Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

弥彦ガールズ初日 リ・ケイシ選手、ケイティ・マーシャン選手ともに1着発進!

2016/10/02

2016年、女子短期登録選手の口火を切ったリ・ケイシ選手、ケイティ・マーシャン選手はともに1着でしたね。
6Rに出場したリ・ケイシ選手は最終バック過ぎから捲って出て、マークに入った小林莉子選手のゴール前マッチレースになりましたが、わずかに逃げ残ったのがリ選手でした。
ダッグアウトに引き上げてきたときは、差されたと思っていたらしく、残念そうな表情を浮かべていましたが、1着と聞いて途端に表情が明るくなりました。オリンピックが終わり、休みに入っていたようで、まだ本調子ではなかったようですが、これで刺激が入って二日目から本格化してくるでしょう。
20161002_DSC5920.JPG20161002_DSC6101.JPG
ケイティ・マーシャン選手は、後方から前方を見ながらのレースで、中川諒子選手と最終バック過ぎに踏み合いになりましたがあ、これをあっさり交わして後方を千切ってゴール。強いところを見せてくれました。さすが、リオオリンピックスプリント銅メダリストですね。
二日目以降も見せてくれると思います。
 
対する日本勢。6Rでは小林選手が何とか差すかと思われましたが、微差に泣きました。明日のレースは相手が強いですが見せてくれるでしょう!
頑張って大和撫子魂を見せてほしいものです。
 
レースダイジェスト
6R
20161002_DSC6192.JPG
周回中
 
20161002_DSC6198.JPG
リ選手
 
20161002_DSC6253.JPG
残り1周
 
20161002_DSC6265.JPG
最終2コーナー
 
20161002_DSC6285.JPG
最終4コーナー過ぎ
 
20161002_DSC6291.JPG
ゴール
 
7R
20161002_DSC6462.JPG
周回中
 
20161002_DSC6469.JPG
ケイティ・マーシャン選手
 
20161002_DSC6546.JPG
残り1周
 
20161002_DSC6571.JPG
最終4コーナー
 
20161002_DSC6588.JPG
ゴール
 
 
 
レース後インタビュー
 
■6レース
 
1着のリ ケイシ
20161002_DSC6360.JPG
「今日は捲りでしたね。2番の莉子さんが強かったです。今日は最初だったので色んなことが手探り状態だったし、オリンピック明けて休み後だったので、また明日は調子があがると思います。明日も勝ちたいと思います」
 
2着の小林莉子
20161002_DSC7769.JPG
「出る時はそこまで出てなかったけどシッティングであそこまでいけると思わなくてすごいです。それから出切って、最終バックでシッティングのままグって踏んだんですけど、そこがついててきつかったです。もう、なんかバイクみたい(笑)。もがいてもあれだけフォームが崩れないのはすごいですね。でも、最後差したかと思ったんですけどねー。残念でした。やっぱり強いです」
 
3着の飯塚朋子
20161002_DSC7734.JPG
「初手が莉子の後ろだったので、あとは自力で動くとしたら藤巻(絵里佳)さんか佐藤(亜貴子)さんなんで、その動きを見ていました。それでリさんに莉子が飛びついたので、ついていきました。落ち着いて走れましたね」
 
 
■7レース
 
1着のケイティ マーシャン
20161002_DSC6683.JPG
「初日に1着を取り、今ホッとして、ハッピーです。やはり緊張していました。でも、スタートしてからは落ち着いてレースをしました。自分の行くタイミングを見てから行きました。コンディションは問題ないです。色んな流れもわかったし、明日はもっとレースに集中していけると思います」
 
2着の中川諒子
「(ケイティより)後に出てもしょうがないと思ったので、先に動こうと思いました。1回踏んだ時に向こうはあまり踏んでなかったのはわかったから、とりあえず自分は前に出ようと思って。2回目に向こうが踏んだ時は一瞬で離れました(苦笑)。あとはもう2着に残るように踏みました。自分の状態は悪くないですね。2日目も自分で動いていこうと思います」
 
3着の増茂るるこ
20161002_DSC7802.JPG
「今日は打鐘のところで少し慌ててしまったので、2日目は自分の走りをしたいと思います」