Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

取手ガールズ最終日 モートン選手が優勝!!

2017/09/10


オーストラリアのステファニー モートン選手が取手ガールズで優勝を飾りました。

20170909T_1.jpg
取手競輪場をバックにガッツポーズ!

モートン選手の上手いレース運びはさすがでしたね! 
そのモートンを番手を取り切った石井貴子選手もお見事でした。
一方、アナスタシア ボイノワ選手(ロシア)はかなり悔しそうでした。
お互のライバル意識がビシバシと感じさせてくれました。2人で走るのは最後の川崎(10月6日から8日)までありませんが、次の対戦も楽しみですね。


次走は、モートン選手が9月21日から23日の松山、ボイノワ選手が9月15日から17日の名古屋です。
お楽しみに!!!

 


《レースダイジェスト》


◆5レース

20170909T_2.jpg

1着の三宅愛梨選手
20170909T_3.jpg
「番手から出ようと思ったら重かったです。もうちょっと車間を切って、行けばよかったですね。でも、1着でよかったです」

 

◆10レース 決勝戦

20170909T_4.jpg
先行の太田美穂選手(最終ホーム)

20170909T_5.jpg
最終1センター、後ろの動きを気にするモートン選手

20170909T_6.jpg
モートン選手が発進

20170909T_7.jpg
最終2センター、捲っていく荒牧聖未選手その上を捲るモートン選手、激しい攻防

20170909T_8.jpg
ゴール


優勝のステファニー モートン選手
20170909T_9.jpg
「今まで何度もケイリンのレースをしてきているので、どこからの位置でもレースは出来ると思います。スタートは重注をつけないように気をつけました。石井さんが後ろにいたので、前に行った方がいいんだろうなと思って前に行きました。自分の後ろに強い選手が2人いたので、警戒はしていました。彼女たちは私に早く仕掛けてほしいと思っていたでしょうが、その作戦にはまらないように、自分のタイミングで仕掛けようと思っていました。この自転車は素晴らしいと思うし、外の競技場には合っていると思いますし、新しい自転車に乗るのも楽しいです。フレームが強さを決めるんじゃなくて、やはりエンジンが大事ですから(笑)。このギアはインドアの競技場だったら違和感も感じるでしょうけど、外のコンクリートのバンクではさほど問題はなかったです。監督には楽しんで来いと言われてきましたが、やはり負けたくないので、優勝は嬉しいですね!」

2着の石井貴子選手
20170909T_10.jpg
「突っ張る感じで踏まないとステファニーにも離れるし、アナスタシアが来ても離れますからね。最終ホームからはステファニーについていこうと思いました。ステファニーはギアもかかっているし、踏み直しもすごかったです。せめて同じギアで走らなきゃいけないなって感じたのと、レースを見ていると短期登録の4人とも後方からが好きそうなので、踏む距離が短くなるとつけいる隙はなくなるので、まだまだ自分の非力さを感じます。一緒に走れて、今開催はとても楽しかったですね。また練習します!」

3着のアナスタシア ボイノワ選手
20170909T_11.jpg
「モートンさんが一番強いと思っていたので、彼女の後ろを取りたかったけど、間に3番の石井さんに入られたことが、決勝戦の反省点でした。スタート前はファンの方の声援は聞こえました。でも、終わってからは帰れって言われているんじゃないかと思って、ドキドキしてました…。次はもっと頑張りたいと思います」