Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

112期デビュー 松戸ガールズ最終日レポート 優勝は梶田舞選手!

2017/07/12

7月11日は松戸競輪ガールズ最終日でした。

112期の参加は、大久保花梨、加藤恵、高橋智香の3選手。そして決勝に進出できたのが、大久保でした。

先輩方の壁はなかなか厚いようですね。

これからデビューする112期選手も気合をいれて、頑張って欲しいですね。

 

そして優勝は梶田舞選手でした。

残り1周を先行逃げ切り。強かったですね。

ガールズケイリンフェスティバルの活躍も期待したいですね。

20170711_DSC_9702.jpg

 

 

5レース ガールズ一般戦

1番 田口梓乃

2番 遠峯加奈

3番 加藤 恵

4番 白井美早子

5番 日野友葵

6番 高橋智香

7番 明珍裕子

 

スタートで先頭員の後ろを取ったのが高橋。加藤はその後ろに。以下、田口、遠峯、明珍、日野、白井と続いて周回。残り2周過ぎの1コーナーで明珍が上昇。高橋の後ろに入って打鐘。そこに加藤が先行争いに加わり残り1周。なかなか前に出られなかった加藤だが最終バック過ぎに、先頭に出てそのまま押し切り1着となった。2着は追い込んできた日野、3着は田口となった。

20170711_DSC_9155.jpg

発走

 

20170711_DSC_9174.jpg

スタートを決める高橋。

 

20170711_DSC_9194.jpg

112期生で前を取る。

 

20170711_DSC_9239.jpg

打鐘。

 

20170711_DSC_9249.jpg

残り1周

 

20170711_DSC_9265.jpg

最終バック

 

20170711_DSC_9277.jpg

ゴール

 

 

 

 

1着の加藤恵

20170711_DSC7227.JPG

 

「初日は緊張はしなかったんですけど、レースに関して卒業してからブランクがあったので少し苦戦していた部分があったかなと思います。6着、6着で落ち込んでいた部分があったんですけど、2日目に大久保(花梨)さんが2着に入ってので、自分も頑張らなきゃいけないと気持ちを切り替えました。それで、最終日は自分で仕掛けようと思って、少し遅かったかなと思うけど、でも、1着を取れたので、力はついているなと感じました。1着は嬉しいけど、やっぱり決勝に乗ることが大事だと思うので、次は決勝に乗れるように練習したいと思います」

 

 

3着の田口梓乃

これが復帰戦となった

20170711_DSC7216.JPG

「復帰戦は緊張したんですけど、無事に終わってよかったです。デビュー戦の時より人も増えているし、緊張しました。今回、確定板に乗ることが目標だったので、それが達成出来てよかったです。休んでいる間も『待っているよ』って、すごく応援してもらって、そのおかげで無事に復帰出来ました。次また期待に応えられるように頑張ります」

 

4着の高橋智香

20170711_DSC7219.JPG

「初日、2日目と自分で動けないシーンが多かったんですけど、最終日は自分で動けてよかったです。33だたので、もっと粘りたかったけど、まだまだ力不足ですね。これで、もっと自分で動いてみたりとか、レースの展開を読んだりとか、色んなレースが出来るように、練習頑張りたいと思います」

 

 

9レース 決勝戦

 

1番 田中まい

2番 浦部郁里

3番 大久保花梨

4番 小林莉子

5番 梶田舞

6番 尾崎睦

7番 細田愛未

 

発走後、すぐの1コーナーでアクシデントが発生。大久保が小林に接触し、大久保が落車、それに尾崎が乗り上げ落車。更に、小林が浦部と接触し小林が落車。3選手がスタート直後にいなくなってしまった。その後は先頭員以下、浦部、田中、細田、梶田で周回。打鐘過ぎに梶田が一気にカマシ先行で、そのまま押し切ってゴール。優勝となった。2着は後方から追い込んだ細田、3着に浦部が入線。

20170711_DSC_9466.jpg

発走

 

20170711_DSC_9493.jpg

スタート

 

20170711_DSC_9511.jpg

周回

 

20170711_DSC_9535.jpg

打鐘

 

20170711_DSC_9541.jpg

打鐘過ぎ4コーナー

 

20170711_DSC_9546.jpg

残り1周

 

20170711_DSC_9558.jpg

ゴール

 

 

 

優勝の梶田舞

20170711_DSC7322.JPG

「練習での調子はあがってきているんですけど、成績がなかなかあがってこなくて、何が噛み合わないのかわからない状態です。今日は優勝出来ましたけど、(仕掛けた時は)7人いなかったし、調子はまだつかめてない感じです。でも、最終日が一番感じはよかったです。サマーナイトフェスティバルも33だし、今回そのイメージをつかめた感じなので、中2日ですが、また頑張りたいと思います」

 

2着の細田愛未

20170711_DSC7314.JPG

「アクシデントがあって、自分もぶつかっていて、頭真っ白になってしまったけど、無事にゴール出来てよかったです。でも、落車があったのが心配ですね」

 

3着の浦部郁里

20170711_DSC7319.JPG

「パッとみたら4人でびっくりしました。この展開は、切ってくれて、ついていく展開はないので、自力かなと思いました。梶田が来て、さすがに飛びつけなかったけど、追いかけました。もう自力じゃないって言っているのに(笑)。差されてしまったけど、最後まで頑張りました」