Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンコレクション2014 取手ステージは中村由香里選手が優勝!

2014/06/29

ガールズケイリンコレクション取手ステージが29日(日)、取手競輪第9レースにおいて行われ、中村由香里選手が見事な差し切り勝ちを決め、コレクション2度目の優勝を飾りました。午前中は雨がパラついた取手バンクでしたが、午後には晴れ間も出て気温もグングンと上昇。さらに、レース間にはバンク内イベントとして、ガールズケイリンの新テーマソングのライブもあり、テンションもアゲアゲの中でのレースとなりました。バッチリ優勝を決めた中村選手、今年の目標である岸和田ガールズGPに向けて、今後も「日々進化」を続けていきそうです。

20140629_Ph1.JPG
ガールズコレクション2度目の優勝!中村由香里選手

 

■9レース・ガールズケイリンコレクション2014 取手ステージレースレポート

誘導以下、小林莉子、中川諒子、加瀬加奈子、中村由香里、石井寛子、梶田舞、山原さくらで周回。残り2周過ぎ1コーナーで梶田が上昇し、山原が続くが、打鐘で梶田に合わせるように中川が踏んで先頭に立つと、後位に小林が入る。最終ホームでは加瀬がスパートして主導権を握ると、これに中村が続き、3番手には中川で、石井は5番手に置かれる。後続の仕掛け無く最終バックも通過、そのままの態勢で直線に向くと、逃げ粘る加瀬を中村が捕えて優勝。2着に加瀬、3着に中川が入線した。

20140629_1スタート.JPG
スタート

20140629_2周回.JPG
周回中

20140629_3残り2周.JPG
残り2周

20140629_4打鐘.JPG
打鐘

20140629_5最終ホーム.JPG
残り1周

20140629_6最終バック.JPG
最終バック

20140629_7ゴール.JPG
ゴール

 

優勝の中村由香里
20140629_表彰式.JPG
「どこの位置になろうと、周りの動きを見ながら落ち着いて走ろうと思っていました。加瀬ちゃんのスピードが速かったので、そこに乗っていく方がいいかなと。もし梶田さんの方が速ければ、そこに切り替えますし、どこでも対応できるようにしていました。最後は、加瀬ちゃんも4コーナーから踏みなおしていたので、その上をさらにいくのがきつかったです。3月の名古屋(コレクション)では自分で仕掛けて7着だったので、自分の力が足りなさすぎでしたし、この取手に向けての3カ月は新しいトレーニングを試していました。今までやっていたバンク練習とウエイトでの最大筋力アップに加えて、体の使い方も勉強しに行きました。自分のモットーは『日々成長』。同じ練習では成長しないし、先輩選手にアドバイスをもらってやっていきました。自転車はめちゃめちゃ深いです。3年目になって(1日が)24時間では足りなくなっています。でも面白いですね。今年の目標は岸和田ガールズグランプリなので、そのためにも目の前の一戦一戦をしっかりと走っていきたいと思います」

2着の加瀬加奈子
20140629_kase.JPG
「中途半端に仕掛けるよりは、梶田(舞)がくる前にいこうと思っていました。逃げ切れたら最高でしたけど。由香里の(位置の)取り方がうまかったみたいですね。もう一枚、ギアをかけても良かったかなと思います。風は良い感じに止まっていたし、オバサンでもやれるんだというところは見せられたと思いますが、進化は全然していないですね(苦笑)。でも先行して連に絡めるうちは先行していこうと思います」


3着の中川諒子
20140629_nakagawa.JPG
「最初は2番手で、莉子は先行しないと思ったし、誰か来たら、まずは自分から切ろうと思って車間も切っていました。そこまでは良かったんですけどね。加瀬さんの番手に飛び付ければ良かったんですけど、3番手になってしまって。バックでペースが緩んだので、もう一回車間を切って仕掛けていこうかどうか考えましたが、前が中村さんだったので、合わせられてしまうかなと思ってグズグズしてしまったのが…。展開も状態も良かったんですけどね。3着に入れたのはいつもより良いですが、もっと欲を出していきたいです」


4着の小林莉子
20140629_kobayasi.JPG
「スタートは狙っていました。そこからいつも通り組み立てようと、ホームまでは先頭を確保していましたが、今回の反省は他力本願なレースをしてしまったこと。ここ最近は守りに入ったレースが多かったので、これを機にしっかり練習して自分で動ける選手になろうと思っています。自力もなければ他力もないし、そこは自分が忘れていたところ。ここに出られたことは大きいし、優勝はできなかったけど、自分の中では良い刺激をもらえました。デビューしたころの気持ちを思い出して練習するしかないです。次の名古屋には小林優香ちゃんがいるので、しっかり対抗できるように頑張ります」


5着の石井寛子
20140629_isii.JPG
「何だか最近の自分を表しているようなレースになってしまいましたね…。実力だと思います。ホームまでは展開通りで、前に強いメンバーがいたので、そこに付いていければと思っていたんですけどね。まず梶田さんが行って、加瀬さんが行ったらチャンスがあると思っていたら、みんなが内にいきましたよね。それで終始5番手で終了してしまいました。練習不足ですね。また頑張ります」


6着の山原さくら
20140629_yamahara.JPG
「結果的には梶田さんの上をいかないといけませんでしたね。そのために練習してきたのに、何のために練習してきたんだろうと。仕掛ける気はあったのに、いけなかったことがすごく悔しいです。梶田さんがもうちょっと上がっていくのかなと思っていて、人任せにしてしまいました。名古屋ではホームから仕掛けて残れなかったので、あそこからいってもただ行くだけになってしまうと思ってしまって…悔しいの一言です。脚以前に、位置取りも悪いし、また振り出しに戻ってしまった気がします。6着は前回と同じですね…。ぜでも練習するしかないですし、メンタルをもっと鍛えます」


7着の梶田舞
20140629_kajita.JPG
「先行するつもりだったので、上がっていきましたが、中途半端にただ浮いただけになってしまいました。もっと思い切りいかないとダメですね。内からも外からも来てしまって、自分の力を出せずに、すごく悔しいです。何しているかよく分からない感じになって、調子も良かったのにもったいなかったです。サマーナイトでは優勝したいですね」