Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

☆ミニクローズアップガールズ☆ 田中 千尋(愛知県 114期)

2019/02/10

20190210 (1).JPG

Q:選手になったきっかけは?

田中選手:「兄が高校で自転車競技をやっていて、それを見て自分も自転車競技をやりたいと思いました。それが高校三年生の時です。初めての時は、全然自転車が止められないのでビックリしました。でも、バンクは怖くは無かったです。普通の自転車では感じられないスピードが魅力だと思いました。その時はそんなにガールズケイリンを目指そうとは思っていませんでしたが、父に自転車競技を教えてもらい、そこからです」

 

と、趣味で自転車に乗っていたお父様の指導により、ガールズケイリンに興味を持ったそうです。

田中選手:「実際に選手になって、父は喜んでくれたと思います!」

20190210 (6).JPG

Q:ガールズケイリンの選手になってみて?

田中選手:「レースの展開を読むのが難しくて、最近になって何となく分かってきたので、ちょっと良くなってきています。でも、着に絡むことが出来ていないので、もう少し勉強して脚を付けて行きたいと思います。レースは動かないとダメだと言われています。位置を取りに行って、自分から動かした方がいいので。後ろに着くのは苦手ですね。」と積極的な動きを見せています。

20190210 (4).JPG

Q:ガールズケイリンの選手になって良かったことは?

田中選手:「着に絡めた時は嬉しいですね! やっぱり自分はダッシュが無いので、最初に出だしで遅れないように強化したいです。決勝に普通に乗れるようになる事が目標なので、頑張ります!」と、決勝常連の選手を目指します。

20190210 (5).JPG

Q:レースに必需品のお気に入りのグッズは?

田中選手:「練習着なのですが、デビューの時、師匠の山田二三補さんが作ってくれたものです。いつも競走の時に着ています。前は自分の名前、後ろは師匠の名前が書いてあるんですよ(笑)、みんな兄弟子とかも持っていますね!」と、師匠からの大事なウェアです。

20190210 (3).JPG

Q:お客様にメッセージをお願いします!

田中選手:「今は少しでも自力を出せるような選手を目指して頑張りたいです!もっと着に絡めるようにして、決勝に乗れるように頑張りますので、応援を宜しくお願いします!」

田中選手への応援をよろしくお願いします!

 

最新のレースリポート