Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

初日は順当? 波乱? ガールズグランプリトライアル2018初日レポート

2018/11/20

初めてのGIナイター第60回朝日新聞社杯競輪祭(GI)は初日から盛り上がっていました!
ガールズのレースは9レースからでしたが、やはりトップ選手がそろっている分だけ、白熱したレースになりました。
ガールズグランプリの出場をかけた激しい戦いは、さらに熾烈なものになっていきそうです。
2日目も小倉のナイターでお楽しみください!
 
20181120_1.jpg
選手宣誓の児玉碧衣選手と園田匠選手
 
20181120_2.jpg
開会式に参加したトップ7
 

◆9レース
梶田舞、石井貴子(千葉)、東口純、梅川風子、石井貴子(東京)、長澤彩、高橋朋恵で周回。打鐘前に長澤が上昇。
打鐘で石井(東京)が一気に先頭にでて先行。後ろに梶田、3番手に石井(千葉)。最終バック前に梶田が捲って出たがその後ろの石井(千葉)がその上を捲って1着。2着長澤、3着梅川となった。
 
20181120_9RG.jpg
ゴール

1着の石井貴子(千葉)
20181120_9R1.jpg
「非常にラッキーでしたし、自力も出して、明日以降も頑張れると思いました。捲っていった感じは全く問題なかったですし、ドームは走りやすいですね」

2着の長澤彩
20181120_9R2.jpg
「行きたかったけど、コースがなくていけなかったのは苦しかったですね。もうコースを探しながら、探しながらで、内しかないなって思って踏みました。明日しっかり確定板に乗っていかないと厳しいと思うので、頑張りたいと思います」

3着の梅川風子
20181120_9R3.jpg
「行くタイミングは迷ってないんですけど、ただ、位置を取っていかないと難しいですね。本当は先行する予定だったんですけど、捲りだとここは出にくいのかなと思います。2日目は考えて頑張ります」
 
 
◆10レース
内村舞織、石井寛子、山原さくら、荒牧聖未、鈴木美教、増茂るるこ、土屋珠里で周回。打鐘で土屋が前に出ると後方から山原が一気に主導権をとって先行その後ろで2列並走状態に。そのまま山原は逃げ切り1着、2着に鈴木、3着は山原の後ろで粘った石井。
 
20181120_10RG.jpg
ゴール

1着の山原さくら

「自力は出したいなと思っていました。もう20181120_10R1.jpg考えたらダメなので、もう自然に身を任せました(笑)。小倉だと思うと、もう緊張し過ぎて手汗がすごかったです~。でも2日目からは落ち着くと思うので、2日目の方がいいレースをできるかなと思います」

2着の鈴木美教
20181120_10R2.jpg
「最後はきつかったですね。追走からの追い込みだったので、脚はいっぱいでした。もう気持ちが大きかったと思います。いつものチェーンを変えたら感触もよかったですね。2日目も油断できないので頑張ります」

3着の石井寛子
20181120_10R3.jpg
「ああゆう並走の展開になっちゃうと難しいですね。このクラスは皆、脚があるのでしょうがないですね。自分のテクニック不足です。コースが空くのが遅かったので、もっと早ければもう少し早く加速できたんですけどね」
 
 
◆11レース
打鐘で佐藤が後方から主導権を取りに上昇すると、その後ろで大久保花梨と高木真備が並走。佐藤がそのまま逃げ切って1着。2着は外並走を凌ぎ切った高木、3着は後ろから差し込んだ林真奈美。
 
20181120_11RG.jpg
ゴール

1着の佐藤水菜
20181120_11R1.JPG
「1周半ならペース、1周で出るなら思い切って行こうと思っていました。踏み合いになって、真備さん粘り強いし、どうなるかなtって思ったんですけど、先行って決めていたので、気持ちで走り切りました。出切ってからは、ペースで踏めていたので、そこからはよかったです。もう今までの中でも力を出し切ったので、2日目までにしっかりケアして、また頑張ります」

2着の高木真備
20181120_11R2.jpg
「力不足です…。外並走になっちゃって、下手でしたね。一回切れればよかったんですけど。また明日頑張ります」

3着の林真奈美
20181120_11R3.jpg
「位置取りがよかっただけですね。でも、復帰戦にしては焦らずにいけたのはよかったと思います」
 
 
◆12レース
発走から先頭員の後ろで大谷杏奈と小坂知子が並走。その後ろで児玉碧衣、小林莉子、奥井迪、尾崎睦、細田愛未。打鐘から児玉が先頭に出て、奥井と踏みあうかと思われたが、そのまま児玉が先行。その後ろに奥井が入る。最終4コーナーで奥井が児玉を抜きにかかるときに外に膨らみ、その空いた中を尾崎が突っ込んで1着。2着奥井。3着に逃げた児玉。
 
20181120_12RG.jpg
ゴール

1着の尾崎睦
20181120_12R1.jpg
「自ら厳しい展開にしてしまったような感じで、後ろにだけはならないようにと思ったんですけどなってしまいました。脚は問題ないので、レース展開を2日目以降は考えていきたいと思います。いつもの自分ではないコース取で、ああゆうこともできるんだぞと(笑)。後ろでぴらぴらして終わるより、1つでもいい着をと思って走って、コースが空いたのでよかったです。最後まであきらめないでよかったです」

2着の奥井迪
20181120_12R2.jpg
「もう碧衣ちゃんがすごく強かったー。もう出ていけないくらい。それで最後もふわーって外行っちゃって、何やってるんだ!? って、そういうところをしっかりギューって行かないとダメですね。でも、何よりも碧衣ちゃんとの力の差を痛感しました」

3着の児玉碧衣
20181120_12R3.jpg
「周回から並走できつかったです。これは一回切らなきゃいけないと思って、切ったのはよかったけど、もう最後は踏み直す脚がなかったです。きつかったー!」

 

最新のレースリポート