Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ジャパントラックカップ2 2日目はプロがいる中、石井貴子生徒が女子スプリントで2位!

2014/01/28

1月26日、ジャパントラックカップ2の2日目が伊豆ヴェロドロームで行われました。
この日はガールズケイリン選手、競輪学校生が出場した種目は「スプリント」でした。

そして、
目の覚める一撃でした!

前田佳代乃選手を破る!まさに下克上。

1-2位決定戦ではミッシー・エリクソン(USA)に僅差で負けはしたもののその強さを見せつけた一日となりました。
それにしても、プロ選手!
大丈夫ですか? 学校生に負けちゃいかんでしょう!
頑張りましょう!

まずはスプリント予選。
一番時計はエリクソンの11秒464。続いて前田佳代乃の11秒506。この後にプロが続いて、石井寛子11秒747、加瀬加奈子11秒780、小林優香生徒11秒906、石井貴子生徒11秒954、中川諒子12秒162。

20140126_ishiTakako.JPG
石井貴子生徒

20140126_kobayashi.JPG
小林優香生徒

20140126_Nakagawa.JPG
中川諒子選手

20140126_kase.JPG
加瀬加奈子選手

20140126_JapanTrackCup_2_Day2_1 194.JPG
石井寛子選手

20140126_erikson.JPG
エリクソン・ミッシー (USA)

タイムは学校生より出しているんですけどね。
順当に勝ち上がるかと思った1/4決勝。石井寛子が石井貴子生徒に負けてします波乱が。

また加瀬対小林も1本小林が取る展開になって敗退かと思われた?思ったんですが、二本取って1/2決勝進出を決めました。

1/2決勝進出はエリクソン、前田、石井貴子、加瀬の4選手。組み合わせはエリクソン対加瀬、前田対石井貴。

エリクソンはなんでもできるタイプで加瀬は超地脚。うまく駆けないとやられてしまう可能性大。

前田対石井は非常に興味がある対戦となったのは事実ありますが、前田のパワーとテクニックで圧倒するはず…。

1/2決勝結果はエリクソンが2本ストレートで1-2位決勝へ。何と前田が一本取ったものの、2本連取で石井が1-2位決勝へ!

ケイリンは展開があるのでなるときはなる。また、相手の力が見えないのであれば、慎重にいく場合と行ってしまえ!という気持ちが全面に出ていける場合もあるけど、スプリントは力がないと勝ち上がれません。

で、勝ってしまったのが石井生徒!これは凄いです。

現日本チャンピオンを破ってしまった!

そして1-2位決定戦は、一本目は勝ったものの反則行為で降格。2本目も僅差で負けるなど素晴らしい成績です。

ちなみにエリクソンはアメリカ国内チャンピオンでもあります。

この勢いで石井貴子生徒には世界で頑張ってほしいですね。

20140126_SprintFinal1.JPG
決勝残り1周。

20140126_SprintFinal2.JPG
僅差で石井が負け。エリクソンが勝利!


女子スプリント

優勝したエリクソン・ミッシー
「ジャパントラックカップIのスプリント優勝に続き、2回も優勝ができてよかったです。私は、ガールズケイリンの動画を見て、トラックをはじめたので、ぜひガールズケイリンで走るのが夢なんです」

2位の石井貴子
「悔しいです! スプリントは初めて大会に出るので、作戦も、脚もわからないので、毎レース『絶対に負けないっ』っていう気持ちでスタートに向かっていました。でも、最後は自分の甘さが出てしまったし、もっともっとスピードも足りないし、課題がたくさんもらえた決勝でした。明日から学校なので、もっともっと頑張ります」

4位の加瀬加奈子
「ハロンで自己ベストが出ました! でも、ダッシュ力がついている分、持久力がちょっと下がっていますね。色々と勉強になる3日間でした」

5位の中川諒子
「タイムが出なかったので仕方ないですけど、まだまだですね…。もう少し上げていかないと戦っていけないですからね。(5-8位決定戦のような)走りがいつもできればいいんですけどね。今回の大会は、学校生の新しい子たちがどんどん力ついているので、負けないように頑張りたいと思います」

6位の石井寛子
「予選で、出したかったタイムより出せて、ワールドカップより走れていたんですけど、対戦がだめだったので、これからの課題です。今回は、目標だったケイリンで表彰台は果たせたんですけど、皆も強かったので、選考はどうなるかわからないけど、世界選もありますし、頑張っていきたいと思います」

7位の小林優香
「かなり悔しいです! 監督やコーチや色んな方に『スプリントは経験が必要』って言われましたが、でも悔しいです。でも、この悔しさをバネにダッシュ力をつけていきます。ダッシュ力をつければ、ケイリンにも活きてくると思うし、この3日間でケイリンに少し自信もついたと思います。ダッシュ力とスプリントの駆け引きを身につけていきたいと思います」

20140126_SprintAW.JPG