Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ジャパントラックカップI レポート 石井貴子ケイリン優勝! 鈴木奈央ポイント3位!

2016/07/09

ジャパントラックカップには、ガールズケイリンから石井貴子選手、鈴木奈央選手、そして学校生の大久保花梨生徒が出場しています。

ジャパントラックカップIでは、石井貴子選手、がスプリント、ケイリンに、鈴木奈央選手がポイントレースに出場しました。

石井選手は、6月初めのタイワントラックカップからケイリン3連続優勝と大ブレイク中です! 本来のスピードが更にパワーアップされてきています。

特に、スプリント予選の200FTTでは、11359と自己記録を更新! 更に進化してきました。

特にケイリン決勝での動きは良かったですね。一旦前に出て、位置確保からの差しは、レースが見えているからこそできると思います。

鈴木奈央選手はポイントレースに出場し3位! 優勝は上野みなみ選手、2位はリオオリンピックに出場する塚越さくら選手でした。その選手たちを相手に僅差で3位は素晴らしい成績だと思います。特にポイント周回でのスプリント力が強化されてきていると感じました。ガールズケイリンでも持ち味を発揮して大暴れしてくれる予感がします!

大久保生徒は、学校の訓練もあり、なかなか集中できないと思いますが、頑張りましょう!

20160708_DSC0370.JPG
石井選手の200mFTT

20160708_DSC0322.JPG
大久保花梨生徒の200mFTT

20160708_DSC0883.JPG
女子スプリント1/4決勝 石井は敗退

20160708_DSC2273.JPG
女子スプリント5-8位決定戦 石井は5位

20160708_DSC1614.JPG
ポイントレースを走る鈴木奈央

20160708_DSC1703.JPG20160708_DSC1904.JPG

 

20160708_DSC5135.JPG
女子ケイリン決勝 残り2周先行する石井。

20160708_DSC5147.JPG
残り1周。番手位置を確保する石井。

20160708_DSC5169.JPG
ゴール 優勝を決めた石井。

 

 

リザルト

★女子エリートケイリン

1位 石井貴子(日本)

2位 HAN Jun(中国)

3位 前田佳代乃(日本)

9位 大久保花梨(日本競輪学校)

20160708_DSC_1591.JPG

 

★女子エリートスプリント

1位 ZHANG Linyin(中国)

2位 HAN Jun(中国)

3位 LIU Lili(中国)

5位 石井貴子(日本)

9位 大久保花梨(日本競輪学校)

 

★女子エリートポイントレース

1位 上野みなみ(CIEL BLEU KANOYA) 1lap27p

2位 塚越さくら(日本) 15p

3位 鈴木奈央(静岡県自転車競技連盟) 15p

20160708_DSC_1416.JPG

 

 

選手コメント

ケイリン優勝の石井貴子選手

「1着はやっぱり嬉しいですね。今日はスプリントの対戦で少し失敗してしまって勝ち上がれなかった分、ケイリンは取り戻したいなと思っていたので、しっかり走れて良かったです。(決勝は2番手で外からかぶせられる展開になったが)結構接触したりしながらだったんですけど、1車出して、番手を取り切った時点で外の選手は苦しい展開になっているっていうのは分かっていたので、落ち着いて(コースが)開いたらすぐ出て行こうと考え、脚をためることができたと思います。

やっぱり(競技に取り組んで)2年ではオリンピックは厳しいというのはよく分かったので、その2年を土台にまた4年後に向けてやり始めていて、東京オリンピックではなんとかケイリンを走りたいという思いで今、取り組んでいるところです。まずその足掛かりとして、今年のワールドカップを転戦できるように頑張ろうと思っています。基本的な脚力を上げなければいけないというのはずっと分かっていることなので、普段の競走も含めてそういうことに取り組んできて、はじめてここのバンクでハロンの自己ベストも出たし、ケイリンも台湾から安定して1着で走れているので、これからも続けていきたいなと思っています。

明日はまたケイリン、明後日はスプリントに出ます。明日も自分でレースを動かして、脚を使って行く組み立てで頑張りたいと思いますし、最終日のスプリントは今日の分も取り返せるように頑張ります」