Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

松戸ナイター・ガールズ 前検日 金メダリスト登場!クリスティナ・フォーゲル選手、モニク・サリバン選手が全力走行!

2016/10/05

弥彦ガールズの決勝は凄かったですね!ケイティ・マーシャン選手が先行して、それをリ・ケイシ選手が追走し、ゴール前の攻防を制したのがリ選手でした。

んー強い!

 

さて、105日から7日までは松戸ガールズには、世界女王が登場します。

クリスティナ・フォーゲル選手は半端じゃありません!小柄な身体から繰り出される圧倒的なパワーを是非3日間楽しんでください。

モニク・サリバン選手もオリンピアンです。パワー的には劣りますが、スピードはある選手。どのような競走を見せてくれるのか非常に楽しみです。

平日ですが、是非ご近隣の方は松戸競輪場に脚をお運びください!

_DSC7521.JPG

バンクで練習するフォーゲル選手

20161004_DSC7569.JPG

モニク・サリバン選手

20161004_DSC7340.JPG

フォーゲル選手の大腿四頭筋とハムストリングス!凄い!

ダッグアウトから

初日

6レース

 

1番車・戸田みよ子

20161004_DSC_1979.JPG

「外国人選手は強いので楽しみですね。弥彦も見ていたけど、外国勢はやっぱり強いんだなって思いました。私はいつも通り頑張ります」

 

2番車・佐々木恵理

20161004_DSC_1943.JPG

「外国勢がいて少し緊張していますが、気持ちで負けてはいけないので、内枠活かして、前々にいきたいと思います。デビューして、33は初めてなんですけど、とにかく踏み遅れないようにしたいですね」

 

3番車・モニク サリバン

20161004_DSC_1955.JPG

「自分で動いていきたいと思います。ロングスプリントは得意です。でも、ゴールのために少し力を取っておきたいですね。色んなことが不安だったけど、競走訓練をやってみて、楽しかったです。走る前よりも自信が出てきました。松戸のバンクを走ってみて、スムーズだし、走りやすかったです。それにとても大きいので、気持ちよく走れました。もちろん勝つことが一番の目標ですけど、チャレンジしたレースや考えて走りたいと思います。初日は日本での初めてのレースなので、トラブルに巻き込まれないように、レースをコントロール出来る位置にいたいです」

 

4番車・篠崎新純

20161004_DSC_1889.JPG

「外国勢もいますが、地元だし、自分の走りをしっかりするだけだと思います。松戸で、地元の応援はいつも力にプラスされるので、その力を借りて、しっかり頑張りたいと思います!」

 

5番車・佐藤友香

20161004_DSC_1895.JPG

「前回終わって疲れがちょっと出たかなと思ったけど、もう抜けたかなと思うけど走ってみないと調子はわからないですね。取れた位置から行きたいと思います」

 

6番車・梅田夕貴

20161004_DSC_1991.JPG

「初めての松戸で、外国勢と対戦も初めてですが、練習はしっかり出来たので、調子は大丈夫と思います。33は嫌いじゃないし、前々にいないとダメなイメージがありますね」

 

7番車・高木真備

20161004_DSC_1920.JPG

「外国勢の選手と走れるのは、とても光栄なことだし、いい機会だと思うので、ちょっとでも何か学べるように頑張りたいと思います!」

 

 

7レース

 

1番車・明珍裕子

20161004_DSC_1930.JPG

33なんで、前々で何とかしたいと思います。外国勢と走れるのは、そうメッタにある機会ではないですけど、レース前の緊張はいつもと同じだと思います。33は嫌いではないので頑張りたいです」

 

2番車・元砂七夕美

20161004_DSC_1908.JPG

「私の地元の奈良と同じ33バンクだし、連続で決勝に乗っていて、外国勢もいますけど、今回も決勝戦を目指して頑張りたいと思います」

 

3番車・藤谷はるな

20161004_DSC_1900.JPG

「突然の追加でびっくりしました。『海外の人たちがどんな走りをするのかな? 松戸のレースを見たいなー』って思っていたら、まさかの追加です(笑)。でも、緊張よりも楽しみですね。33だし、前々にいきたいですね」

 

4番車・クリスティーナ フォーゲル

20161004_DSC_1973.JPG

「私もモニクも楽しみにしてきました。言葉など色々と不安な部分もありますが、楽しく走りたいと思います。ミリアム(ベルテ)からも色んなことを聞いてきました。まず言われたのがカレーが美味しいということ(笑)。その他にも色々と聞いてきましたが、彼女が来てから3年経っているので、日本の選手ももっと強くなっていると思うので、実際に走ってみないとわからないですね。(外国勢選手の仲は)トラックサイクリングの選手たちは皆大きな家族のようで、レースでは戦っていますが、終われば皆、仲良しですよ松戸を走ってみて、ドイツは床がボコボコしているけど、ここはとても走りやすかったです。弥彦のレースを見て、なんとなくイメージがつかめたし、国際のケイリンと日本のガールズケイリンは少し戦術が違うなと思いましたが、ケイリンはケイリンなので大丈夫だと思います。勝って、私を買ってくれた日本のファンの方に貢献したいですが、まずは日本の選手といいレースをして、見てほしいと思います」

 

5番車・長澤彩

20161004_DSC_1914.JPG

「自分がどこまでやれるか、いつも通り頑張りたいと思います。外国勢のスピードを体感して、色んなことを吸収したいですね!」

 

6番車・坂本咲

20161004_DSC_1950.JPG

「前の方にいたいけど、どんな展開になっても学べることはあると思うので、そういうところも意識して、次の日につなげたいです」

 

7番車・山口奈津子

20161004_DSC_1938.JPG

「松戸は相性も悪くないし、決勝を目指していきたいですね。立ち遅れないように頑張りたいと思います」