Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

UCI Track Cycling WorldCup AGUASCALIENTES #2 前日レポート石井寛子が参戦!

2013/12/05

今シーズンのワールドカップも2戦目となり、そろそろ結果が欲しいゼブラジャパンです。
20131205_3164.JPG
今回日本からの参加選手は、ガールズケイリンの石井寛子選手、そして競輪選手の渡邉一成選手、中川誠一郎選手、河端朋之選手、脇本雄太選手、そして鹿屋体育大学の橋本英也選手、塚越さくら選手、また京都の前田佳代乃選手です。

それにしても、アグアスカリエンテスはちょっと遠いですね。取材陣は成田‐ヒューストン‐アグアスカリエンテスで20時間近く掛かって到着しました。

さてゼブラジャパンは(来年ですが先取りして){←「ナショナルチームの通称になるらしいです!}全員元気そうで、ここアグアスカリエンテスでは成績を期待したいところですね。
20131205_3006.JPG
本日は前日という事もあり朝の10時半から練習タイムで、全員で汗を流していました。

その汗を流した後、クールダウン後石井選手にインタビューをしました。
20131205_3002.JPG
「今年の1月に来た時よりは(前シーズンのワールドカップで)体調は良くないんですけど、このバンクは結構タイムがでるなという感じがします。今回もスプリントとチームスプリントに出場しますが、スプリントでは前回の記録を抜いて勝ち上がれたらいいと思っています。チームスプリントはここで走りたかった種目で楽しみにしていたので、日本新を出せるように頑張りたいです。少し疲れてはいますがなんとか頑張りたいですね。ここで良いタイムを出してその流れで、ガールズグランプリに臨めるようにしたいので、応援よろしくお願いします!」
20131205_3067.JPG
(スタンディングのダッシュ力を確認)

日本からの応援是非よろしくお願いします!

20131205_3014.JPG
アグアスカリエンテスのバンクは、ドームなんですが、空気圧で膨らませているドームなんです。照明の支柱が支えになっていて、膨らませていないときはこれで支えている構造です。また空気を送り込んでいるので、バンクの出入りが二重扉になっていて、空気を逃がさない構造になっています。相当シンプルな東京ドームのような感じですね。

また、アグアスカリエンテスは標高が高く1880mぐらいあって結構空気が薄いのです。そのため、タイム競技では世界新記録が続出するのではないかとかなり期待している大会なんです。

そして、今大会にも世界各国から世界選手権並みの選手達が参加してきました。

明日12月5日から3日間、是非注目してください!

ちなみに、今回からシクロチャンネル東京のユニホームが変わります。
20131205_2972.JPG
渡邉一成選手が来ているのがニューです。

明日は石井選手もこれを着用します!