Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

第84回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース1日目レポート

2015/04/12

2015年4月11日、伊豆ベロドロームにおいて第84回全日本自転車競技選手権大会トラック・レースの第1日が行われました。

この大会は各種目において、日本一を決める大会です。

国内最高峰のトラック競技大会なのです。

優勝すれば、日本チャンピオンの称号が得られるわけですね。

 

この大会にガールズケイリンの選手たちがエントリーして日本一を目指しました。そのレポートをお送りします。

 

その第1日目には、3km個人追い抜きに加瀬加奈子。500mタイムトライアルに小坂知子、小林莉子、小林優香、梶田舞。チームスプリントには石井寛子、小林優香ペア、小坂知子、小林莉子ペア。ケイリンには加瀬加奈子、中川諒子、石井寛子、石井貴子、小林優香が出場しました。

また、110回生で競輪学校に入学する鈴木奈央も出場しました。鈴木は3km個人追い抜きに出場しました。

 

結果は!
3km個人追い抜きに出場した加瀬が3位、鈴木が5位。500mTTは優勝が梶田舞、2位小林優香、3位小坂知子。チームスプリントは石井、小林ペアが優勝。ケイリンは石井貴子が優勝、2位加瀬加奈子、3位小林優香となりました。

 

第1日目では石井、小林ペアのチームスプリント、500mタイムトライアルでは梶田舞、石井貴子がケイリンで日本一に輝きました!

ガールズ選手から3人の日本チャンピオン誕生というわけです。

 

ではレースを振り返ってみましょう。

まず3km個人追い抜き。

日本新記録を目指すと前日のインタビューで応えてくれた加瀬でしたが、予選でなんと1番時計は、ジュニアチャンピオンの梶原悠未の3分44秒286! 2位が上野みなみ3分45秒335、3位加瀬加奈子3分47秒699、4位塚越さくら3分49秒415、5位に鈴木奈央3分51秒870という結果。

1−2位決勝に梶原と上野、3−4位決勝に加瀬、塚越が進出し、1−2決勝ではさすがに世界の貫禄を見せた上野が優勝、梶原が2位、そして3位に加瀬という結果となりました。

20150411_DSC_0600.JPG
加瀬加奈子

20150411_DSC_6110.JPG
鈴木奈央

20150411_DSC_0827.JPG
表彰 1位上野みなみ 2位梶原悠未 3位加瀬加奈子

500mタイムトライアルでは、競技初めての梶田が36秒992で優勝。2位小林優香37秒039、3位小坂知子37秒704、6位小林莉子38秒811という結果でした。

20150411_DSC_6900.JPG
梶田舞

20150411_DSC_6880.JPG
小林優香

20150411_DSC_6845.JPG
小坂知子

20150411_DSC_6824.JPGのサムネイル画像
小林莉子

20150411_DSC_0515.JPG
表彰
 1位梶田舞 2位小林優香 3位小坂知子

梶田舞
「まだ250mバンクにも慣れてないですし、500mタイムトライアルも初めて出たので、直す点とか課題がたくさん見つかったので、まだまだこれから伸びるという可能性を感じられたレースでした。

 

チームスプリントは石井寛子、小林優香ペアが35秒906で優勝。小坂知子、小林莉子ペアが37秒478で2位。

20150411_DSC_8097.JPG
石井寛子 小林優香

20150411_DSC_8081.JPG
小坂知子 小林莉子

20150411_DSC_0670.JPG
表彰
 1位小林優香 石井寛子

小林優香

「石井寛子さんと組んだのは合宿での1回だけで不安でしたけど、寛子さんのスピードに乗せてあとは自分が後について乗せるだけと思っていたので後は思いっきりートについて、あとは思い切ってできたと思います」

石井寛子

「ワールドカップ組とは別に、タイムを出したかったので二人で気合を入れたんですけど、小林さんに助けてもらいました」

 

ケイリンは前田佳代乃、加瀬加奈子、小林優香、石井寛子、中川諒子、石井貴子の6選手で1発決勝。しかし、前田がペーサーから離れて失格し、再発走となり5選手で再スタート。中川が先行し、石井貴子が捲って出て、押し切り優勝。2位はマークした加瀬、3位小林となりました。

20150411_DSC_8809.JPG
周回 みんな同じに見える。

20150411_DSC_8879.JPG
残り2周 先頭は中川、2番手石井貴子 3番手加瀬加奈子

20150411_DSC_8902.JPG
残り1周 先行する中川、捲って出る石井貴子

20150411_DSC_8924.JPG
ゴール

20150411_DSC_0901.JPG
表彰 1位石井貴子 2位加瀬加奈子 3位小林優香

石井貴子
「先シーズンから全日本選手権には参加させてもらっていて、今回の全日本選手権は先シーズンの全日本選手権よりも重要で、この種目で1着を取っておかないと、いざ出られるといったときに自分を選んでもらえないということが起きていたので、絶対に練習しようと思っていました。
世界との差は、天と地のような距離ですし、シーズン通してガールズケイリンと並行しながら、行儀をやるという厳しさも痛感しました。いうのは簡単でもやることは本当に難しいですが、ただ自分が決めた道とか夢とかは絶対に振らさないように今シーズンもやりたいと思います。

 

初日のガールズ選手の種目は以上でしたが、男子の種目、中距離女子種目も行われ、日本一が次々と決定していきました。

 

番外編

20150411_DSC_1023.JPG
銀メダル、銅メダルの二つ獲得した加瀬。

しかし…

金メダルほしいよーと記念写真
20150411_DSC_1028.JPG