Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

112期デビュー!7月10日静岡ガールズ最終日レポート

2017/07/11

112期のデビューが続いています。

7月10日は静岡ガールズ最終日でした。

ここでデビューした112期生は、高橋知里選手と吉村早耶香選手でした。

高橋選手は、初日、二日目と7着で一般戦回り。吉村選手は、初日5着でしたが、二日目に1着で、決勝戦に臨みました。

 

最終日

5レース 一般戦

 

1番 高橋朋恵 長崎

2番 高橋知里 兵庫

3番 田中麻衣美 新潟

4番 藤原亜衣里 新潟

5番 飯塚朋子 大阪

6番 渡辺ゆかり 山梨

7番 飯田よしの 東京

 

レース

周回は飯塚、藤原、高橋朋、渡辺、田中、飯田、高橋知。打鐘で飯田が上昇開始、これに高橋知が続く。そのまま飯田は先頭にでて、さらに高橋知が前に出て先行。これを高橋朋が叩き返しにでて、最終バックで主導権をとる。高橋朋はそのまま押し切って1着ゴール。2着に飯田、3着に藤原が入線。112期の高橋知は7着だった。

20170710_DSC_8224.jpg
発走

20170710_DSC_8239.jpg
スタート

20170710_DSC_8255.jpg
周回

20170710_DSC_8300.jpg
残り1周

20170710_DSC_8317.jpg
最終バック

20170710_DSC_8326.jpg
ゴール

レース後7着の高橋知里コメント

20170710_DSC_8265.jpg

「何もできずに、反省点だらけで、まだまだ、迷い迷いで中途半端なところがあるので、積極的に動けたらなと思うんですけど、色々と課題だらけで、デビュー戦を終えてしまいました。今後は、積極的に動けるように練習に取り組んでいきたいと思います。脚力的にも伸ばしていきたいです。なんとか着に絡めるように、一つでも上を目指して頑張ります」

 

 

9レースガールズ決勝

 

1番 宮地寧々 岐阜

2番 吉村早耶香 静岡

3番 大谷杏奈 愛知

4番 長澤彩 愛知

5番 石井貴子 東京

6番 荒牧聖未 栃木

7番 高橋梨里 埼玉

 

レース

周回は、長澤、大谷、荒牧、宮地、吉村、石井、高橋。打鐘前の2コーナーで宮地が上昇開始。これに吉村が追走。宮地は先頭にでるが、追走の吉村が叩きに出る。しかし、宮地は下がらず先行争いとなった。吉村の後ろには荒牧が追走しさらにその外を石井が捲ってでるがこれは不発。最終バックでは吉村が先頭に。内に包まれた長澤は上手く大谷をどかし、進路を作り、最終2センターから踏み込み、前を行く荒牧、吉村を捉え、1着ゴール、2着は荒牧、3着に後方から伸びた高橋。

20170710_DSC_8882.jpg
発走

20170710_DSC_8896.jpg
スタート

20170710_DSC_8917.jpg
周回

20170710_DSC_8958.jpg
打鐘

20170710_DSC_8975.jpg
残り1周

20170710_DSC_8991.jpg
最終バック

20170710_DSC_9003.jpg
ゴール直前

20170710_DSC_9005.jpg
ゴール

 

決勝戦後

叩き合いを演じてさらに主導権を奪いましたが4着となった吉村早耶香のコメント

20170710_DSC_9550.jpg

「先輩たちと戦うには、まだまだ力が足らないということはわかってはいたんですけど、身にしみて感じました。前に出るという思い切りとか、気持ちの部分では前々に行けるんですけど、トップスピードというか、早いスピードの域が長い時間保てれば、一緒に戦えると思います。デビュー戦は1日目が緊張して、二日目からは結構リラックスできたと思ったんですけど、3レース終えて、昨日とは違うホッとした感じがあるので、少し固くなって緊張していいたのかなと思います」

優勝した長澤彩選手のインタビューはこちら

20170710_DSC_9540.jpg

3着の高橋梨里選手のインタビューはこちら

20170710_DSC_9586.jpg