Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

女子短期登録選手の記者会見が行われました。

2016/09/30

2016年9月30日、公益財団法人JKAに 於いて、中野浩一氏の司会の元、女子短期登録選手の記者会見が行われました。

20160930_DSC_0957.JPG

参加する選手による質疑応答が行われ選手たちの調子やレースの抱負などが聞かれました。

 

リー・ケイシ(香港)

20160930_DSC_0837.JPG

「日本には何回も来ていて、修善寺でトレーニングキャンプをしたこともあります。2011年に初めて来た時から日本が大好きです。文化や食べ物が大好きですね。それから日本のガールズケイリンも大好きです。ずっと参加したいと思っていました。今回の機会を楽しみにしていたし、興奮しています。私たちのレースを楽しんでもらいたいと思います!」

 

モニク・サリバン(カナダ)

20160930_DSC_0857.JPG

「私は自転車を初めて15年くらいになります。男子の競輪は(私が自転車競技を)スタートした時から知っていたのですが、ガールズケイリンも始まって、呼ばれるのを期待していたので、今回は楽しみです。日本の女子選手は強いと思いますが、自分も一生懸命にレースをしたいと思っています。今回は招待していただき、誠にありがとうございます。日本の文化も面白いと思ってるので、滞在中に楽しみたいと思います。そして、日本に来て、日本の伝統や歴史を学ぶことも大切に思っています」

 

クリスティナ・フォーゲル(ドイツ)

20160930_DSC_0804.JPG

「まず、ここに招待していただきありがとうございます。男子の競輪のことを知っていましたけど、ガールズケイリンも始まり、そこに私も参戦することが出来、すごく光栄に思っています。ガールズケイリンに参加して、そこで勝ちたいともちろん思っています。競輪場にいらして、私の勝つ姿を見てほしいですね」

 

ケイティ・マーシャン(イギリス)

20160930_DSC_0897.JPG

「私は自転車競技を初めてから、3年しか経っていません。ジェームズというコーチが来て、自転車を奨められました。そして、今回、私を招待していただきありがとうございます。もちろん日本に来るのは初めてです。今のところはいい経験をさせてもらっています。競輪学校で一生懸命勉強もしたし、努力もしましたので、出来るだけ勝てるように頑張りたいと思います。限られた時間ではありますが、競輪以外にも出来るだけ日本で色んな経験をしたいと思います。そして食べ物に関しても慣れていきたいと思います。それから、たくさんの人に私の走る姿を見てほしいです」

 

 

 

◆質疑応答

 

●Q1.リオオリンピックの時に比べて、今の体調は?

リ・ケイシ

「リオオリンピックの後に休暇を取り、その後にまた練習を始めて、調子も戻ってきています。それに、レースをしていけば、もっともっと調子もよくなってくると思います」

 

モニク・サリバン

「リオオリンピックの後に休養を取り、その後に練習をしてきて、今は心も身体もリフレッシュした状態です。また、レースをしてていく中で、どんどん調子が整っていくと思います」

 

クリスティナ・フォーゲル

「私もリオオリンピックの後に少し時間がありました。競輪学校にはジムもたくさんあったし、色んなタイムを計ったりしましたので、そこで乗ることも出来たので、トレーニングは出来ました。これから、もっとよくなると思います」

 

ケイティ・マーシャン

「私もオリンピックの後に休むことが出来、また、競輪学校でトレーニングを積むことも出来ました。リオと同じような状況に戻ってきていると思います。だから、いい状態でレースに臨めると思います」

 

●Q2.日本のファンにどんなレースを見てほしいですか?

リ・ケイシ

「国際的なケイリンのようなレースがいたいですし、日本の選手と戦うことで経験を得たいと持っています」

 

モニク・サリバン

「とても強いレースをしたいと思っていて、挑戦する気持ちをもちながら、あとは頭を使ってレース展開を考えながら走りたいと思います」

 

クリスティナ・フォーゲル

「ずっと日本で走ることを楽しみにしていたので、皆さんに私たちのレースを見て楽しんでくれたら嬉しいですね。ぜひ、私たちの走りを見てください。そして、また次も見たいなと思ってもらえるようなレースがしたいです」

 

ケイティ・マーシャン

「ガールズケイリンの選手たちと一緒に走れることを楽しみにしています。私のアピールポイントはパワーです。ですので、そこに注目してほしいです。先行で走りたいと思います」

20160930_DSC_0916.JPG

●Q3.過去にガールズケイリンに参加したミリアム・ベルテ選手やレベッカ・ジェームズ選手に日本のことは聞いてきましたか?

クリスティナ・フォーゲル

「3年前にミリアム・ベルテ選手が来日した時は少し複雑な心境で、『何故、私じゃないの?』と思っていました。もちろん、今回、私が招待されて、どんなことをするのか、競輪場はどんななのか、そういったアドバイスをもらってきました」

 

ケイティ・マーシャン

「私もベッキー選手から色んなアドバイスをもらってきました。競輪場での生活やどんなレースをしているのか、そいったアドバイスをベッキーにもらい、役立っています」

 

●Q4.外の400バンクなどに不安などはありますか?

リ・ケイシ

「アジアの大会では33バンクも走るし、今回もすぐに慣れると思います」

 

モニク・サリバン

「自分が小さい頃から練習していたのは外のバンクだったので、400バンクで走ることは自信があります。小さい頃に走っていたバンクと同じなので、ホームタウンに帰ったような気持ちになっています」

 

クリスティナ・フォーゲル

「ドイツでは外で走ることはそんなにないですけど、400バンクや外で走ることも直に慣れてくると思います」

 

ケイティ・マーシャン

「日本の競輪バンクで走ることは初めてになるんですけど、トレーニングをつんできたりもしているので、慣れてくるかと思います」

 

●Q5.雨の中で走るのは大丈夫ですか?

代表してリ・ケイシ

「私たちは国を代表するレーサーたちですから、男子選手も雨の中で走っているので大丈夫だと思います。

 私は以前、修善寺で雨の中で走ったこともあるし、雨の中でレースをすることも恐れることはないと思っています。世界大会へのトレーニングのために雨の中でトレーニングをしたこともあるので、大丈夫だと思います」

さあ、今年の女子短期登録選手の競走がスタートします。

絶対にお見逃しないように!