Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンコレクション2018 松山ステージ 優勝は小林優香選手

2018/03/22

3月21日第9レースに行われたガールズケイリンコレクション2018松山ステージ。小林優香選手が捲り追い込んで制しました。児玉碧衣選手の先行も強かったですが、それを差した小林選手も強い! 
小林選手は、4ヶ月ぶりのガールズケイリンを優勝で飾り、またナショナルチームで頑張るそうです!

20180321_A.JPG

レースは石井寛子選手がスタート飛び出し、周回は石井選手、高木真備選手、児玉碧衣選手、小林選手、奥井迪選手、鈴木美教選手、尾崎睦選手で重ねる。赤板から尾崎選手が上昇し、石井選手をおさえる。打鐘で奥井選手が前に出ようとするが、尾崎選手が突っ張り、奥井選手もまた踏み、さらに高木選手も動いて、最終ホームでは尾崎選手、奥井選手、高木選手の並走になった。それを児玉選手が一気に叩いて先行。その番手は少し離れて高木選手。最終2コーナーから小林選手が捲っていくが、高木選手も合わせてふみ、なかなか車間がつまらない。ゴール前、前を追い込んで小林選手が優勝を決めた。2着は逃げ粘った児玉選手。3着に高木選手が入った。

20180321_1.JPG
スタート
20180321_2.JPG
周回
20180321_3.JPG
赤板
20180321_4.JPG
打鐘
20180321_5.JPG
最終ホーム
20180321_6.JPG
最終バック過ぎ
20180321_7.JPG
ゴール

 


◆9レース ガールズケイリンコレクション2018 松山ステージ


優勝の小林優香
20180321_9R1.JPG
「考えていたよりも展開が早かったですが、その中でも落ち着いて駆けられたのかなと思います。でも、2回くらい早めに踏み出せるポイントがあったので、そこは課題が見つかりました。久しぶりにこの雰囲気の中で、いい緊張感で走れたかなと思いますけど、でも、思っていた通りの走りからは遠かったですね。競技で使っているギアよりも軽いのですが、最後に追い込み切れたのは2週間回転練習してきた成果だと思うので、よかったと思います。あのコースは男子選手が伸びていたのをみていたし、最後はイメージ通りだったと思います。喜びよりも、まず反省がありました。今シーズンからオリンピックがかかってくるので、ワールドカップまでに力をあげ、ワールドカップでは常に表彰台にあがれるようになっていきたいと思います」

2着の児玉碧衣
20180321_9R2.JPG
「落ち着いて仕掛けるところから仕掛けられました。最後は一瞬夢みたけど、優香さんに追い込まれたので、そこが課題ですね。77のギアがだんだん踏めるようになってきたし、もう少しのところを踏めるようにしていきたいです」

3着の高木真備
20180321_9R3.JPG
「7番車だったので、前を取れたら取るし、取れなかったら後ろからのレースも考えていましたが、前を取れてラッキーでした。先行も考えていたので叩いたけど、その上を行かれているので力不足ですね。碧衣ちゃんを抜けなかったし、優香にも抜かれているので、また練習して、次は優勝出来るように頑張りたいです」

4着の奥井迪
20180321_9R4.JPG
「今日はもう碧衣ちゃんに完敗です! 碧衣ちゃんが強かったですね。自分の出るタイミングが尾崎さんが突っ張るかなって迷っちゃって出たから、そこをきちんと切っていればとそこが甘かったですね。皆、動いた方がチャンスがでてくるっていうコレクションのレースも増えてきているので、レースとして面白くなってきていると思うし、まだまだ自分もレベルをあげていきたいです」

5着の鈴木美教
20180321_9R5.JPG
「小林優香さんの後ろと思っていたんですけど、位置取りのうまい選手もいたし、何回か無駄足も使ったし、もっと追走技術もうまくなければいけないし、思いっ切りもなければいけないし、勉強になりました。自力だとまだ脚力の差を感じました。気持ちを切り替えて、次の平塚では優勝目指して頑張りたいと思います。今日はいい経験になりました」

6着の石井寛子
20180321_9R6.JPG
「いい位置、いい位置をまわって、これはいいなって感覚があって、そこをつけるかつけないかでした。もっともっと練習して、このメンバーに対抗出来る脚をつけていかないといけないですね。でも、優香ちゃんと勝負したかったです」

7着の尾崎睦
20180321_9R7.JPG
「前々にいようと思っていたんですけど、もう少し早く踏めた方がよかったですね。一番重いところを踏んでいたので、もう少し早めに踏んでいたら、もうちょっと面白かったかなと思います。でも、位置が悪かったので、自分で動けたことはよかったというかもう少し何か出来ると思うので、また頑張ります」

最新のレースリポート