Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンコレクション2015 京王閣ステージ 優勝は小林優香!

2015/03/21

ゴール前は接戦になりましたね。

差すのか残るのか?

見ごたえのあるガールズケイリンコレクション2015京王閣ステージとなりました。

そして残って1着、優勝に輝いたのは小林優香選手でした。

2着には石井貴子選手、3着に梶田舞選手となりました。

小林選手は、昨年末に行われたガールズグランプリ2014が3着と悔しい着位でしたが、これでリベンジを果たしたといっていいでしょう。

しかし、レース後のインタビューでは

「勇気がなかったです」とコメント。納得のいくレースではなさそうでした。

 

では、レースを振り返ってみましょう。

 

周回は先頭員以下、梶田舞、石井寛子、石井貴子、小林優香、山原さくら、奥井迪、加瀬加奈子。

残り2周で加瀬が上がるが、合わせて奥井も上昇開始。この奥井の後ろに小林が、さらにこの後ろに石井貴が追走し、その3車のまま先頭に出切って、最終ホームを通過。最終バック前から小林が捲って出るが、これを奥井が合わせ粘る。しかし4コーナーで小林が奥井を捉えた。ゴール前では石井貴子と良い勝負になったが、小林が先着し優勝を飾った。

20150321_DSC_0844.JPG
残り1周 先行する奥井、2番手に小林、3番手に石井貴子

20150321_DSC_0884.JPG
ゴール

20150321_DSC_4455.JPG
賞金ボードを掲げる小林

20150321_DSC_4470.JPG
九州の男子先輩選手たちによる胴上げ。

 

レース後のコメント

優勝の小林優香

20150321_1小林優香.JPG

「奥井さんの番手は作戦通りでした。グランプリの失敗を活かしてではないけど、あの位置を選びました。奥井さんも掛かっていたし、でも、反省として、もっと車間を空けていけば、もっとスピードが乗せられたと思うし、ゴール前はあんなにつめられなかったかなと反省が残ります。今年初の大きな舞台ということで、どのように臨もうかとも思ったけど、途中から勝ちにこだわったのがまだまだ成長できてないなと思います。もっと力をつけて、あとは自在性がないとガールズの競走を勝てていけないと思うので、先行力も自在性もつけていきたいと思います」

 

2着の石井貴子

20150321_2石井.JPG

「あれで勝てなかったのはダメですね。最後の追い込みは、追い込みはやってなかったので、難しかったです。うーん、頑張れば神様は微笑んでくれると思うし、今回は、神様が『お前にはまだ微笑めないよ』って言っているんだと思うので、また頑張りたいと思います」

 

3着の梶田舞

20150321_3梶田.JPG

「展開を読み間違えました。奥井さんの番手か、優香ちゃんの番手に入ればよかったです。だったら、もうバックで自分で行けばよかったです。迷い過ぎましたね、めっちゃくちゃ悔しいです」

 

4着の加瀬加奈子

20150321_4加瀬加奈子.JPG

「朝指定練習を走って重かったのでギアは下げました。誰よりも脚が重いので。しょうがないですね。当たっても大丈夫ように練習してきます」

 

5着の奥井迪

20150321_5奥井迪.JPG

「あぁ、ダメですね、力不足です…。最終バック取られたし、もっと粘ってレースを盛り上げていきたかったです。後ろは梶田さんだと思っていて、優香が入ったのはわかりませんでした。でも、自分の思ったところから行って、この結果なので、力不足としか言いようがないです。また先行力に磨きをかけて出直してきます。本当に悔しいです!」

 

6着の石井寛子

20150321_6石井.JPG

「今日はちょっとレースの中の俊敏さが欠けていました。うーん、切り替えが脳と身体が合ってなかったです。動けなかった人の負けです。ちょっと、最近は一発レースがうまくバチっとこないですね。」

 

7着の山原さくら

20150321_7山原.JPG

「今回はどこの位置でも落ち着いていきたいっていうのがあったんですけど、逃げても7着で落ち着いても7着で、大きい舞台で、たぶんこれが今の自分の脚の限界なので、これをどれだけ伸ばせるかが今年の勝負ですね」