Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンin川崎ナイター 優勝は山原さくら!

2015/07/13

7月10日~12日ガールズケイリン川崎ナイターは、山原さくら選手が優勝を飾りました。
今のところ108期と走ったレースは負けなしと、108期キラーと言っても過言ではない近況の活躍ぶりです。

20150712_1.JPG
表彰式では、山原選手の九ちゃん耳をつける演出に場内は大盛り上がり。九ちゃん耳をつけて、でも、目は感激でウルウル、そのギャップが可愛かったですね。

残念ながら2着でしたが、自分の目指すレースを貫こうとした尾崎睦選手。その気持ちの強さや、この悔しさをバネに次はさらに強いレースを見せてくれそうな気がします。
また、島田優里選手の走りも注目が集まりました。今後のレースでは目が離せない存在なりそうですね。

絶好調・山原選手は7月21日~23日豊橋に出場予定。
108期は
尾崎選手は7月30日~8月1日の地元・平塚に出場予定。
島田選手は7月27日~29日の小倉に出場予定。こちらには同期・児玉碧衣選手や小林優香選手も出場します。
福田礼佳選手は7月24日~26日の立川に出場予定。
緊張いっぱいだったデビュー戦を経て、今回の経験を活かして、彼女たちどんなレースを見せてくれるか、期待したいですね!

 

●5レース・レースダイジェスト

20150712_5R1.JPG
最終ホーム
20150712_5R2.JPG
最終2コーナー
20150712_5R3.JPG
ゴール


●9レース決勝戦・レースダイジェスト

20150712_9R1.JPG
周回
20150712_9R2.JPG
残り2周
20150712_9R3.JPG
打鐘
20150712_9R4.JPG
最終ホーム
20150712_9R5.JPG
最終バック
20150712_9R6.JPG
ゴール

 

7月12日川崎ナイター最終日

■5レース

1着の青木美優
20150712_5Raoki.JPG
「1番人気だったし、1着取れてよかったです。最終日になると自信があるけど、予選に余裕がないですね。今回ももうちょっとで乗れなくて、前回の函館もそうだったので…、決勝で強い人たちと走ることによって自分もレベルアップしていくと思うので、次こそは頑張りたいと思います。次は中3日で青森なんですけど、(梶田)舞さんがいるので、胸を借りるつもりで、決勝に乗れるように頑張りたいです。常に上を目指していきます!」

2着の三宅愛梨
20150712_5Rmiyake.JPG
「悔しいーです。脚が重たかったですね。しょうがないけど、差されたのは悔しいです。あれを差されないように、また練習します」

5着の福田礼佳
20150712_5Rfukuda.JPG
「3日間全部、自分の思うようなレースが出来てないので、悔しいです。最終日は最終2コーナーで行くって決めていたけど、後ろから来ちゃったりとか、あとインに入ってしまったのもダメでした。やはり先輩たちは強いです。負けたこともことも悔しいけど、力を出し切れなかったことが悔しいです…。学校の卒期や第2回トーナメントを見て、私に期待してくれているファンの方もいると思うので申し訳ないですね。また(梶田)舞さんに練習を見てもらって、次からはあんなレースはしないように頑張りたいと思います」

 

■9レース 決勝

優勝の山原さくら
20150712_9Ryamahara.JPG
「奇跡です(笑)。尾崎さんはナンバー1だし、ちょっと先行では通用しないだろうと思っていたので捲りが追い込みと思っていたけど、でも、尾崎さんがS取って自分は4番手だったので、ちょっと遠いし、一か八かで行ってしまえと思って、行きました。松戸で108期2位、3位と戦ってきて、流れでナンバー1と対戦で難しいだろうなと思ったけど、優勝出来て、もう自分でびっくりしています。応援もすごかったので、それも力になりました。年末のガールズグランプリに出れるように、優勝回数を増やしていきたいと思います! 今年もドレスを着るために頑張ります(笑)」

2着の尾崎睦
20150712_9Rozaki.JPG
「……悔しいですね。決勝は、勝ちにこだわっていれば、4コーナーから行っていれば優勝もあったかと結果論では思いますけど、でも、それは自分の目指す勝ち方ではないので、まだ力不足でした。山原さんはあそこで来ると思っていたけど、突っ張り切れないのが、今の自分の実力だと思います。意地になって、変なところで抜きにいってしまいました。ここで先行出来なかったら、きっと大きな舞台でも先行出来ないと思うし、通用しないと思うので、自分の目指すところを見ていったけど、まだまだ力が足りなかったということです。もっとダッシュ力をつけるように、師匠と話して、また練習してきたいと思います。次の地元ではもっといいレースを見せられるように頑張ります!」

3着の篠崎新純
20150712_9Rshinozaki.JPG
「勝ちにこだわったんですけど、それが裏目に出ました。もっとガツンと先行するのかなと思ったけどちょっと違ったので、内に包まれてしまって、力が出せずに終わったのは本当に悔しいけど、でも、自分でこだわった結果だと思うのでしょうがないです。山原が強かったです。悔しいので、また出直してきます」

4着の山路藍
「ダメだって分かっているのに、まだ自分の脚が無いから、どうしても人に頼ってしまって…。もっと並走で粘れる力があれば良いですけど、うまくはまらなかったです。(108期との対戦は)みなさんすごく落ち着いていて、『あれ?前にも一緒に走ったっけ?』と思うくらい。てんぱってガタガタしていた自分のときとは全然違いましたね(苦笑)。もっと自力をつけられるように練習してまた頑張ります!」

5着の明珍裕子
「内枠で良い位置が取れましたけど、ずっと並走で。ああいうところが自分の勝負所でしたが、今日はいつもより前々に踏めた気がしたので、そこは自分の中で変わってきているのかなと思っています。あとは最後に1車でも前を拾えていけば、点数も脚も上がっていくのかなと思います。今回はギリギリでしたけど久々に連続で決勝に上がれて収穫もあったので、これを次につなげていきたいと思います」

7着の島田優里
20150712_9Rshimada.JPG
「決勝戦は全然ダメでした、脚力不足です。タテの脚をもっと磨いてこないといけないですね。課題が見つかったので、それを目標に、また練習したいと思います」

 

 

最終日 フォト アラカルト

20150712_A.JPG
レース後、グッと唇をかみ締めながら戻ってきた尾崎選手


20150712_B.JPG
表彰式後、検車場に戻ってくる途中、感情がこみ上げてきた山原選手




20150712_C.JPG
田中麻衣美選手 藍野美穂選手

20150712_D.JPG
三宅選手 島田選手


フェイスブックで好評だったカメラマン三宅愛梨先生、最終日のモデルは青木選手。
20150712_E.JPG

20150712_F.JPG
同じような写真に見える方、甘いですよ。ちゃんと背景を変えて撮るという丁寧な仕事ぶりでした。
20150712_G.JPG
撮影中の三宅先生(笑)