Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

松戸ナイター ガールズ 二日目レポート 長澤彩が1着!フォーゲルは連勝!さあ決勝戦です!

2016/10/07

やってくれました!長澤彩選手がモニク・サリバン選手マークから差して1着ゲット! 作戦勝ちですね。勝負に徹した長澤選手に軍配が上がりましたね。

そしてクリスティナ・フォーゲル選手。つ、強い…。高木真備選手の先行をバックであっさり交わして圧勝。しかし、行かれても2着に残った高木選手も強いです。

20161006_DSC_2169.JPG

さあ、決勝戦です。

二日目、2着となったサリバン選手の逆襲が非常に怖いですし、世界女王クリスティナ・フォーゲル選手の全開パワーは他を圧倒します。

高木真備選手を筆頭に互角以上の戦いを是非見せて欲しいですね!

 

頑張れニッポンガールズ選手!

レースダイジェスト

6R

20161006_DSC9274.JPG

周回

20161006_DSC9333.JPG

打鐘

20161006_DSC9340.JPG

打鐘すぎ

20161006_DSC9350.JPG

最終1センター

20161006_DSC9358.JPG

最終バック

20161006_DSC9377.JPG

ゴール前。差しにいく長澤。

7R

20161006_DSC9560.JPG

周回

20161006_DSC9631.JPG

打鐘

20161006_DSC9635.JPG

後方からのフォーゲル。

20161006_DSC9651.JPG

残り1周前の4コーナー。後方から仕掛けるフォーゲル。

20161006_DSC9673.JPG

最終バック

20161006_DSC9693.JPG

ゴール前。後方を引き離してゴールに向かう6番フォーゲル。

 

20161006_DSC_2214.JPG

決勝戦の敢闘を誓うフォーゲルとサリバン。

6R

1着 長澤彩

20161006_DSC_2215.JPG

「すごく淡々としたレースになってしまって、内容的には納得はいっていないですけど、力が全然違うので。それで、海外勢に傷をつけておいたほうがいいかなと思って。やられっぱなしなので勝ちに徹していきました。モニクも脚を使ったので、それで抜けたのは大きいかなと思います。(レースは)絶対にどこかで来るなとは思ったので、それだったら、それに合わせて踏みながら行こうかなと思ったんですけど。後ろから前に出てくるスピードは、昨日のフォーゲルもそうだったんですけど、無駄なくシュッと進んでいる感じがあるので凄いなと思って。後は結構流していると思います。自分としては昨日の修正が上手くできたかなという感じはあったんですけど。フォーゲルと走ったから今日は上手くいったと思います。明日は、スピードにどう対処するかを考えてます。でも、ハイペースに持ち込まないと無理なので。明日頑張ります」

 

2着 モニク・サリバン

「レースに負けてしまってちょっと落ち込んでいますが、立て直して明日のレースに臨みたいと思います。明日は慎重にマクリで行きたいんですけど、クリスティナさんや長澤さんに気をつけてレースをしたいです」

3着 篠崎新純

20161006_DSC_2217.JPG

「地元の声援を力に変えて走りました。今回はたまたまラッキーだったのでよかったと思います。海外選手が強いので、意識してしまっている部分もあるので。調子自体はいいんですけど、昨日は読み違えてしまって、33で、前で海外選手が走っているんだったら、高木真備に上手くついていければいいかなと思って見ていたんですけど、真備だけ1車入って、海外選手が入って、戸田さん入って、自分だったら4着だと思ったんですよ。4着は嫌なのでとりあえず打鐘で、私が前を切って、真備が切ってと思ったんですけど切れないぐらい、速くて、後手を踏んでしまって。真備について行ったんですけどだめでした。今日はあの位置だったのでしっかり付いて行って、差しに行ったんですけど、33なんで差せなかったですね。明日は、地元の声援の後押しがあったので決勝に乗れたと思うので、地元の方々の声援に応えられるように、決勝も走りたいと思います」

 

7R

1着 クリスティナ・フォーゲル

「自分の競走はうまくいったと思います。朝の20分間の練習で風が強いことはわかっていたので、その時点で先行から変えて、それが上手くはまって勝てたので良かったです。段々、ガールズケイリンというものや、競輪場の感じ、他の選手の動きなどわかってきたので、明日も良い状態でレースに臨めると思います。明日は、明日の天気にもよりますが、今日と同じようなマクリでいきたいと思います」

 

2着 高木真備

20161006_DSC_2221.JPG

「今日はできることをやろうと思って頑張りました。(今日の先行は)前にいないとだめだなと思っていたので。(行かれてしまいましたが)スピードが違ったので。でもそれを体感できたのは凄く自分にとってプラスになったので良かったと思います。(この後海外選手と対戦するのは)この後の11月の京王閣で対戦します。明日の自分のできることを精一杯やって頑張るしかないので、でも本当にこういう機会がないので正直、初日はもったいない走りを自分ではしてしまったし、残念な感じだったので、とりあえずできることをやって、後は海外選手の方の強さを体感できることを幸せに思って頑張ります」

3着 戸田みよ子

20161006_DSC_2224.JPG

「今日は作戦通りに真備の後ろを取れたし、(高木が)昨日のレースの悔しさを出したレースをしてくれるじゃないかなと思っていたので良かったです。33は前々というのは鉄則なんで、それが今節しっかりできているので。明日は7番車なんですけど、みんな強いので出し惜しみせずにしっかりやります」

 

4着 藤谷はるな

「レースはいつも通りスタートを取って前々から行くというようにしました。最後まで頑張って4着まで入れたのでよかったです。いつも追加が来たほうがいい成績が残せています。最終日は、決勝戦、一般レース、決勝戦、一般レースとなっていましたが今回で決勝戦、決勝戦と続けられたのでよかったです。明日はいつも通りスタートを取っていきたいなと思います。これで後ろを取ったら師匠に怒られてしまうので(笑)。海外勢と走ってみて、スピードが凄いと思いますけど、頑張れば自分もあのレベルにいけるかもしれないとも感じたので、まだ未熟ですけど練習して、あの時決勝に乗ったのは偶然ではないなと言われるぐらいまで強くなりたいですね」