Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

2015-2016UCIトラックサイクリング ワールドカップ ケンブリッジ NZ大会前日レポート

2015/12/03

ワールドカップ第2戦はニュージーランド北島の街ケンブリッジにあるアバンチドローム(ベロドローム)124日~6日にかけて行われます。

 

今回もガールズ選手から加瀬加奈子、石井貴子が出場し、リオデジャネイロオリンピックの出場権獲得を目指して激戦を勝ち抜かねばなりません。

前回のカリ大会では、苦しい戦いとなってしまいましたが、今回はなんとか好成績を収めてほしいと思います。

 

リオデジャネイロオリンピックの出場権獲得の大会も今回のケンブリッジ大会を含めて後4大会。

1月に行われるワールドカップ 香港大会、日本の伊豆ベロドロームで行われるアジア選手権、そして3月初頭に行われる世界選手権ロンドン大会です。

正直に言えばトラック短距離女子の出場権獲得は非常に厳しい状況にあります。

今回のニュージーランド・ケンブリッジ大会で、好成績を望みたいところです。

しかし、現状で行けば本当に苦しい状況であるのは間違いないでしょう。

 

何とか頑張ってリオデジャネイロオリンピックの出場権獲得に向けて弾みをつけて欲しいです。

 

二人が出場する種目は、チームスプリント(石井、加瀬)、スプリント(石井)、ケイリン(加瀬)となります。

まずは初日のチームスプリントに集中してとにかく一つでも上を目指して頑張って欲しいと思います。

20151203_DSC_3250.JPG20151203_DSC_3267.JPG

練習中の短距離日本チーム

20151203_DSC_3136.JPG

20151203_DSC_3147.JPG

ケンブリッジの街 写真は静かそうですが、もう少しにぎやかです。

 

 

チームスプリントを目前に控えた二人にインタビューしました。

石井貴子

20151203_DSC_3302.JPG

「こっちに来てからの方が状態は良いです。こちらに来る直前に合宿が組んであって、このような流れは初めてでしたが、その直前にトレーニングをし切って疲れていましたが、それがだいぶ抜けて良いかなと思っています」

今回は結果を出さないと…

「毎回そう思って、やっているんですけど、そうですね、とにかく頑張り切ることしかできないので」

カリ大会はどうでした?

「カリの時はスタートの時に、上手くスタートが切れなかったですね(スタート台のホルダーのタイミングが合わなかった)、今回も走る順番が早いので、ホルダーが離すタイミングをあまり見られませんが、良いバンクだと思うので、そんなに(タイミングが)遅いとかはないと思うので上手く合わせて頑張りたいと思います」

 

加瀬加奈子

20151203_DSC_3322.JPG

「今回は、弥彦で中川(諒子)、男子の選手とスタンディングを練習して、ウエイトも集中的にやってきました。ウエイトは、スタンディングから5歩目までを意識したもので、スタートで(チームスプリントの2走として)後ろに着けないで離れていたのでそこを意識して重点的にやってきました。特に神経系を意識した形ですね。

ケイリンは、色々な不確定要素がありますけれど、何もしないのではなく、力を出し切って悔いの残らないレースをまずして勝ち上がりたいですね」

20151203_DSC_3318.JPG

写真上 今話題の五郎丸ポーズ。

下 ハカ