Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンin松戸 世界チャンピオン強し!ペイジパターソンも2着!2日目はどうなる?

2013/09/13

ジェームズ強し! 9月12日(木)に初日を迎えた松戸ガールズケイリン。第6レース及び7レースにおいて予選1が行われ、6レースでは、2度目となるガールズ参戦のペイジパターソン選手の猛追を凌いだ梶田舞選手が1着。そして7レースに登場した、今回初のガールズ参戦となる世界チャンピオン・レベッカジェームズ選手は逃げ切っての快勝劇を見せ、見事に初陣を飾りました。レース後のインタビューでも「これでガールズの流れが分かった」と余裕たっぷりのジェームズ選手、このまま連勝を決めるのか、日本勢の反撃はあるのか? 13日(金)の2日目は第6レース及び7レースにおいてガールズ予選2が行われ、最終日の決勝に進むファイナリスト7名が決定します。大注目のシリーズをお見逃し無いように!
 
 
2日目のガールズケイリンの発走予定時刻は6レース(ガールズ予選2)が17時27分、7レース(ガールズ予選2)は17時53分です。ナイター開催ですので、ご注意下さい。
 
【レースダイジェスト】
◆第6R(ガールズ予選1)
周回は、尾上明子、パターソン、大和久保美、岡村育子、梶田舞、戸田みよ子、石井貴子。赤板過ぎ1センターでパターソンは車間を切って後ろを警戒すると、3番手の大和が踏み込んで打鍾を迎える。大和の仕掛けにパターソンが続いて最終ホームに入ると、梶田が一気にスパートして大和を叩き主導権を握っていく。その動きにパターソンが再度切り替えて梶田を追い、外から追った石井貴子は後退、パターソンには戸田が続いて最終バックを通過。後続を離して逃げる梶田を、懸命にパターソンが追うが、4分の3車身差で梶田が振り切り1着、パターソンは初勝利を逃すもガールズで初の2着、3着には戸田が入線した。
20130912_1_6R_start.jpg
スタート

20130912_2_6R_shukai.jpg
周回

20130912_3_6R_akaban.jpg
残り2周

20130912_4_6R_jan.jpg
打鐘

20130912_5_6R_saishuH.jpg
残り1周

20130912_6_6R_saishuB.jpg
最終バック

20130912_7_6R_goal.jpg
ゴール
 
◆第7R(ガールズ予選1) 
スタートでジェームズと篠崎新純が飛び出し、ジェームズを交わして篠崎が前受け。篠崎、ジェームズ、藍野美穂、門脇真由美、奈良岡彩子、井上玲美、猪子真実で周回していく。赤板で猪子が上昇していくと、その動きに井上も続いていく。猪子は3番手外まで上昇、打鐘で誘導が退避すると、そのまま篠崎が後ろを警戒しつつ先頭に立つ。最終ホームを迎えると、篠崎の後ろからジェームズがスパート。門脇もホームから仕掛けるが、ジェームズを捕えるまではいかず、篠崎がジェームズを追走する形で最終バックを通過。直線ではジェームズと篠崎両者の争いになるも、ジェームズがそのまま1車身の差をつけて快勝。2着に篠崎、3着に門脇が入線した。
20130912_1_7R_start.jpg
スタート

20130912_2_7R_shukai.jpg
周回

20130912_3_7R_akaban.jpg
残り2周

20130912_4_7R_jan.jpg
打鐘

20130912_5_7R_saishuH.jpg
残り1周

20130912_6_7R_saishuB.jpg
最終バック

20130912_7_7R_goal.jpg
ゴール

【ダッグアウトから】
◆第6レース(ガールズ予選1)
☆1着の梶田舞
20130912_6R_kajita.jpg
「1周ちゃんといって勝てたので良かったと思います。本当はSを取るつもりだったんですけど、ちょっとそこは失敗しました。(大和とパターソンの動きを見て)落ち着いていきました。出切ってからはちょっと重かったので、2日目はギアを落とすかどうか今は迷っています。でも1着取れたのは嬉しいですね。2日目も頑張ります」
 
☆2着のパターソン
20130912_6R_paige.jpg
「ちょっと不完全燃焼だと思っています。良い競走だと思いますが、ギアは軽かったと思います。うまく乗っていかない感じがしましたので、2日目に関してはギア倍数を変えていくと思います。それとは別に、自分の人生において、またこの松戸に帰ってきて、ガールズケイリンに戻ってきたことを嬉しく思っています」
 
☆3着の戸田みよ子
20130912_6R_toda.jpg
「(初手は梶田の後ろで)付いていっても、たぶん無かったので、判断としては間違っていなかったと思います。ちょっと自転車が伸びなかったので、修正して2日目また頑張ります。自転車を変えて、まだ模索中なので、いろいろやってみたいと思います」
 
☆4着の石井貴子
「スタートは行ってみようと思ったんですけど。やっぱり333バンクは外に浮いてしまったら終わりなので、出るところは出て、出切らないと意味が無いですね。一回、梶田さんの後ろに付いたときは『おっ!』と思ったんですけど、ピュンといってしまったので。あそこで付いていければ良かったんですけど、まだまだ脚力不足ですね。また2日目、頑張ります」
 
☆5着の岡村育子
「思いの外、前の位置が取れたんですけどね。梶田さんがいれば良かったんですけど、それでも大和さんの後ろが取れました。戸田さんがいたところに自分が付けられれば3着まではいけたと思うので、もうちょっと勝負所をしっかりしたいです」
 
☆6着の大和久保美
「ペイジの後ろだったので、良いところを取れたなと思ったんですけどね。でも、ペイジが尾上さんとの間をけっこう切っていたので、先に駆けたんですけど…結果は6着。ここ最近よりかは感触は良かったので、あとはもうちょっと惑わされずにタイミングを見られたら良いですね」
 
☆7着の尾上明子
「スタートは取ったんですけど、パッと飛びつけなかったので…。後ろがもつれていたみたいで、ちょっと気を取られているところでタイミングを逃していまいました。そこをちゃんと踏んで付いていけないと。すごいチャンスだったんですけどね。感じは悪くないので、あとは自分の反応だと思います」
 
 
◆第7レース(ガールズ予選1)
☆1着のジェームズ
20130912_7R_rebekka.jpg
「レース前はさすがに緊張していました。ガールズケイリンの選手達がどんなレースをするか、体験するのが初めてだったので心配していましたが、始まると自分の思ったとおりのポジションを維持することが出来たので、良いレース展開ができたと満足しています。自分でも今日は先行捲りでいこうと思っていて、バックストレートの前から自分のスピードに乗せていけて、思うようにかけていけました。少し長めにもがいたこともあって、脚にきたなと思いましたが、逆に今日一回体感したことで、ガールズケイリンにおける自分のペースが分かりましたので、これを土台に2日目以降もよりよくやっていけると思います」
 
☆2着の篠崎新純
20130912_7R_shinozaki.jpg
「やっぱりレベッカが前を取りにきましたが、前があいていたので入っていきました。後ろはレベッカだったし、番手捲りが来るんじゃないかなと思って構えていたんですが、ホームから来ましたね。感想としては、やっぱり強かったです。違いますね。私も第二先行みたいになっていたし、付いていて一杯になってしまいました。苦しかったですね。地元で気合い入っているので絶対に負けたくないと思っています。次また頑張ります」
 
☆3着の門脇真由美
20130912_7R_kadowaki.jpg
「ちょっとバックで出切れれば良かったんですけどね。仕掛けが遅かった分、出切れませんでした。2日目はそうならないようにいきたいと思います。ジェームズをもう少し早く叩ければ良かったんですけど、ダッシュが速かったですね」
 
☆4着の奈良岡彩子
「見ての通りで、自分で仕掛けないとああいうことになってしまうんですね。門脇さんに任せて、力を借りていこうと思った部分もあって、ああいう展開になっておかしくなかったんですが、あの周回になった時点で、変えていかなくちゃいけないのは反省になりましたね。門脇さんが前にいようが、打鍾で切りにいかないとダメでした。今日みたいな展開では通用しないというか、まだダメでした」
 
☆5着の猪子真実
「スタートもそうですが、ちょっと失敗しましたね。ジェームズの後ろがあくかなと思っていたんですが、もっとかぶせ気味にいった方が良かったかなと思いました。(中2日の)疲れとかもなかったですが、333だと外に浮くときついですね。ジェームズはダッシュがすごかったです。目の前にいたんですが、キュンキュンという感じでした。付いていけるのが理想ですけどね」
 
☆6着の井上玲美
「ずっと後ろの方にいたので…。ちょっと付いていけてなかったです。2日目は少しでも前の方にいられるように頑張りたいです」
 
☆7着の藍野美穂
「良い位置にいたんですけどね。彼女(ジェームズ)のダッシュに離れてしまいました。そのあと後ろから来たので、そこにも付いていければ良かったんですけど。でも、確実に前よりかは競走の中に入れているので、もう少し集中して見極めていきたいです。応援してくれた方がいて、申し訳なかったですが、長い目で応援して欲しいです」
 
【2日目のレースへのコメント】
◇第6レース(ガールズ予選2)
1番車・岡村育子「1番車ですね。取れた位置から前々にいきたいです」
2番車・井上玲美「良い位置なので前に行けるように頑張ります」
3番車・梶田舞「一回走ってだいたい分かったので、自力で勝てるように」
4番車・藍野美穂「Sを取りにいきたいです。333なので、前の方にいたいですね」
5番車・パターソン「先行捲りです」
6番車・奈良岡彩子「スタート頑張って前にいられるように。初日の反省を活かす走りで、迷わずに勝てるように頑張ります」
7番車・門脇真由美「初日みたいに仕掛けが遅くならないように、いけるところから自力です」
 
◆レース展望
初日パターソンの追撃を振り切った梶田舞が、ここも積極策から連勝を狙う。だが、パターソンもしっかりと修正してきそうで、念願のガールズケイリン初勝利の可能性も十分だろう。外枠だが、自分のタイミングで仕掛けてくる門脇の自力戦も魅力たっぷりだ。
 
 ◇第7レース(ガールズ予選2)
1番車・篠崎新純「1番車なのでスタート狙って、自分の競走をしたいと思います」
2番車・戸田みよ子「前々で勝ちにこだわったレースをします」
3番車・石井貴子「取れたところから流れを見て、確定板に載れるように走りたいです」
4番車・尾上明子「真ん中ですか。取れた位置からですね」
5番車・大和久保美「強い人より前にいるのが課題なので、前々です」
6番車・ジェームズ「今日と同様に先行捲りです。あとは自分の脚がどう動いてくれるかですね」
7番車・猪子真実「7番車ですが、前々ですね」
 
◆レース展望
篠崎を振り切って圧巻のレースを見せたジェームズの連勝に期待だろう。初参戦だけに不安もあったというが、そんな心配を吹き飛ばす快勝劇。自身でも満足のいくレースが出来たそうで、2日目以降さらに高いパフォーマンスを見せてくれそうだ。地元だけに逆転を目論む篠崎、レース巧者の戸田は、ともに好枠に入っただけに世界チャンピオンに一矢報いたいところ。