Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

京王閣ガールズドリームトーナメント2日目レポート

2016/11/06

2日目も面白いレースが目白押しの京王閣ガールズドリームトーナメント。
リ・ケイシもクリスティナ・フォーゲルが桁違いのスピードを見せてくれました。さすが世界トップクラスの脚です。
が、1着1着で勝ち上がっている奥井迪、高木真備、梶田舞もいいレースを見せてくれましたね。
そして、決勝戦はすごいメンバーがそろいました!!!
最終日も京王閣競輪場で、海外勢の最後の走りを目に焼き付けて、また、日本人選手の走りを声援で後押ししてください。
 
 
 
2日目 予選2 レース
 
■1レース
20161105_1R1.jpg 
逃げ切って奥井迪が1着。2着はモニク・サリバンと並走になったが、粘り勝って蓑田真璃が2着。
20161105_1R2.jpg
 
■2レース
20161105_2R1.jpg
山原さくらが最終バック前から捲っていくが、それを追い込んで梶田舞が1着。2着に山原。
20161105_2R2.jpg
 
■3レース
20161105_3R1.jpg
最終バックあたりからケイティ・マーシャンが捲って1着。2着に高橋梨香が入った。
20161105_3R2.jpg
 
■4レース
20161105_4R1.jpg
打鐘過ぎから高木真備が先行し、1着。番手外並走から追い込んで長澤彩が2着に。
20161105_4R2.jpg
 
■5レース
20161105_5R1.jpg
リ・ケイシは内に包まれたが、そこから抜け出し、捲って1着。中川諒子が2着に。
20161105_5R2.jpg
 
■6レース
20161105_6R1.jpg
最終ホームからクリスティナ・フォーゲルが駆け、そのまま後ろを千切って1着ゴール。2着に篠崎新純。
20161105_6R2.jpg
 
 

2日目のダッグアウトから
 
■1レース
 
1着の奥井迪
20161105_D1R1.JPG
「サリバン選手が一緒に上がってきて、前取れずに下がったのが見えたので、これは早めに来るだろうなと思っていました。それで合わるなら合わせて、行かれて追ってっと思って思っていたので、サリバン選手はスピードもあるし、合わせきれたのに自分でびっくりしました(笑)。まずは決勝に残りたいって思っていたのでよかったです」
 
2着の蓑田真璃
20161105_D1R2.JPG
「奥井さんについていったさけです。自分自身は力不足ですね。並走になったけど、あそこは引けないですね。勝てたのは自信になります」
 
■2レース
 
1着の梶田舞
20161105_D2R1.JPG
「山原さんはダッシュがすごかたので、ぴったりとついていって、最後は差しにまわりました。ホームで来るかもしれないということは想定していたし、顔見せの時に風も確認して、ここから帰そうかなと思っていました。調子はいいです。決勝では憧れの選手たちと戦えるので、競技だったら決勝戦でしか戦えないような相手だし、戦えることに今からワクワクします!」
 
2着の山原さくら
20161105_D2R2.JPG
「たぶん梶田さんが後ろにいるだろうなとは思ったけど、どのくらいの車間とか、もう無我夢中で踏んでいたのでわからなかったです。めっちゃきつかたです。」
 
■3レース
 
1着のケイティ・マーシャン
20161105_D3R1.JPG
「今回はガールズケイリンにとっても重要なレースだと思うし、周りの雰囲気もいつもと違って、少し緊張しています。初めて日本に来た時は、オリンピック後の休暇の後だったので、その時に比べると今の方が調子もあがってきています。決勝戦は海外勢と戦うのは楽しみですし、日本の強い選手たちと戦うのも楽しみです!」
 
2着の高橋梨香
20161105_D3R2.JPG
「前の位置からと思っていました。駆けるとしたら、板根(茜弥)さんかマーシャン選手だと思っていたので、最終2コーナーで少しごちゃついたけど、そこで踏み込めたので、そこがよかったと思います」
 
■4レース
 
1着の高木真備
20161105_D4R1.JPG
「緊張しました。長澤さんが来ていたのもわかったので、全力で自分も頑張ろうと思いました。2日目の方が初日よりも踏めたので、調子はあがってきているかなと思います。決勝戦は、皆強いのはわかっているので、自分の出来ることを精一杯頑張ろうと思います!」
 
2着の長澤彩
20161105_D4R2.JPG
「とりあえず粘れたことはよかったんですけど、それは最低限のことだったので、やはり1着が取りたかったので、もう少し頑張りたかったですね。少し中途半端でした」
 
■5レース
 
1着のリ・ケイシ
20161105_D5R1.JPG
「フタされてしまったけど、そこは辛抱強く待って、日本の選手が疲れるのを待って、そこからは上手くタイミングをつかめたので大丈夫でした。体調は少しずつよくなっていると思います。決勝戦は一番いい体調になると思うし、フォーゲルや日本の強い選手と走って、皆さんに楽しんでもらいたいと思います。頑張リマス!!」
 
2着の中川諒子
20161105_D5R2.JPG
「作戦通りだったけど、もう脚の違いでしたね。最終日は1着取れるように頑張ります」
 
■6レース
 
1着のクリスティナ・フォーゲル
20161105_D6R1.JPG
「先行するつもりはなかったけど、タイミング的にそうなりました。決勝戦に向け、いい追い上げが出来たと思います(笑)。決勝戦は皆いいスコア(競走得点)なので、大変なレースになると思いますが頑張ります! (リ選手とは)いつもお互いにいいレースをするし、2人とも捲りが多いし、ずっと1着できている選手なので、明日もいいレースが出来ると思います。今日はドイツのファンが応援にきてくれて、すごく嬉しかったです。応援してくれる人たちのためにも頑張りたいと思います」
 
2着の篠崎新純
20161105_D6R2.JPG
「今日のレースは難しかったですね」