Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

トライアルレースin奈良 初日 112期が活躍!

2018/01/20

ガールズコレクション2018 平塚ステージ・トライアルレースin奈良 オッズパーク杯の初日が行われました。

20180119_1.JPG
11レースは高木真備選手、12レースは大久保花梨選手が逃げ切りを決めました。

大久保選手をはじめ、11レースの2着に内村舞織選手、3着に坂口楓華選手と112期の3人の活躍が目立ちました。
決勝戦を目指し、2日目も熱いレースが繰り広げられそうですね。

ヤマトナデシコたちの艶やかな走りをご期待ください。

 

◆11レース

20180119_11RH.JPG
最終ホーム過ぎ

20180119_11RG.JPG
ゴール

1着の高木真備
20180119_11R1.JPG
「主導権取れたし、よかったです。奈良の相性がよくなったというか、ここはタイミング1つ失敗するとダメだというその怖さを私はよく知っている感じです(笑)。2日目も頑張ります」

2着の内村舞織
20180119_11R2.JPG
「スタート失敗しちゃって、なので、早く動いていこうと思いました。そうしたら、誰か来ると思ったので。真備さんがいいスピードで来たし、最終ホームは少しあぶなかったけど、今の自分のスタイルかなと思います。2着取っても、2日目に7着とかしちゃダメなので、決勝に乗れるように頑張ります」

3着の坂口楓華
20180119_11R3.JPG
「位置取りはよかったんですけど、そこから内村がフタをしてきて、それを自分も想像しておかなきゃダメでした。でも、そこが頭になかったですね。もう真備さんよりも先に動こうという頭しかなかったので。ゴチャゴチャしてドキドキしたけど、ここは引いちゃダメだと思って気持ちで行きました。まだまだ(決勝に向けて)安心は出来ないので、2日目も頑張りたいです!」


◆12レース

20180119_12RH.JPG
最終ホーム

20180119_12RG.JPG
ゴール

1着の大久保花梨
20180119_12R1.JPG
「やっぱり動くの早いですよね。すっごいキツかったです。もう差されたかと思いました。最後は力残ってなかったですね。展開がよかったおかげです。奈良は走りやすいと思いました。」

2着の梶田舞
20180119_12R2.JPG
「バックで迷っちゃいました。でも、あそこで行っても、行かなくても2着だったかもしれませんね。少し力不足でした。花梨が強かったですね。1着取りたかったので悔しいです」

最新のレースリポート