Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

リオデジャネイロオリンピック出場権を懸けて最後のシーズンに突入!全力でまずは出場権を獲得を目指すガールズ選手!

2015/09/12

10月30日からUCIトラックサイクリングワールドカップ第1戦がスタートします。

リオデジャネイロオリンピックの出場権獲得に向け、いよいよ勝負駆けをするシーズンとなってきました。

日本女子短距離チームの現状は、まだ出場枠は確定していなく、今シーズンの成績によって確定します。

とにかく出場権を獲得しなければならないのが、チームスプリントです。

そのチームスプリントで出場権は獲れるのでしょうか?

 

昨シーズンまでのランキングは13(311ポイント)です。出場権を確実にものにするにはランキング9位までに入ってアジア地区の2位までに入らなけらばなりません。

9位は現在イギリス(467ポイント)です。

相当厳しい戦いですが、上位に食い込んで来れば、まだまだ可能性がある位置にいることは間違いありません。

また、チームスプリントで出場権を獲得すればケイリン、スプリントの出場権も各2枠が獲れます。

是非、日本女子チームには頑張ってほしいです。

 

そのワールドカップ第1戦に出場する選手を97日~11日、伊豆ベロドロームで行われた合宿までの結果をもって総合的に判断し、派遣する選手を決定するようです。

今回はその合宿の模様を取材してきました。

取材したのは910日、11日。

最終日には、色々な組み合わせでチームスプリントを行い、ベストタイムにチャレンジしていました。

この結果で選ばれるという事ではなく、今までの成績、合宿でのパフォーマンスを全て加味した上で、選考されます。

また選考の結果は、後ほど発表される予定です。

どのような組み合わせになっても、ベストパフォーマンスを出せるチームになってほしいと思います。

 

今回、ガールズ選手から合宿に参加したのは、加瀬加奈子、石井寛子、梶田舞、石井貴子の4選手でしたが、9日に梶田選手がアクシデントで帰郷し、最終日まで参加していた選手は3名でした。

20150911_DSC_4619.JPG
前田佳代乃、石井寛子ペアのチームスプリント

20150911_DSC_4626.JPG
2走を走る石井寛子

20150911_DSC_4682.JPG
石井貴子、加瀬加奈子ペアのチームスプリント

20150911_DSC_4692.JPG
2走を走る加瀬加奈子

 

その3選手に合宿の感想と意気込みを聞きました。

加瀬加奈子

20150911_DSC_1415.JPG

「疲れましたね。でも、まだまだですけど、少しずつダッシュはついてきていますね。中長距離の練習をしていたおかげで、本数や距離は乗れるので、負荷をかけて出し切る練習をすれば、もっと力はあがると思います。伸びシロは満点だと思います! 日本のレースでもスピードあるレースは出来るようになってきていますね」

 

石井寛子

20150911_DSC_1420.JPG

「(ワールドカップ第1戦の)最終選考だったんですけど、(合宿では)チームスプリントの3走しかさせてもらえなかったんですけど、その中でも得たものはたくさんあったと思います。8月の合宿では千切れたり、着き切れとかしていたけど、今回はつけました。踏み上げられはしなかったけど、皆との差は縮まっているので、次はもっといいと思います」

 

石井貴子

20150911_DSC_1430.JPG

8月、9月の合宿で(ワールドカップ第1戦のメンバーを)選ぶということだったんですけど、競走があって、合宿があってというのは当たり前のことなので、それを言い訳にしたくないし、言われないように、精一杯、11本出し切りました。チームスプリントの1走で起用されそうで、1走目の練習をしました。タイムも前よりも出るようになったし、前回、今回の合宿でもベストを出すことが出来て、アピール出来ることはやりきったかなと思います」

 

どのような選考になるのかまだわかりませんが、選ばれた方々は、本当に頑張ってください!

期待していますよ!