Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

注目選手紹介!児玉碧衣(福岡・4期)

2015/12/29

バツグンのダッシュ力でまた新たなガールズ旋風を巻き起こしている児玉碧衣。
ピストレーサーを降りるとお茶目な子、そんなギャップも彼女の魅力の一つかも!
そんな彼女の強さの秘訣にせまっちゃいました!!

児玉碧衣選手

『もっともっと強くなって、頑張ります!!!』

児玉碧衣選手

-近況の調子はいかがですか?
「練習を真面目にするようになって、それなりに脚がついてきたので、それが結果に現れているかなと思います」

-デビューからここまでを振り返ると?
「慣れてきたというか、緊張もないわけではないんですけど、初めに比べればなくなってきましたし、楽しいですね」

-デビューは、今思えば緊張していた?
「緊張はしてないけど、でも、決勝はかなり緊張して、初日、2日目は楽しみという気持ちの方が大きかったですね。うーん、でも、やっぱり緊張してないことはないです。でも、今の方が緊張してないですよ」

-初優勝の感想は?
「(8月)弥彦の優勝は、ここで優勝出来ないと『(自分は)自転車向いてないやろ...』って感じまであったから、ヤッターって嬉しいよりも、ホッとする方が大きかったです」

-そこまで追い込まれた!?
「さすがにもう優勝せんとヤバいって思っていて、あの、決勝もアキさん(佐藤亜貴子)に行かれた時に『終わったぁ』と思いながら走っていたけど、優勝出来てよかったです(笑)」

-そこから優勝回数7回ですね。
「でも、なんか33は苦手ですね(苦笑)。松戸も富山も、自分で先に仕掛けたのにー。わかんないです(苦笑)」

-課題は?
「ダッシュというか、お尻を(サドルに)おろした後に1回スピード落ちるんですよね。そこから伸びないので、お尻をおろした時に、どれだけスピードを乗らせるかっていうところですね、やっているんですけど、なかなか出来ないですね。
練習でも出来なくて、言われているんですよ。わかっているつもりなんだけど、やっているつもりなんだけど出来ないんですよ。難しいですね~」

-レースで一番心がけていることは?
「落車しないです!」

-なるほど(笑)
「私、ケガしなくなったと思いません?!」

-その通り! 学校時代は、入ってすぐにお風呂場で転んで足をざっくり切ったり、記録会の前にケガとか、よくケガしてましたからね(笑)。
「ですよね!(笑) そこは自分でも成長したと思います(笑)。学校時代は、なにかイベントがある前日に絶対にケガしていましたもん。それが今は全然です。
でも、そういう大きいケガはないけど、指を切ったとか足を切ったりという小さいケガはあります(笑)。弥彦の後泊したホテルでビーチサンダルで歩いてて、階段でつまづいたら、足の爪の先っちょがえぐれました。メッチャ痛かったです。福井の前日に紙でスパッと指切ったりとか、そういうケガが増えました(笑)。ゼロにします!(笑)」

児玉碧衣選手
-そんな児玉選手ですがライバルは?
「皆ですね。
(尾崎)睦さんとまだ一緒になってないから、卒業記念レースで負けたままなので、睦さんには勝ちたいですね」

-尾崎睦選手が先に優勝したのは刺激になった?
「4期のデビュー戦で、自分らが先だったので、そこで負けて、睦さんも負けて、で、睦さんが先に優勝だったから、そこはちょっと悔しかったですね」

-これからの目標は?
「来年のガールズグランプリに絶対に乗りたいです。上位の選手たちと戦うことになるので、そこでしっかり勝てるように、先行で頑張りたいと思います」

-上位陣の選手の対決は大変ですよね。
「でも、まさか、熊本で、九州で(小林)優香さんとあたると思わなかったです!」

-でも、そこで優勝を決めました。
「先に捲っておいてよかったですね。先に優香さんに行かれたらと負けると思ったから、自分のダッシュを活かして先に行こうと思いました。でも、優香さんは絶対に伸びてくるから、熊本は直線が長いし、ドキドキしていたんですけど、まぁ、なんとか優勝出来ました。2回勝てたら、本物だと思うので、また頑張ります」

-この強さは練習の成果ですね。
「練習して強くなったら、全然違う感じがします。また、練習メニューがきついんですよね~。でも、最初はキツかったのが、回数をこなす内についていけるようになったりとかしているし、自転車って練習して、すぐに数字に表れるので、パワーマックスとかタイムとかに出るから、自分の成長がわかりますね。でも、この寒い時期は全然タイム出ないですね(笑)」

-それは仕方ない(笑)。でも、自転車競技へのチャレンジは考えています?
「まだよく競技はわからないんですよね。イメージがわかないというか。行きたいという気持ちも不安な気持ちも半分、半分なんで、うーん、リオオリンピックを見てから、東京オリンピックをどうしようかなって考えます」

-では、ファンの皆さんへのメッセージをどうぞ!
「これからも練習して、もっともっと強くなって、トップの選手と戦っても勝てるように頑張りたいと思います! 応援よろしくお願いします!!」

児玉碧衣選手