Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンin西武園最終日 106期最初の優勝は石井貴子!

2014/05/16

強い!の一言ですよね!完全優勝ですしかも。積極的に走って3連勝です!
これで相当ガールズケイリンも変わってくると思いますよ!
石井貴子に勝利の独走を許すのか、それとも阻止してくるのか?
これから石井選手には注目していきたいですね。
石井選手は、カザフスタンで行われるアジア選手権大会に参加するために17日に出国します。現在、アジアでは中国が女子の絶対王者として君臨しています。出来れば今回のアジア選でこれを切り崩してほしいですね。
日本から応援しましょう!
リオデジャネイロオリンピックでガールズ選手がメダルを獲る一歩と信じて!
20140516_seib_11R_WIN.JPG

10レースガールズ決勝
残り2周、後方から奈良岡彩子が上がるとこれを追走して石井貴子も上がる。打鐘で奈良岡が前に出るが踏まず、この時小林莉子に高橋梨香が差し込んで落車。集団はペースは上がらないまま最終ホームへ。これを見た山原さくらが一気にかまして出るが、石井が冷静に対処し、すかさず追走から捲って出てそのままゴール3連勝で初優勝を飾った。2位は石井の後ろに入った山原。ゴール前に詰め寄ったが届かず。3位には奈良岡が入線した。
20140516_seib_11R_start.JPG
スタート

20140516_seib_11R_syukai.JPG
周回
 
 
20140516_seib_11R_akaita.JPG
残り2周
 
 
20140516_seib_11R_jyan.JPG
打鐘
 
20140516_seib_11R_jyan2c.JPG
打鐘過ぎ3コーナー
 
20140516_seib_11R_home.JPG
残り1周
 
20140516_seib_11R_back.JPG
最終バック
 
20140516_seib_11R_goal.JPG
ゴール
 
 
■10R
1着の石井貴子
20140516_seib_11R1ishii.JPG
「地元の松戸で行われるサマーナイトフェスティバルに出るためには、今回、優勝するしかなかったので、優勝できてよかったです。今後、もっと追い込まれることは多くなると思うし、今回、追い込まれた状況で結果を残せたのは自信になりました。ホームからは自分行くっていう心構えをした中で、山原さんが行って、つかずに捲っていくっていう動きにつながって、そういう考えで走れました。明日からアジア選のためカザフに行って、そこで表彰台を乗れるように頑張りたいです。その後、富山があるので、そこでも期待してくれると思うので、しっかり頑張らなきゃです! 卒記、デビュー戦と完全優勝を飾ることができ、ちょっとでも明るい話題を提供できていたら嬉しいです。今後、もっともっと活躍して、ファンの皆さんに喜んでもらえるように頑張りたいと思うので、応援よろしくお願いします」
 
2着の山原さくら
20140516_seib_11R2yamahara.JPG
「落車があったので何とも言えないですね…。走り慣れて落車するのと、デビュー戦で落車するのでは違うだろうし、それを思うと…ちょっと悲しいレースになりました。自分の今のコンディションで、久しぶりに3日間逃げれたし、バックでぶっ千切られるかなと思ったけど、最後は少し追い込めたし、今の調子では踏めたかなと思います。あそこで差し返せる脚を作らないといけないですね。(石井さんとの対戦は)男子選手と走ったような感じで、また、練習への刺激になりましたし、頑張ろうと思います!」
 
3着の奈良岡彩子
20140516_seib_11R3naraoka.JPG
「あの位置にいてもよかったんですけど、先輩にアドバイスもらったので、動こうと思って先に動きました。思い切って行って3着なんで。打鐘でできるだけ脚を使わないでって思っているところがあったけど、でも、あそこをもっとスピード乗せられたら、飛びつきももっと楽にできたかなと反省はあります。次は全プロに行って、伊東です。たくさん走れる方がいいかなって思って、頑張ります」
 
4着の三輪梓乃
「勝負どころで口が空いてしまうので、そこがいつも課題ですね…。次は、全プロに出て、中3日で伊東なんで、つまっていますが頑張ります」
 
5着の藤原亜衣里
「前の落車はよく見えていたんですけど、それを見ていたら最後尾になってしまいました。それがちょっとダメでしたね。また、次頑張ります」
 
6着の小林莉子
「打鐘でアクシデントで勝負が終わってしまって悔しい気持ちと、でも、自分の自転車が傾いていたんですけど、何とか落車を堪えられてよかったです。でも、落車があったのは残念でした…。ケガを直すことをまず第一に考えて、次の名古屋に向けてしっかり頑張りたいと思います」
 
 
5Rガールズ一般戦
打鐘過ぎ宮安利紗の先行を追走した飯田よしのが最終2コーナーから捲って出てそのままゴール。2着はこれを追走した田中麻衣美、3着に岡村育子が入った。
20140516_seib_5R_goal.JPG
ゴール
 
■5R
1着の飯田よしの
20140516_seib_5R1iida.JPG
「後ろは見えてなくて、自分で2コーナーから行こうと思いました。昨日、一昨日が散々で凹んでいたんですけど、最終日に地元で1着取れて本当に嬉しいです! 運のおかげです(笑)。次は決勝を目指して、そして、優勝を目標に頑張ります!」
 
2着の田中麻衣美
20140516_seib_5R2tanaka.JPG
「3コーナーまでには前にいなきゃいけないと思ったんで。ここのバンクは捲りのきかない、難しいバンクなんで。最近、外々を踏むようにしていて、それと、自力を出そうと思って走っています。で、(飯田さんに)けっこういいタイミングで連れていってもらいました。
判断はよかったかもしれないけど、あとは捲れる脚をつくるだけですね。やっとちょっとずつ戻ってきている感じます」
 
3着の岡村育子
20140516_seib_5R3okamura.JPG
「最低限、目標の確定板には乗れましたけど。飯田さんと一緒に練習してきたので、脚力もわかっているし、一般戦では一番脚があるのはわかっていたんですけど、最後、もう少し判断が…。行けばよかったです。でも、行けばよかったよりも、やってダメなことを増やさないといけないですね。レース展開は思った通りなんですけど、ちょっと臆病なところがあるので、もう少しいい方向に変えていかなきゃですね。最後は田中さんを交わして、西武園クラブでワンツー決めたかったですね」
 
先行して6着の宮安利紗
20140516_seib_5R6miyayasu.JPG
「(捲られて)その後の田中さんや岡村さんについていく脚がもうなかったのに自分でびっくりしました。調子の合わせ方と3日間の最終日って疲れるんだなって知りました。練習でたくさん走るのと、実際のレースでは体力の消耗が違うんだなってわかりました。わからないことは、人にたくさん聞いて、次に修正していきたいと思います。今開催の結果を怖がらずに、自分で行くレースをこれからも心がけたいと思います」