Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

いよいよ、リオデジャネイロオリンピック出場枠獲得、そしてオリンピックでメダルを獲るために最終シーズンがスタートします!

2015/10/30

日本の皆様、世界の皆様、2016リオデジャネイロオリンピックが近づきつつありますね。

各種目では、オリンピック出場が決定し、どんどんオリンピックムードが高まっています。

そして、ガールズケイリン選手たちも、まずはオリンピック出場枠獲得に向けて、死力を振り絞って頑張らなくてはいけないシーズンが始まりました。

その第1戦目がワールドカップ カリ大会です。10月30日から11月1日にかけて行われます。

今大会は加瀬加奈子選手、石井貴子選手、学校生から鈴木奈央生徒が枠取りを懸けて頑張ります。

加瀬選手はチームスプリント2走、ケイリン、石井選手はチームスプリント1走、スプリントの短距離種目に挑みます。

鈴木奈央生徒は4kmチームパーシュートで、上野みなみ選手、塚越さくら選手、そして鈴木選手と同じくジュニアから初めてエリートを走る梶原悠未選手と一緒にオリンピック出場枠獲得を懸けて走ります。

 

率直にオリンピック枠獲得はどうなのか? と問われると非常に厳しい状況であることをまずお伝えしますが、頑張れば必ず報われます。そして、リオの先の東京を見据えて頑張らなくてはならない第一歩でもあります。

地球の真裏の日本から是非応援してください!

20151029_DSC_4447.JPGのサムネイル画像
舞台となるカリのバンク

20151029_DSC_4469.JPG
カリの街を見守るキリスト像

20151029_DSC_4452.JPG
右側がベロドローム

20151029_DSC_4380.JPG
短距離選手たち

20151029_DSC_4400.JPG
中距離選手たち

20151029_DSC_4401.JPG
加瀬さん

20151029_DSC_4405.JPG
更に加瀬富士さん

 

鈴木生徒

20151029_DSC_4442.JPG

「今回、チームパーシュートのメンバーに選ばれて、まずここで走れることがジュニアを出てからの目標でした。メンバーに選ばれたことで自分の第一歩を踏み出せました。チームの目標が予選突破をして、日本記録を更新することなのでそこに向けて頑張りたいと思います」

実現できそうですか?

「みんなの息が合えば出せると飯島誠コーチにも言われているので、みんなを信頼して走りたいと思います」

鈴木生徒の役割は?

「2走という最初にペースを作らないと行けないポジションにいるので、しっかりそこで予定のラップタイムに持っていけるようにすることと、いつも後半が苦手なのでそこをラップタイムを落とさないように維持することをしたいと思います。

ジュニアから上がってきたばかりで、わからないことがたくさんあって、このような雰囲気もあまり慣れていないので、上野みなみさんとか塚越さくらさんにはすごく迷惑をかけてしまっているんですけど、頼らせてもらいながら頑張りたいと思います」

 

加瀬選手

20151029_DSC_4436.JPG

また強い選手と走れることが楽しみです。コロンビアでは初めて泊まるホテルで、食事も美味しくて生活面ではストレスフリーです。

このカリの吹き抜けドームバンクは独特だと思います。風が吹いてヒャアヒャア言っている人もいますが、坂本コーチに「風なんか気にしたことありません!」といったので、風に負けない走りで頑張ります」

※雨谷一樹選手と

 

石井選手

20151029_DSC_4411.JPG

「チームスプリントに関しては、自分の仕事をやらないとというかむしろそれだけなので、良いタイムで走れるように頑張ります。スプリントは本戦に上がれるようにとにかく予選を良いタイムで走りたいです」