Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

106期続々デビュー第2弾!明日から奈良でガールズケイリンスタート!

2014/05/08

59日(金)からの奈良シリーズで、ガールズ3期生が4名デビューを飾ります。検車から指定練習、そして記者からの囲み取材にVTR撮りなど、緊張した面持ちで初めての競輪場での流れをこなしていました。4名とも向日町ですでにデビューを果たした同期生のレースをもちろんチェックしており、かなり刺激になっているようでしたね。今開催は石井寛子選手や、梶田舞選手、篠崎新純選手らが優勝候補と目されている中で、在校2位の高木真備選手を筆頭に4選手がデビュー戦でどういった走りを見せてくれるのか。9日からの3日間、奈良333バンクにご注目ください! ガールズは6レース1304分(締切1259)7レースは1336分(締切1331)に発走です(発走及び締切は予定時刻です)。

20140509_Nara_1.JPG
選手として初めての検車場

20140509_Nara_2.JPG
ガールズの指定練習

20140509_Nara_3.JPG
場内ステージでは選手紹介が行われた

20140509_Nara_4.JPG
元テコンドー選手の山路藍のパフォーマンス!

 

奈良ガールズ(初日)

6R 発走予定時刻1304

1番車・篠崎新純(千葉・102期)
20140509_Nara_6r_1_sinozaki.JPG
「呼んでいただいて、すごく光栄ですね。ガールズグランプリを目指して、地道にやっていくしかないです。上の選手と比べると、まだまだ劣る部分があると思うし、どの位置でもいける脚があれば関係ないと思うので、そこを極めていきたいです。(高木真備は)すごく強いと聞きました。私も新人の気持ちになって頑張りたいです。333は好きなので、良いと思います。初日は1番車ですね、前々で積極的にいきたいです」

2番車・後閑百合亜(東京・102期)
20140509_Nara_6r_2_gokan.JPG
「(調子は)普通ですね。前回からここまでは、普段と変わらずに普通に練習してきました。次も333バンクなので、4場所連続333バンクなんですよね。直線が短いのが…。今回はフレームを変えました。メーカーは一緒ですが、サイズも小さくして新型にしました。レースでは初めて乗るので、まだ何とも言えないですが、前々で頑張ります」


3番車・高木真備(東京・106期)
20140509_Nara_6r_3_takagi.JPG
「入学する前から早くデビューしたいと思っていたので、ようやくという感じですね。(卒業後は)毎日、京王閣に行って、練習させてもらってという感じでした。課題はまだまだいっぱいありますけど、それを克服できるように意識しつつ、踏み出しが良いのが長所なので、その長所を伸ばすことにも取り組んできました。京王閣には寛子さんも、中村(由香里)さんも、(石井)貴子さんも、みんないるので一緒のときは練習して、私は学ぶことばかりです。(指定練習で奈良を走って)めちゃくちゃ直線が短くて、びっくりしました。京王閣の400でずっと練習してきたし、久しぶりの333だったので、よけいに短く感じました。(初日は)いけるところから思い切って迷わずに出ていけたらいいかなと思います。(向日町のデビュー組は)めちゃくちゃこっちが緊張しましたが(笑)、みんなが頑張っている姿が見られたので、これに続いて私も頑張りたいと思いました。賞金女王は遠い目標として、まずは1勝、次に優勝と、不器用なので一個ずつ達成していきたいと思います」

4番車・関口美穂(埼玉・102期)
20140509_Nara_6r_4_sekiguti.JPG
「厄年マックスですね(苦笑)。(前走後は)胃腸炎になって、まずは治してという感じでした。奈良はけっこう前に走りましたが、直線が短いし、最終バックでは前にいないと厳しいですね。333自体が久しぶりなんです。ホームバンクも、今は大宮で練習しているので500バンクですし、まずは333の感覚を掴みたいと思います。4番車なので、取れた位置からいきます」


5番車・猪頭香緒里(岡山・104期)
20140509_Nara_6r_5_ito.JPG
「前回はミッドナイトで、中3日でした。調整はしてきましたが、あとは333が久しぶりなので、しっかりと自分からも動けるようにしていきたいです。過去に1着を取ったのは3回のうち2回が333バンクなので嫌いではないと思います。奈良は初めてで、他の333とは違うと聞いていたので、(指定練習で)走ってみて。それから自分で前にいこうかなと思います」


6番車・山路藍(京都・106期)
20140509_Nara_6r_6_yamaji.JPG
「もう緊張しています×3。アワアワして、地に足がついていない感じですね(笑)。(卒業後は)師匠(川村晃司)に教えてもらって、頑張ってきました。帰ってから2週間くらいはバンクが使えなかったので、ずっと街道でアマチュアの男子の後ろに付いて走って、それからバンクに入ってモガいてきました。まずは気持ちを落ち着かせて、リラックスして楽しめるくらいになりたいと思います。(向日町のデビュー組は)自分が出ていないのに、見ていてガタガタしてしまいました(笑)。(長澤)彩ちゃんがすごく格好良かったので、私もあやかりたいですね。スタートはあまり気にせずに、気持ちでは、いけるところからどんどんいきたいと思っています。」


7番車・手柴敦子(熊本・104期)
20140509_Nara_6r_7_tesiba.JPG
「前々を狙って、スタートいきたいと思います。篠崎さんがスタートを取ってくるだろうし強いですし、3期生も向日町を見ていたら強かったのでドキドキしていますけど、うまく走らないといけないですね。最近は流れがあまり向いていないです。脚があればいいんですけど、まだまだ力不足なので。奈良は2回目、前にいないと終わるイメージなので、しっかり位置取りをして走りたいです!333は嫌いではないですし、前橋でも22着と確定板に乗れたので、決勝に乗ることを最低条件に頑張ります」


7R 発走予定時刻1336

1番車・飯塚朋子(大阪・102期)
20140509_Nara_7r_1_iiduka.JPG
「広島もそんなに悪くなかったので、いつも通り練習してきました。奈良は地元地区なので気持ちはしんどいですよね(笑)。バンクのイメージは、直線が短いので前にいれば何とかなるかなと。ギアは3.77でいきます。フレームはアンカーに変えました。実戦投入が初ですが、そのままのギアでも軽く感じるので、悪くはないかなと。1枠なのでスタートを狙って、取れなくても番手か3番手に入れるとは思うので、そこからですね。初日のメンバーには(石井)寛子もいるし、106期も強いですが、強気で前々にいきたいです」


2番車・青木美優(栃木・106期)
20140509_Nara_7r_2_aoki.JPG
「緊張と不安と、でもワクワクするのと、入り混じっています(笑)。(卒業後は)自転車経験が人よりも少ないので、人よりも乗ろうと、休みなく毎日自転車に乗り続けてきました。重いギアを踏めるように練習もしてきたので、学校のときよりも力はついたかなと思います。デビュー戦なので、先輩方の動きをよく見て、それに対して自分で臨機応変に対応して、頑張って結果が出ればいいですが、まずは全力を出し切ることを目標にしたいです。(向日町のデビュー組は)すごく活躍していたので、それに負けないように頑張りたいですね。強い方たちばかりですが、2番車なのでスタートを取りにいけたらいって、前々に勝負していきたいと思います」


3番車・野口諭実可(群馬・102期)
20140509_Nara_7r_3_noguti.JPG
「内枠の方ですし、ここのバンクは333で前にいないと不利なので、前の方で取れた位置から流れを見て。位置が悪かったら自分からも動いていきたいと思います。今まで通り長い距離を乗り込んで土台を作って、パワーマックスで本数をもがいて、昨日は休養しました。効果が出るといいですね。ギアは3.62でいきます。これをもっと踏めたら、自力でも動けるようになれるのかなと思います」


4番車・高松美代子(神奈川・102期)
20140509_Nara_7r_4_taakamatu.JPG
「ゴールデンウィークも空いていましたので、ロードの友達と富士五湖に合宿に行ったりしました。(106期がデビューで)若い子がでてきて、びびっている部分もありますが、それを無くして気持ちを切り替えていこうと思います。(初日は誕生日だが)年齢に負けないような力を与えるような走りをしたいですね! 奈良は3回目です。後ろにいたらお話にならないのは分かっているのに、いつも後ろにいる私がいたので(苦笑)、勇気をもって前にいこうかなと。なるべく前にいて、先行する方の後ろに付けたいですね。前々に頑張ります」


5番車・山本奈知(千葉・106期)
20140509_Nara_7r_5_yamamoto.JPG
「卒業後に結婚しました。(デビューは)自分がレースをちゃんとできるのか、まだ想像がつかないので不安はありますが、チャレンジャーなので先輩方を見て、やれることをやりたいなと思います。(卒業後は)師匠(和泉田喜一)やグループの方と練習してきました。今回のメンバーもダッシュ力がある方ばかりで、私はそれが劣っているので、前々に動いていきたいと思っています。(333は)地元も333バンクなので、自分的には好きです。5番車なので、取れたところからすぐ考えて、動いていきたいと思います。(向日町のデビュー組は)みんなで見て、LINEで話をしました。たくましいし、みんな(レースが)できてる!と思って、自分は不安になりました(笑)。デビュー戦は自分にとっても一番記憶に残るレースになるので、全力でしっかりと頑張りたいと思います」


6番車・梶田舞(栃木・104期)
20140509_Nara_7r_6_kajita.JPG
「前回から新しいフレームにして、まだ慣れていなかったかなと思います。気分転換で変えたんですけどね(笑)。前回が初めてのミッドナイトで、23時とかのレースできつくて、終わってから頭が痛くなったので、寝て休んできました。(調子は)大丈夫ですが、奈良は前に7着を取ってしまったり今までで一番悪かったので、今回は頑張ります。(新人がデビューするが)気にせずに、自力で頑張りたいと思います」


7番車・石井寛子(東京・104期)
20140509_Nara_7r_7_isii.JPG
「調子は悪くはないんですけどね。最近はいろいろ試しているので、納得はしています。走り方やポジション、練習内容なども全部ガラッと変えているんです。松戸が終わってからは、(高木)真備ちゃんや妹(石井貴子)と一緒に練習してきました。良い練習ができて、すごく刺激になっています。(新人との対戦は)初戦が大事だと思うので、負けないように気を付けて走りたいですね。奈良は2回目です。直線が短いイメージなので、先行選手に有利かなと思います。外枠は危険なので、勝負所では前にいたいです」