Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

弥彦ガールズ二日目 強い海外選手!

2016/10/04

初日にあわやのシーンを見せたリ・ケイシ選手が圧倒的な力を見せつけました。

上がりタイム(残り半周のタイム。弥彦は400mバンクなので、200m)11秒6! この日の男子の競輪も含めて、2番時計でした。パワーが!

そして7Rに登場のケイティ・マーシャン選手は、増茂るるこ選手のかまし逃げを追いかける形で、残り1周から踏み込んで、最終バック過ぎに交わすとそのまま加速。押し切ってゴールをなりました。これを追走した小林莉子選手はなんとかついていったものの、差は詰まらず2着ゴールでした。

さすが世界のトップ選手たちですね!

レースフォト!

6R

_DSC6958.JPG

打鐘過ぎ。最後方だった亀川が動く。リは中団。

_DSC6963.JPG

亀川が先頭に。そのまま逃げるが。

_DSC6977.JPG

最終バック。逃げる亀川、その後ろでリに合わせる中川。

_DSC6988.JPG

後続を引き離し全力で踏み込むリ。

_DSC7073.JPG

勝利者インタビュー

 

7R

_DSC7194.JPG

打鐘過ぎ。誰も動かず。

_DSC7202.JPG

増茂が踏み込む。残り1周。

_DSC7209.JPG

増茂を見て踏み込むマーシャン。

_DSC7231.JPG

最終4コーナー。ゴールに向かうマーシャン。食らいつく小林。

_DSC7238.JPG

そのままゴールのマーシャン。

_DSC7284.JPG

勝利者インタビューを受けるマーシャン。

 

◆6レース

1着のリ ケイシ

_DSC7309.JPG

「初日よりも2日目の方がとてもよく走れたと思います。日に日によくなっているのを感じます。2日目は思った通りに走れました。決勝戦は先行には慣れてないので、たぶん捲り的な戦法になると思います。よく考えて走りたいと思います」

 

2着の山本知佳

DSC_1793.JPG

「昨日も今日もいい位置を取れたのに、昨日は活かせなかったので、今日は中川さんの後ろが取れたので、それを活かそうと思いました。結果的には2着で、決勝にいい方につなげていきたいです。それとリ ケイシさんの捲りは強烈でした。一瞬でいなくなりました(苦笑)。今日は唖然としてしまったんですけど、決勝戦はしっかり流れに乗りたいです」

 

3着の中川諒子

「脚が足らないのに踏み遅れて出ているので、さらにダメでした。1コーナーで踏んでいるのに気付いてなかったので、そこらあたりから踏んでおけば、目標になるくらいにいれたかなと思います。離れ過ぎていたのできつかったです。差されているし、状態はよくなかったですね。決勝戦はよく考えて走りたいと思います」

 

◆7レース

1着のケイティ マーシャン

_DSC7313.JPG

「とても体調もよかったし、いい走りが出来たと思うので、とても幸せです。ちょっと緊張しましたけど、レースの前は必ずちょっとした緊張感はあるものなので、今日は気持ちよく走れました。決勝戦は、国際大会では何度も一緒になっているので、決勝戦で戦えるのは楽しみですね。周りの状況をみて、しっかり走りたいと思います」

 

2着の小林莉子

「作戦的にはドンピシャだったんですけど、…ダッシュの違いですね。飛びついて脚を使ったので、もう最後は差し込むまではいかなかったですね。苦しかったです。いやー、強い。決勝はうまく展開にもっていきたいですね」

 

3着の藤巻絵里佳

_DSC7323.JPG

「ケイティにマークしてみて、スピードが違って離れてしまいました。こっちは一生懸命に腰あげて踏んでいるのに、もう全然フォームが変わらないからすごいです。決勝戦もいいメンバーがそろったので、前々から自在にいきたいと思います」

 

4着の増茂るるこ

「2日目はやった方だと思います。3着までに残りたかったけど、差されてしまったのは自分の脚がないので。明日も自分の走りで確定板を狙いたいと思います」

 

さあ、決勝です!

リ・ケイシとケイティ・マーシャンの対戦は非常に注目しています。世界のトップ選手の真剣勝負です。そしてなんとか食い込んでほしいですね日本勢。

小林選手曰く、「今までの海外選手の中で一番強い!」です。

どのような結果になるのか!お楽しみに!