Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

2017全国高校総体・自転車競技トラックレース最終日の女子公開競技はケイリンで藤田まりあ選手、ポイントレースで松井優佳選手が優勝!

2017/07/30

2017インターハイ・自転車競技トラックレース最終日となる729日(土)は、女子公開競技としてケイリン決勝とポイントレース決勝が行われました。

 

女子ケイリン決勝

まず、前日の1回戦 4着以下となった選手7名で行われた7-12位決定戦は、最終バック3番手から仕掛けた布居光選手が勝利をあげました。

1回戦を勝ち上がった6名による1-6位決定戦は、先行する増田夕華選手を直線で交わした藤田まりあ選手が優勝! 藤田選手は初日の500mタイムトライアルに続き、見事2冠達成となりました。

藤田選手は競輪選手を目指しているので、ガールズケイリンファンの皆さんにとっても要注目の存在。また魅力的な選手が一人、ガールズの仲間入りをする日も近い?!

 

-12位決定戦

1番布居光(和歌北・和歌山)、2番岩元杏奈(都城工・宮崎)、3番森みき(祐誠・福岡)、4番下条未悠(氷見・富山)、5番三森彩桜(白河実・福島)、6番堺栞奈(祐誠・福岡)、7番野寺梓(伊豆総合・静岡)が出走。

周回の並びは布居、岩元、森、野寺、下条、堺、三森。残り1周のホームは岩元を先頭に森、布居と続いて通過。ゴールは最終バック3番手から追い込んだ布居が1着、森が2着、先行した岩本が3着。

 

20170729_1.JPG

周回

 

20170729_2.JPG

残り1周ホーム

 

20170729_3.JPG

ゴール

 

1-6位決定戦

1番飯田風音(川越工・埼玉)、2番藤田まりあ(浦和工・埼玉)、3番増田夕華(岐阜第一・岐阜)、4番長石悠里(倉吉西・鳥取)、5番山口伊吹(鹿町工・長崎)、6番鈴木樹里(桜丘・愛知)が出走。

周回の並びは山口、鈴木、増田、長石、飯田、藤田。残り1周のホームは山口と鈴木が併走する形で先行争いに。さらに外からは増田が一気に上昇。最終バックは増田が先頭に出切り、山口、藤田が続く。4コーナーを回って直線に入ると、逃げ粘る増田を藤田がとらえ、ゴールは藤田1着、増田が2着、3着には後方から追い込んだ飯田。

20170729_4.JPG

スタートを待つ6

 

20170729_5.JPG

ペーサーを務めるのは地元福島の明珍裕子選手

 

20170729_6.JPG

周回

 

20170729_7.JPG

残り1周ホーム

 

20170729_8.JPG

最後の直線

 

20170729_9.JPG

ゴール

 

20170729_10.JPG

優勝は藤田選手!

 

20170729_11.JPG

表彰式

 

20170729_12.JPG

藤田まりあ選手コメント

「周りを見て落ち着いて走ることができたのでよかったと思います。先輩(小泉夢菜選手)に続いて2冠が目標だったので、とても嬉しいです。今後の目標は競輪選手になることなので、競輪でも上を目指していけるような選手になりたいです。応援してくれた方や支えてくださった皆さん、ありがとうございました。これからも競輪選手を目指して頑張るので応援よろしくお願いします」

 

女子ケイリン結果

1位 藤田まりあ(浦和工・埼玉)

2位 増田夕華(岐阜第一・岐阜)

3位 飯田風音(川越工・埼玉)

 

女子ポイントレース決勝

17名が出走。距離12km、スプリント周回は5周ごと計6回で争われました。

単発で飛び出しはあるものの、比較的緩やかなペースで集団のままレースは進んで行きます。ポイントがばらける展開となる中、昨年優勝の池上あかり選手(祐誠・福岡)のみ5回目のスプリント周回まで全てで得点に絡み、大きくリードを広げます。しかし、残り2周へと向かうところで池上選手を含む数名の落車が発生。ここで2位につけていた松井優佳選手(南大隅・鹿児島)が、得点が倍となる最後のスプリント周回で1着を取り、この結果池上選手を1点差で逆転。優勝は松井選手、2位は池上選手、3位は太郎田水桜選手(東京成徳・東京)となりました。

松井選手も池上選手同様、国際大会などでも活躍している選手なのですが、「優勝」にはあと一歩というところで手が届かないことが多く、前日のスクラッチでも僅差のスプリント勝負に敗れ2位。レース後は悔しそうな様子も見せていました。今回はアクシデントはあったものの、「高校3年間で一度も落車したことがない」という運と実力を持ち合わせた松井選手が、大きな舞台で勝利を掴みました。

 

20170729_13.JPG

レースがスタート

 

20170729_14.JPG

集団のままレースは進む

 

20170729_15.JPG

毎回スプリント周回にきっちり絡み、得点を重ねていく池上選手

 

20170729_16.JPG

最後のスプリント周回を残し、1番の池上選手が18点でトップ、4番の松井選手が9点で2位につける

 

20170729_17.JPG

直前に池上選手を含む落車のアクシデントが起こる中、最後のスプリント周回は松井選手が1着を取り、これで逆転優勝が決まった

 

20170729_18.JPG

表彰式 ※2位の池上選手は怪我のため欠席。チームメイトが代わりに表彰台にあがっています

 

20170729_19.JPG

松井優佳選手コメント

「やっと1位を取れたのでホッとしています。今日は落車とかトラブルがあったんですけど、3年間一回も落車をしていないので、転ばない自信はありました。大学でも競技を続けるので、インカレや全国大会でまた1位になれるように頑張りたいと思います。いつも2位だったんですけど、変わらない応援を毎回していただき、ありがとうございます。これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします」

 

女子ポイントレース結果

1位 松井優佳(南大隅・鹿児島)  19

2位 池上あかり(祐誠・福岡)   18

3位 太郎田水桜(東京成徳・東京) 10

 

以上で、2017年のインターハイ・自転車競技トラックレース女子公開競技は全て終了しました。

 

今回参加したメンバーの中からも、未来のガールズケイリン選手が誕生するかもしれません。今から楽しみですね!

自転車競技に情熱を燃やす女子高校生たちの走りに、今後ともご注目ください!