Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

UCIトラックサイクリング世界選手権ロンドン大会 開幕!

2016/03/02

20160301_DSC_9803.JPG

泣いても笑ってもこれがリオデジャネイロオリンピックの最終枠取りとなります。

ガールズ選手にとって、現在の枠取りは今までの成績を振り返ってみてると相当厳しい状態になっているのは事実です。

今回出場する石井貴子選手の言う通り、自転車競技を始めて、2年でオリンピック枠をとるには確かに、難しいですと思います。計画的な強化がシステム化していない現状では。

しかし、2020年の東京に向けては、後、4年あるわけで、今回の経験を次に生かしていくことが重要だと思います。

「メダルを獲る」という事は、選手を世界最高に状態を持っていかなくてはなりません。

チームは、選手にこの状態をいかにうまく作るかが最低条件で、その後はテクニックの向上、運などのプラス条件が積み重なってメダルに繋がってくるのです。

リオデジャネイロオリンピックへガールズ選手が出場することは難しくなりましたが、2020東京では、ガールズ選手が大活躍することに期待してほしいですし、そうなることでしょう。

是非、皆様の応援よろしくお願いいたします。

20160301_DSC_9798.JPG20160301_DSC_9772.JPG

 

 

石井貴子(女子チームスプリント1)

20160301_DSC_9813.JPG

「過密なスケジュールですが、自分でも意外に体調はいいです。

ここのバンクは、前回も来た時に感じましたが、伊豆とは違い、走りやすいバンクです。

今回は、個人的には体調が良いので、この感じで走ってどれぐらい出るのか見たいです。

今シーズンはアジア選で前田佳代乃選手と走って一番タイムが良かったので、それから少しでも縮められるように頑張りたいです。」