Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンin青森 優勝は差した石井寛子選手!

2013/09/09

96日~8日、青森競輪にてガールズケイリンが開催されました。
予選1、予選2と激戦となったガールズケイリンin青森でしたが、決勝戦では中山麗敏選手の捲りに乗った石井寛子選手がゴール前に差して優勝を飾りました。
ガールズケイリンデビュー以来、決勝戦では負け無しの石井選手は7度目の優勝です。1着の連勝記録は途絶えていますが、優勝の連続記録をどこまで延ばせるのでしょうか。
ガールズケイリンのトップ選手が集まる9月15日のガールズケイリンコレクション2013京王閣ラウンドのレースが非常に気になってきます。

では決勝戦を振り返ってみましょう。
先頭員以下、渡辺ゆかり、中山麗敏、荒牧聖未、奈良岡彩子、小林莉子、石井寛子、三輪梓乃で周回。残り2周で小林が上昇開始。後方から奈良岡が打鐘前で踏み込み、打鐘で先頭に立つと、この後ろに小林が入った。石井は一旦踏み込んだが小後方に下がった。残り1周で小林が奈良岡を交わして先頭に立つと最終1コーナー過ぎで中山が踏み込み前に。これに合わせて奈良岡、渡辺も踏み込むが、最終バック過ぎ中山が出切って主導権。これを石井が追走。ゴール前に石井が差して7度目の優勝を飾りました。2着は中山、3着に三輪が入線しました。

上手いですね石井選手は。この優勝で14日のガールズケイリンコレクションが面白くなってきましたね。加瀬加奈子選手、山原さくら選手等を相手にどのようなレースをしてくるのか、ワクワクしますね!

最終日第6レースで行われたガールズ一般戦は、上手く3番手に入った森美紀が青木志都加を追い込んで1着、2着は後方から追い込んできた猪子真実、3着には最終バックから捲った青木が残りました。

9月9日はガールズケイリンin豊橋の決勝戦が行われますし、15日はガールズケイリンコレクション2013京王閣ラウンド、そして9月12日~14日はガールズケイリンin松戸ナイターで、2013年の世界選手権女子ケイリン、女子スプリントチャンピオンのレベッカ・ジェームス選手、ペイジ・パターソン選手が参加します。

是非、お楽しみに!