナーズカップに続き連覇達成です!
ナショナルチームで培ってきたパワーをしっかり発揮してくれました。カマしていった児玉碧衣選手も強かったですが、それをしっかり捲っていった小林選手の強さは別格でした。世界チャンピオンの夢のためにさらに頑張ってほしいですね!
 
20190324_B.jpg
優勝カップをもつ小林選手と脇本選手

レースダイジェスト
20190324_1.jpg
スタート
20190324_2.jpg
周回
20190324_3.jpg
赤板
20190324_4.jpg
打鐘
20190324_5.jpg
最終ホーム
20190324_6.jpg
最終バック
20190324_7.jpg
最終3コーナー
20190324_8.jpg
ゴール
 
優勝の小林優香
20190324_9R1.jpg
「緊張していたんですけど、同じナショナルチームの脇本雄太さんの連日のレースを見て刺激にもなりました。優勝したいと思っていたので、ここに向けて1週間しっかり練習できたことがよかったと思います。レースは碧衣だけ見るのではなく、前々に動いた方がいいと思ったので、その判断はよかったかなと思います。前が危ないところもあったんですけど、そこはしっかり反応できたことも、昨年とちがうところですね。風が一番強いところでいったけど、あとは追い風なので思い切り行きました。数少ないガールズケイリンを走る機会をしっかり優勝でき、いいスタートを切れたと思います。世界チャンピオンになることを目標にやっているので、しっかりそれに向けて頑張りたいです」
 
2着の児玉碧衣
20190324_9R2.jpg
「このメンバーでカマして2着だったことは自信になります。バックで向かい風ですごい脚を使って、流せなくて、最後に踏む脚がなく行かれてしまったんですけど、でも、1周行ったことでまた課題が見えました。ガールズグランプリの優勝という目標を達成して、そのあとになかなかテンションがあがらなかったんですけど、今回、ここで2着になって、またやる気に火が付きました。それが今回の一番の収穫です」
 
3着の石井寛子
20190324_9R3.jpg
「万全の体調とは言えない状態で3着に入れたことは価値のある3着だったと思います。優香ちゃんに出られたら勝ち目ないから、碧衣ちゃんに合わせていくというのはイメージ通りだったんですけど、今日はちょっと伸び切れなかった感じでした」
 
4着の梶田舞
20190324_9R4.jpg
「7番車だったのでスタートか7番手かなと思っていたので、スタート取れたし、前からの組み立てになりました。碧衣ちゃんに飛びつけなかったので、そこが敗因ですね。そのあとは持ち味は出せたんですけど、もうちょっとでしたね」
 
5着の山原さくら
20190324_9R5.jpg
「スタートは頑張って3番手取れたので、そこは唯一よかった点だったと思います。優香が来た時につめるかつめないか悩んでしまって、そうしたら碧衣も来ていたので、そこのダッシュが自分はないので、7番手になってしまって。あそこでしっかり切り替えたかったです。もう少しなにかできるかなと思ったんですけど、そこが何よりもショックだし、反省ですね。今年はまだまだあるので、次はサマーナイトフェスティバルに出れるようにと、昨年の後半くらいの身体に戻せるように、また練習してきます」
 
6着の石井貴子
20190324_9R6.jpg
「ああゆう展開は予想していたんですけど、道中に色々と考え過ぎてしまって、脚がたまらず、苦しいレースになってしまいました。もっと腹をくくってしまえばよかったかなというのは反省点ですね。また練習して頑張ります」
 
7着の梅川風子
20190324_9R7.jpg
「風が強かったのと、バックまで勝負したかったんですけど、ちょっとホームで躊躇してしまいましたね。今年は地元の京王閣で優勝したいですね。2回走ってあんまりよくないので、いい成績を残こすためにも、また頑張りたいですね」

 

最新のレースリポート