Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンin岸和田 小林優香が2日目も快勝!!!

2014/05/17

岸和田ガールズケイリンは5月17日(金)、2日目を迎えました。今開催注目の106期在校1位・小林優香選手はガールズ予選2でも、その強さを発揮! 2着を8車身差引き離す圧勝劇を見せました。危なげないレース運びで連勝を決め、最終日・ガールズ決勝に駒を進めた小林選手。西武園の石井貴子選手に続く、106期のデビュー節連続完全優勝はなるのでしょうか。最終日の岸和田ガールズケイリンは、9レースにガールズ一般(14時47分発走)が、11レースにガールズ決勝(16時02分発走)が行われます。

PH1.JPG
2日目も圧勝劇をみせた小林優香選手

PH2.JPG
「小林オッズ」が出来上がりつつある


レースレポート

◆6R(ガールズ予選2)
周回は誘導以下、青木美優、梶田舞、山本レナ、門脇真由美、増茂るるこ、浦部郁里、井上玲美。そのままの隊列で打鐘を迎え、まず門脇が仕掛けていくが、梶田も合わせるように踏んでいく。梶田と門脇の主導権争いとなり、門脇を追走した増茂が最終2コーナーからまくりを打って抜け出し、そのまま1着。増茂を追った浦部が2着、梶田が3着に粘った。

6r_スタート.JPG
スタート

6r_周回.JPG
周回

6r_赤板.JPG
残り2周

6r_打鐘.JPG
打鐘

6r_最終ホーム.JPG
最終ホーム

6r_最終バック.JPG
最終バック

6r_ゴール.JPG
ゴール


◆ダッグアウトより
●1着の増茂るるこ選手
6R_mashimo.JPG
「なんとか1着を取れて良かったです。どうしても小林優香ともう1回、戦いたかったので、そのためには決勝に上がらないといけないと思っていました。門脇(真由美)さんが(仕掛けて)いかなかったら、私がいったと思います。外並走でどこまで粘れるかの勝負でした。門脇さんが動いてくれて、強い2人が前でモガキ合ってくれて、自分は仕掛けやすかったです。門脇さんは外並走に強いのは分かっているので、垂れないだろうからその上をいくしかないと。脚はバッチリで、軽く感じました。決勝も展開をうまく作っていきたいですね」
→最終日・決勝11レース2番車「(小林優香は)強かったので、チャレンジャー精神で食らいついていきたいです。中団を狙って自力ですね」

●2着の浦部郁里選手
6r_urabe.JPG
「並びを見たら、門脇(真由美)、増茂(るるこ)、浦部だったので、これはもう門脇さんがいって、増茂の2段駆けみたいになるのかなと思ったので動きませんでした。前が別の子だったら、一回切りにいこうと思っていたんですけどね。作戦通り、後ろでしたが良い位置が取れました。でも、増茂に離れてしまったのが…。もうちょっとうまく付いていけたら良かったですけど、見栄えが悪かったですね。考えつつ、決勝もまた頑張ります」
→最終日・決勝11レース6番車「位置にはこだわらず、流れを見ていきます」

●3着の梶田舞選手
6r_kajita.JPG
「きつかったです…。脚が動かないですね。でも明日に繋がるレースをしようと思っていました。奈良のときに比べても全然違いますが、昨日よりかは脚が軽かったです。決勝はまた頑張りたいと思います。(決勝メンバー確定後)私だけはまだ小林(優香)さんと勝負していないので。見ているだけで力の違いや、本当に強いのは分かりますが、自力で頑張りたいと思います」
→最終日・決勝11レース5番車「自力で頑張ります」

●4着の門脇真由美選手
「今日の組み立ては、昨日は包まれてしまったので、早めに動いていったんですけどね。私が梶田(舞)の位置にいたとしても、あそこでは同じように出させなかったと思いますし…」
→最終日・一般9レース1番車「流れを見て、臨機応変に」

●5着の山本レナ選手
6r_yamamoto.JPG
「今日は切り替えが遅かったなと思いました。はじめの位置取りは良いと思ったんですけど、前が駆けたときに一歩遅れたのと、最後のバックで切り替えが遅かったです。もう外しかないなと思ったのが、ちょっと遅かったです」
→最終日・一般9レース3番車「メンバー的には自力でいけなくもなさそうなので、いけたら自力で。3番車なので前の方にいられたいいかなと思います」

●6着の青木美優選手
6r_aoki.JPG
「スタートは取れました。そのあとも(梶田)舞さんの後ろに飛び付けたので良い位置だなと思ったんですけど、せっかく前に出たのに舞さんに頼りすぎてしまって内に入って出られませんでした。まだレース運びや選手の一人一人の特徴も分かっていないですね。これから走っていく中で、勉強していきたいと思います。(メンバー確定後)最終日は、同期が3人いるので、同期にはちょっと負けたくないですね。この間の奈良みたいに思い切りいって、悔いの残らないようにしたいと思います」
→最終日・一般9レース2番車「2番車なのでスタートを取りたいですね。流れを見て、自力でいけたらいきたいです」

●7着の井上玲美選手
「前に出るのが遅れてしまって、最後に行く場所が無かったです。最終日は考えていきたいですね」
→最終日・一般9レース5番車「取れた位置から展開を見て頑張りたいと思います」


◆7R(ガールズ予選2)
周回は誘導以下、金田洋世、飯塚朋子、高松美代子、田中まい、小林優香、山口菜津子、渡辺ゆかり。打鐘で高松が動いて金田に並びかけるも、4コーナーから田中まいと小林が仕掛けていく。小林は田中を叩いて先行態勢に入り、小林を追った渡辺が2番手、3番手以降は田中、山口が続いていく。小林はグングンと加速していき後続との差を広げていき、8車身差をつけて連勝ゴール。渡辺は一杯となり4着に終わり、直線で田中が交わして2着、山口が3着に入線した。

7r_スタート.JPG
スタート

7r_周回.JPG
周回

7r_赤板.JPG
残り2周

7r_打鐘.JPG
打鐘

7r_最終ホーム.JPG
最終ホーム

7r_最終バック.JPG
最終バック

7r_ゴール.JPG
ゴール


◆ダッグアウトより
●1着の小林優香選手
7r_kobayasi.JPG
「今日は50点ですね。残りの50点は、並走になったときに、もっと一気にいける力がまだまだ足りないと思うし、そのあとの踏み直しもですね。昨日よりも簡単ではないレースでした。打鐘前から前の選手が見ているのも分かったし、ここで止まっていても自分の流れではいけないと思っていました。1コーナー過ぎて後ろを確認したら、少しタイヤが見えたので、このままではダメだと思って踏みました。思い切りいけたのは良かったと思います。一戦目と違い流れも覚えてきたので、その流れを逆算してレースに臨むことができましたね。(同期・石井貴子の優勝は)レースは見られませんでしたが、結果だけ教えてもらいました。ずっと仲間でしたし、良い刺激になりますので、自分も頑張っていきたいと思います。同じ目標を持っていますしね」
→最終日・決勝11レース7番車「決勝も積極的な競走を心がけたいと思います」

●2着の田中まい選手
7r_tanaka.JPG
「今回はホームも、バックも取れていないですね。金田(洋世)さんもダッシュがあるので警戒していました。連に絡めたのは良かったです。本当はバックで仕掛けたくて仕方が無かったです。でも、そこは我慢して、まずはお客さんの車券に貢献しようと思いました。もっと練習しないとですね!今回はまた良い刺激がありましたし、自分もまだ2年目。ここでへこまずに、まだまだ思い切ったレースを心がけていきたいと思います。決勝は思い切りいきたいです」
→最終日・決勝11レース3番車「取れた位置から自力で頑張ります」

●3着の山口菜津子選手
7r_yamaguti.JPG
「位置取りは6番車(小林優香)の後ろだったんですけど、2番車(田中まい)か6番の近くにはいたかったので。6番車がスッと前に出ていったので、このままいっても終わりかなと。そこで2番車の後ろがあいていたので、早く付き直さないと外に浮いてしまう、これは早く切り替えようと思いました。それが良かったんじゃないかなと思います。外にもいたので、ちょっと怖かったですけどね。(感触は)悪くないです」
→最終日・決勝11レース4番車「取れた位置から何でもしようと思います」

●4着の渡辺ゆかり選手
「弱いだけでしたね。あの状態だったら、もうちょっと並びかける感じでいくとかしないと。もつれたところで内側を意識しすぎていました。相手が強いのは分かっていましたが、自分の弱さが引き立ってしまったレースでした…。決勝はギアを3.71に上げました。これがどうでるか分からないですが、一発狙って。スカッとしたいですね」
→最終日・決勝11レース1番車「内枠を活かして、前からの組み立てで」

●5着の飯塚朋子選手
「前の動きがよく分からずに、どっちが前を取るんだろうと迷ってしまったのと、高松(美代子)さんが来たときに、すぐその上を叩いていれば、3番車の位置は取れたはずなので、その判断でした。緩んだら叩こうと思っていたんですけどね。感触は昨日よりも良かったです。最終日はここというところで、早め早めに動きたいですね」
→最終日・一般9レース4番車「スタートで中団よりは前にいたいですね。そこから前々です」

●6着の金田洋世選手
7r_kaneda.JPG
「何もできずに終わってしまいました。スタートは狙っていて、そこはうまくいきました。人生2回目のスタートでしたね。ただ、レースの展開を読めずに何もできず、すみませんという感じです。(小林優香の仕掛けに)飛び付こうつこうと思っていたんですけど、高松(美代子)さんが上がってきたので、そこに気を取られていました。一度入れてしまえば良かったです。一緒に内々になってしまって…。これも勉強ですね。悔しいです」
→最終日・一般9レース7番車「前に前に進めて、頑張って積極的に最後まで頑張ります。2日目は積極策ができなかったので」

●7着の高松美代子選手
「行くなら行く、ちょっと中途半端になってしまいましたね。それに反応も遅かったです。早めにいこうと思っていたのに、遅いです。初日に反省したんですけどね。前に出て飛びつく、これを繰り返して脚が付いていくんでしょうけど…。何もしないで終わるよりかはいいかなと思っていますが、7着7着では点数も落ちるし、へこんでしまいます。最終日は確実に着が取れるように走りたいと思います」
→最終日・一般9レース6番車「ギアはそのままか、考えていきます。前々に」