Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ジャパントラックカップにガールズ選手が出場します!

2014/07/11

711日から13日まで、静岡県伊豆市にある伊豆ベロドロームで、トラック自転車競技国際大会「ジャパントラックカップ」が開催されます。
世界各国から有力選手が出場します。
そしてガールズケイリン選手も多数出場します。
リオデジャネイロオリンピックでメダルを獲るための第一歩!でもあります。

世界に挑むガールズ選手たちの活躍を是非観に、そして応援しにご来場ください!

ジャパントラックカップの詳細はこちら
JapanTrackCup HP


加瀬加奈子
「今回はケイリンとスプリントに出場します。スプリントはハロンでベストタイムを目指して、ケイリンは先行とかにこだわらず、色々やってみようかなと。(ガールズケイリンでは)最近、出足が悪くて、出切れずに終わってしまうようなレースもあるので、思い切り出てみてどうかとか、もしくは車間を取ってみて捲りが届くかどうかとか、試してみたいなと思っています。もちろん目標は優勝です。(結婚・出産明けで復帰したシモーナ・クルペクカイテ選手には)負けられませんね、そんな幸せな女には(笑)」

中川諒子
「最近オーストラリアの大会に行ったばかりなので、感覚はいいと思います。優勝と言ってしまうと一気にハードルがあがるので、一歩ずついつもよりはいい成績が収められるように頑張りたいと思います。クルペクカイテ選手とはこれまで対戦したことがないので、楽しみです。(加瀬選手の発言は)うーん、それはちょっと負け惜しみっぽくなってしまうので(笑)。加瀬さんよりは先にと思ってます(笑)」
20140710kasenakagawa.JPG
左から中川諒子、加瀬加奈子。日の丸を見つめる図。(演出加瀬加奈子)


石井寛子
「やっぱりケイリンではいい成績を収めたいなというのはあります。
クルペシカイテ選手や海外勢も強いので、挑戦するのが楽しみです。
高松と取手のガールズコレクションの時はかなり調子が悪かったんですけど、そのあと4日間しかなくて追いこんで練習したら、小倉は軽かったので、調子は上がってきていると思います。とにかくケイリンで頑張りたいですね」
20140710ishii.JPG



小林優香
「スプリントに関してはまだまだ経験不足なんですけど、しっかり自分なりに考えて思い切りやりたいと思います。
ケイリンはいつもやっているガールズケイリンとはちょっと違うと思うんですけど、自分らしく思い切った走りをして結果を残していきたいと思います。
(オーストラリアの国際大会では)結果は振るわなかったんですけど、でも世界ランク上位の人たちと戦うことができて、アドバイスも頂いてすごくいい経験になりましたし、また新たな課題もできたのですごくよかったです。
今回の大会でオーストラリアでの反省点を克服できればと思っています。ケイリンはやっぱり今後自分が一番目指していきたい種目ですし、表彰台を狙えるように頑張りたいと思います」
20140710kobayashi.JPG



石井貴子
「今大会は色々な選手が海外からもきているので、まず今の自分がどのくらいなのか力試しをしっかりとしたいなと思っています。
アジア選手権を走って、自分に一番足りないものは脚力、絶対的なパワーとスピードとタイム、そういうスペックが足りないというのがすごくよく分かりました。
そこを伸ばせるように競輪と競技とのバランスをちゃんと考えて、今回の大会にピークをぶつけられるようにトレーニングをしてきたつもりなので、あとはやるだけです。
明日(11日)はいつもよりギアを1枚上げていこうと思っています。ギアを踏めるようにパワー系の練習も入れてきたので、試してみようかなと思っています」
20140710takako.JPG

皆様のご声援お待ちしています!