Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

UCIトラックサイクリング世界選手権ロンドン大会 初日レポート

2016/03/03

ROADTORIOであるトラック世界選がいよいよスタートしました。

 初日には、男子チームパーシュート予選、男子スクラッチレース、男子チームスプリント、女子個人追い抜き、女子チームスプリントが行われました。

その女子チームスプリント第1走に石井貴子選手が出場しましたなかなか伸びなかったタイムも、ここにきて34秒台をマーク。

なかなか結果が出ませんでしたが2020東京に向けては、方向性が見えたのではないかと思います。

いずれにせよ、世界は年々パワーアップしています。特に、アジア地区はチームスプリントの強豪国がひしめき合っているので、オリンピック出場に向けては非常に厳しいものがあります。

リオオリンピック出場の可能性はなくなりましたが、新たなる第一歩を踏み出し、継続してきた足跡は残し前に進みましょう!

さて、ガールズケイリンといえば、外国人選手たちも多数出場しています!

今回も、ガールズケイリンに出場した選手たちが多数出場しています。

こちらの方もご覧ください!

DSC_4205.JPG
日本チーム

20160302_DSC_5156.JPG
ロシアチーム

20160302_DSC_5161.JPG
中国チーム

20160302_DSC_5028.JPG
ドイツチーム

20160302_DSC_0633.JPG
表彰

女子チームスプリント 日本34721 14

優勝 ロシア 32679

2位中国 降格

3位ドイツ 32740

 

石井貴子

20160302_DSC9599.JPG

19秒台で走れるかなってところだったんですけど、ちょっと残念ですね。でも、平地で、ここ最近ではよかったので、今よくてどうこうって問題じゃないんですけど、タイムも遠いですし、でも、下降気味だったチーム全体としてのタイムで見れば、少しよくなったので、ここから頑張っていきたいと思います。

 4日目のスプリントも出れるので、スタンディングよりかはハロンの方が調子がいいと感じているので、何秒出るか楽しみに、もう自分を信じて頑張りたいと思います」