Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズグランプリトライアル2018 2日目レポート

2018/11/21

ガールズグランプリをかけた戦いは熾烈という言葉しか見つかりません。
連勝で勝ち上がったきたのは山原さくら選手ただ1人! それと期待の新星・佐藤水菜選手の頑張りも注目が集まっています。
AとB、どちらの決勝戦もすごいメンバーがそろいました。
3日目も小倉のナイターが熱いです!
 
レース展望

◇11レース決勝
1番石井寛子
2番梶田舞
3番石井貴子(千葉)
4番長澤彩
5番鈴木美教
6番山原さくら
7番梅川風子
山原さくらが良いですね。予選1、2の2本とも先行逃げ切り。相手は強いですけど、一気に駆けて優勝があると思います。でも、相手は本当に強いですからどうなるかわかりません。W石井も梶田、鈴木もありますよ。
 
◇12レース決勝
1番細田愛未
2番児玉碧衣
3番高木真備
4番奥井迪
5番佐藤水菜
6番尾崎睦
7番大久保花梨
児玉碧衣が圧倒的に強いですね。佐藤も悪くないと思います。勝負は児玉ですが11レースの結果次第で変わるかもしれません。
 
◇ガールズグランプリ状況
11レースの結果次第で大きく変わります。優勝がグランプリ確定組の石井寛子、石井貴子、尾崎睦が優勝すると鈴木美教まで確定で、確定していない山原さくら、梶田舞、長澤彩、梅川風子が優勝すると12レースの結果次第大きく動くことになりそうです。

決勝に乗った賞金ランキング順
1位児玉碧衣12レース
2位石井寛子11レース
3位石井貴子(千葉)11レース
4位高木真備12レース
5位鈴木美教11レース
6位尾崎睦12レース
7位奥井迪12レース
8位長澤彩11レース
9位山原さくら11レース
10位梶田舞11レース
11位梅川風子11レース
12位細田愛未12レース
27位大久保花梨12レース
83位佐藤水菜12レース
 

◆9レース
打鐘前に石井貴子(千葉)が先頭員の後ろに入りそのまま前で後方からの動きを待つと後方から石井貴子(東京)がカマシてきて主導権。その後ろに梶田舞が続いた。最終ホームで梅川風子が捲って出るが捲り切れず。最終2センターで石井貴子(東京)は内側に入って退避。その後ろにいた梶田が前に出て1着。2着に石井貴子(千葉)、3着に鈴木美教が入った。
20181121_9RH.jpg
最終ホーム
20181121_9RG.jpg
ゴール

1着の梶田舞
20181121_9R1.JPG
「貴ちゃんが見えたので、3番手になるより番手と思って踏みました。たまたまちょっと空いていたのと、自分もちょっと外していたので、番手を取れました。優勝しかガールズグランプリに乗れないけど、競輪祭で初の試みなので、それをお客様に楽しんでもらえるように頑張りたいです」

2着の石井貴子(千葉)
20181121_9R2.JPG
「身体のコンディションは問題ないのはいいのですが、2日目のレースに関しては踏み遅れてしまったりとか、反応が遅れてしまった部分があるので、そこをしっかり修正して、決勝戦は頑張りたいと思います」

3着の鈴木美教
20181121_9r3.JPG
「最後は悩んで、内を梶田さんが伸びていたし、外を行った方がいいのかなと思いながら、確実に3着以内に入れるようにと思って踏みました。もう男子みたいなレースで怖かったです(苦笑)。決勝に乗れてひと安心なんで、決勝は勝負したいですね」
 

◆10レース
打鐘前で後方から長澤彩と土屋珠里が上昇しそのまま先頭に出るが山原さくらがすかさず先頭に出て先行。その後ろは長澤、石井寛子、高橋朋恵で並走に。高橋は踏み遅れ、石井が捲って出るが山原が主導権を握ったまま押し切り1着。2着は長澤、3着に石井が入った。
20181121_10RH.jpg
最終ホーム
20181121_10RG.jpg
ゴール

1着の山原さくら
20181121_10R1.JPG
「初日からノープランでした。先行とか捲りとか決めちゃうと動けなくなっちゃうかなと思って、ノープランで動きました。こんなに早く行くつもりなかったんですけど、行っちゃいました(笑)。疲れがあるかと思ったんですけど、1着1着で勝ち上がれているので、ビッグレースで1着1着はないので、自信になりますね。決勝戦もやれることも1つだと思うので、何も考えずにその1つを頑張ります!」

2着の長澤彩
20181121_10R2.JPG
「とりあえず出切ろうと思っていて、さくらちゃんが来るのはわかっていて、一気に行かれる感じではなかったので、まだよかったです。でも、外を踏めたらもっとよかったですね。内でつまって脚を余らせて終わりたくないですからね」

3着の石井寛子
20181121_10R3.JPG
「目標が決勝に乗ることだったので、まずは達成できてよかったです。このメンバーで1着1着はなかなかないし、そこは気にせず、決勝戦を頑張ります」
 

◆11レース
打鐘前、後方から佐藤水菜が上昇し、そのまま先行態勢に。その後ろに大久保花梨が入る。最終ホームで奥井迪が先行争いを挑むが。佐藤は奥井を前に出させなかった。前が団子状態になっているところを後方から細田愛未が捲って1着。2着粘った佐藤。3着大久保。
20181121_11RH.jpg
最終ホーム
20181121_11RG.jpg
ゴール

1着の細田愛未
20181121_11R1.JPG
「道中パニックでした(笑)。でも、途中から落ち着いて、前がごっちゃになっているのを見て、脚ためて行こうと思いました。行き切れるとは思ってなかったけど、よかったです。決勝戦も力出し切って、優勝目指して頑張ります!」

2着の佐藤水菜
20181121_11R2.JPG
「奥井(迪)さんが横に並んだ時に先行で勝負したいと思って、きついかなと思ったんですけど、戦い切れてよかったです。後手を踏まないことだけを目標に走って、決勝に乗れたのでよかったです。決勝も前々で頑張る頃だけ考えて走りたいと思います」

3着の大久保花梨
20181121_11R3.JPG
「自分の思い切りのなさが出ましたね。調子はいいと思うんですけど、自分から動いているわけでもないし、ラッキーだったと思います。バックから行けなかったのが反省点です」
 

◆12レース
残り2周で尾崎睦が後方から動き上昇するが、打鐘で高木真備が先頭に。その後ろに小坂知子、尾崎、児玉碧衣、小林莉子、高橋梨香、戸田みよ子となる。尾崎は前と車間を空け、児玉をけん制するが、児玉は2センターで一気に仕掛け、先行。その後ろは千切れ、小林が第2先行状態に。児玉は逃げ切って1着、2着に高木、3着に小坂が入った。
20181121_12RH.jpg
最終ホーム
20181121_12RG.jpg
ゴール

1着の児玉碧衣
20181121_12R1.JPG
「自分の得意パターンにもっていけたので、そこをちゃんと見極められたのでよかったです! 踏み出しも連日悪くないし、力も出し切れているのでいいですね。今回は地元で少し緊張しているんですけど、ガールズグランプリに向けて小さいレースにならないように積極的に頑張りたいと思います」

2着の尾崎睦
20181121_12R2.JPG
「もう少し前にいたかったですね。打鐘でもう少し車間をつめていければよかったんですけど。師匠に『ここは落ち着いて走れば大丈夫』って言われていたので、決勝に乗れたのは師匠のおかげです」

3着の小坂知子
20181121_12R3.JPG
「もう自分をほめてあげたい(笑)」
 

最新のレースリポート