Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンフェスティバル2016 初日から激戦!二日目はどうなる?

2016/07/17

真夏の夜の女王は誰になるのか?

初日のレースはやはりガールズトップ選手たちの競走でしたね。どのレースも見応えがありました。1レースでは、高木真備選手の先行を豪快に捲った児玉碧衣選手をさらに追い込んだ長澤彩選手、中川諒子選手でした。

20160716_DSC2676.JPG

20160716_DSC2701.JPG

2レースは奥井迪選手の先行逃げ切り! 強い!の一言ですね。先行テクニックにも磨きがかかってきています。「先行日本一」の称号通りの競走でした。

20160716_DSC2896.JPG

3レースは、尾崎睦選手の番手を3者並走となるもしっかりキープした石井寛子選手が、直線一気に追い込んでいました。久々にビッグレースで元気の良い石井選手を見ました。

20160716_DSC3061.JPG

20160716_DSC3095.JPG

 

二日目は、決勝に進出するためにさらにハードなレースになっていくと思います。

今年の「Summer Night Queen」の誕生をぜひご観戦ください!

20160716_DSC_9603.JPG

 

レース後インタビュー

■1レース

1着の長澤彩

20160716_1R1長澤.JPG

「まさか1着取れて、もうびっくりしかないです(笑)。強い人が前を踏んでいたし、このままかなとちょっと思ったけど、でも、身体の調子的にはよかったし、なんとか伸びていけてよかったです。2日目もしっかり走って、取りこぼしのないように、決勝に乗れるように頑張ります!」

 

2着の中川諒子

20160716_1R2中川.JPG

「明日につながるレースは出来たと思います。上手く切り替えられたし、調子は悪くないと思います」

 

3着の児玉碧衣

20160716_1R3児玉.JPG

「スタートで思っていた位置を取れたことはよかったけど、(荒牧)聖未さんが来た時にワンテンポ反応が遅れて、後ろにまわされたのがきつかったです。あそこで脚を使いました。そこで脚を使わなかったら、2着か1着もあったと思うけど、でも、なかなか前に行かせてくれないのがこのメンバーだと思うし、そこが自分に足りないところだと思うので、そこを明日、明後日と修正して、もっといい着を取れるように。けど、ホームで行くって決めていたことは出来たので、そこはよかったと思います」

 

 

■2レース

1着の奥井迪

20160716_2R1奥井迪.JPG

「いつも並ばれると焦ってしまうけど、初日はちゃんとペースで踏めたので、それがよかったと思います。ゴールまでは長かったです(笑)。新聞でバンクの特徴を見たら、立川と一緒くらい長いというのを見て、えーって思ったけど(笑)、でも、そこで逃げ切れたのは大きな自信になると思います」

 

2着の梶田舞

20160716_2R2梶田.JPG

「力を出し切れなかったのがすごく悔しいです…。セッティングをちょっと直します。修正するところは見えたので2日目は頑張ります」

 

3着の小林莉子

20160716_2R3小林.JPG

「奥井さんの番手をすんなり取るのは梶田さんだろうと思って、あそこの位置を取りました。前走で梶田さんと一緒で梶田さんの調子のよさも見ていたので。でも、押し込まれて1つ引いたのは誤算でした。2日目もしっかり狙って、決勝に乗らないとガールズグランプリは見えてこないので、そのつもりで頑張ります!」

 

 

■3レース

1着の石井寛子

20160716_3R1石井.JPG

「調子はいいなと思っていたんですけど、とにかく緊張がすごくて、終わってからもまだ手がちょっと震えるくらい(苦笑)。初日に1着取れてよかったです。2日目もいいメンバーだし、もう胸を借りるつもりで、また1着取るつもりで頑張ります」

 

2着の浦部郁里

20160716_3R2浦部郁里.JPG

「内枠だったし、石井さんが初手から前に来たので、ここは動かない方がいいかなという感じでした。あとは位置を取れれないように、並走は気を付けながら走りました。2着に届いてよかったです。この2着は大きいと思うので、決勝につなげられるように頑張りたいと思います」

 

3着の尾崎睦

20160716_3R3尾崎睦.JPG

「3着でした。あぁ、4着になるかと思いました。風で落ちてしまったのでもう少しペースで駆けれたら、もう少し残れたかもしれないですね。初日は自分の競走をしたので仕方ないですね」