Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

2015-2016 UCIトラックサイクリング ワールドカップ 香港大会2日目レポート

2016/01/19

大会2日目の日本勢は男子ケイリン、女子スプリント、男子オムニアム、女子オムニアムに出場しました。

 

ガールズ選手では石井貴子選手が女子スプリントに出場。予選となる200mタイムトライアルは上位24名までが本戦に進出できますが、石井選手はタイム1172128位となり、残念ながら予選で敗退となってしまいました。

ここ数年はかなり世界のタイムが上がり、女子のトップ選手はハロンが10秒台。スプリントは特に、スピードがなければ本戦を走ることもままならない状況になっています。

なかなか結果がついてこず、石井選手自身が一番苦しいとは思いますが、一歩一歩頑張っていってほしいですね!

20160116_DSC1481.JPG

20160116_DSC1488.JPG

200mFTT を走る石井貴子

 

 

そして女子スプリントの優勝は

中国のジュンホン・リー選手。決勝で香港のリー・ワイジー選手と対戦し2本先取で勝っています。

20160116_DSC_5824.JPG

中国は急速にゲーム系の種目が強くなっています。

20160116_DSC_2082.JPG

3位はヴォイノバ・アナスタシア選手(ロシア)でした。

 

ちなみに男子ケイリンでは脇本雄太選手が決勝に乗り、5位! 日本チームにとって嬉しいニュースとなりました。

20160116_DSC_6048.JPG