Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

オッズパーク杯・ガールズドリームトーナメント 2日目レポート

2017/11/05

2日目の松戸競輪場も熱いレースが次々に行われました。
新人選手の頑張りやガールズグランプリを見据えた力強い走りなど、決勝戦が楽しみですね!
しかし、勝ち上がりは厳しー。2着2着でも勝ち上がれないとは勝負は難しいものです。
それを勝ち上がってきた決勝戦の7名の走りはドキドキしますね。
最終日、本場でガールズドリームトーナメントをお楽しみください!

 

◆最終日 11レース 決勝戦 20:20出走予定
1番車・篠崎新純
2番車・坂口楓華
3番車・児玉碧衣
4番車・高木真備
5番車・梶田舞
6番車・小林莉子
7番車・細田愛未

 

《winning run!》

1着選手のウイニングラン中のステキな表情をご覧ください。

20171104_A.JPG

20171104_B.JPG

20171104_C.JPG

20171104_D.JPG

20171104_E.JPG

20171104_F.JPG


《レースダイジェスト&コメント》


◆6レース

20171104_6RC.JPG
最終2センター

20171104_6RG.JPG
ゴール

1着の細田愛未
20171104_6R1.JPG
「内になった時はどうしようって思ったけど、最後は上手く空いたのでついていこうと思いました。抜けているし、調子はいいと思います。前回、優勝出来たことが勢いにつながっていると思います」

2着の篠崎新純
20171104_6R2.JPG
「昨日の反省を活かし、仕掛けられるところで仕掛けることは出来ました。ただ、踏み過ぎて、最後はタレてしまったので焦ってしまった部分はあります。それは反省材料として、最後まで踏めるようにしたいと思います」

 

◆7レース

20171104_7RT.JPG
最後の直線

20171104_7RG.JPG
ゴール

1着の坂口楓華
20171104_7R1.JPG
「風があるし、スローな展開になるなと思っていたし、誰もムダに仕掛けてこないだろうなとは思っていたので、それなら自分から行こうと思っています。今回はすごく冷静に走れているのは進歩だと思います。決勝はすごい先輩たちばかりなんですけど、その中で自力で、それで確定板に乗れるように組み立てを考えたいと思います」

2着の石井貴子
20171104_7R2.JPG
「最終日は、基本をしっかりやっていきたいです。ダメなところは反省点として次に直して、なので基本をしっかりやっていこうと思います」

 

◆8レース

20171104_8RH.JPG
最終ホーム

20171104_8RG.JPG
ゴール

1着の奈良岡彩子
20171104_8R1.JPG
「風もある中でグイグイ踏んでいって宮地(寧々)が強かったですね。番手になったことが大きいです。莉子を出して、自分が3番手でもいいかなと思ったけど、東口(純)があがってきていたので、そこまで引けないですからね」

2着の小林莉子
20171104_8R2.JPG
「初手で後ろが宮地はイヤだなって思ったので、その結果でああなりました。ゴチャゴチャするのがイヤだったし、だったら後ろから来てくれれば、飛びついても切り替えもありだと思ったんですけど、自分の反応が悪いとしかいいようがないです」

 

◆9レース

20171104_9RC.JPG
最終2センター

20171104_9RG.JPG
ゴール

1着の梶田舞
20171104_9R1.JPG
「落車があったのが残念です。2人のケガがひどくないといいなと思います…。組み立ては、先行しないと決めていたので、諒子さんの動きを見て、動こうと思っていました。決勝戦は、メンバーを見て、考えて走りたいと思います」

2着の中川諒子
20171104_9R2.JPG
「後ろが梶田だったので、早く行っても差されると思い、だいぶ待って行ったんですけど、それでも行かれてしまいました。最終日はしっかり1着を狙っていきたいと思います」

 

◆10レース

20171104_10RB.JPG
最終バック

20171104_10RG.JPG
ゴール

1着の児玉碧衣
20171104_10R1.JPG
「早めに仕掛けて、バックまで粘れたら、あとは行けると思ったし、落ち着いて走れていたと思います。決勝戦は、いいメンバーになりそうだし、スタートを意識しながら、あとは道中考えて、行けるところから行こうと思います」

2着の吉村早耶香
20171104_10R2.JPG
「碧衣さんと当たるのは2回目なんです。どうあっても思い切りいかないと自分的に気がすまないので、思い切ってったんですけど、やっぱり碧衣さん強かったですね。最終日も思い切って頑張ります」

 

◆11レース

20171104_11RB.JPG
最終バック

20171104_11RG.JPG
ゴール

1着の高木真備
20171104_11R1.JPG
「先行するつもりだったので、それは出来てよかったんですけど、まだまだだなって感じたので、修正できるように走りたいと思います。決勝戦も、私がやることは1つなので頑張ります!」

2着の内村舞織
20171104_11R2.JPG
「1回切られた時点で、たぶん真備さんだったらその切られた瞬間に行くと思ったので、その予想はついてました。でも、出だしで踏み遅れて、最後は追い込み切れませんでした。最終日は内容を重視し、結果に結び付けられるように頑張ります」