Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンin小倉ミッドナイト:真夜中にゴールを1着で駆け抜けたのは?本日決勝!

2013/06/17

静寂のバンクに、色彩豊かなガールズ達が奏でる車輪の音−。
6月16日(日)深夜22時17分、小倉ミッドナイト競輪の第4レースの号砲で、ガールズケイリンの新たな歴史がスタートしました。ガールズ初ミッドナイト、そして九州、小倉での開催。2日間の短期決戦、そしてスピードバンクということも重なって、初日の予選2個レースともに激しいレースとなりました。見事に1着を取ったのは、4レースが中川諒子選手、そして5レースが山原さくら選手。ともに強い内容での勝ち上がりでした。17日(月)は第6レースにおいてガールズ決勝が行われます。地元・福岡の矢野光世選手、戦歴上位の門脇真由美選手、そして4着から勝ち上がりを決めた森美紀選手など注目選手が勢揃い、見所が満載の一戦となりそうです。初代ミッドナイト女王の栄冠は果たして誰の頭上に輝くのでしょうか。
20130616_PH1.jpg
2日目(最終日)のガールズケイリンの発走予定時刻は3レース(ガールズ一般)が21時57分、6レース(ガールズ決勝)は22時57分です。

【レースダイジェスト】
◆第4R(ガールズ予選)
周回は矢野光世、中川諒子、門脇真由美、猪頭香緒里、岡村育子、森美紀、明珍裕子。赤板過ぎから明珍が上昇を開始するも、前団では3番手の門脇が踏み込み、それに合わせて中川も踏んで打鍾で先頭に立っていく。中川の後位は内に矢野、外に門脇と並走になり、その後ろも内に猪頭、外に明珍が並走、岡村、最後方に森で最終ホームを通過。最終1センターで2番手は矢野が取り切り、門脇は3番手に入る。最終バックから矢野が捲りを狙っていくが、中川も譲らず、直線に入ってもスピードが衰えなかった中川がそのまま押し切り勝ち。2着に矢野、3着に門脇が続き、後方から追い込んだ森が4着に入線した。
20130616_7_4r_goal.jpg

 
◆第5R(ガールズ予選) 
田畑茉利名、大和久保美、山口菜津子、菅田賀子、山原さくら、荒牧聖未、高松美代子で周回。赤板で山口が前に動いていき、誘導後位に入ると、その動きに続いた菅田が打鍾で山口を交わして先行態勢に入っていき、山口は菅田の後位に入る。最終ホームでは荒牧が一気に仕掛けて菅田を叩いて先頭に立ち、一旦は後続を離す展開になるも、後方に置かれた山原が最終2コーナーから捲りを打つと、逃げる荒牧を最終4コーナーで捕らえて、3車身差の圧勝ゴール。2着に荒牧が粘り、3着には大外伸びた田畑が入線した。
20130616_7_5r_goal.jpg
 
 
【ダッグアウトから】
◆第4レース(ガールズ予選)
☆1着の中川諒子
20130616_4r_1_nakagawa.jpg
「Sは取れなかったんですけど、一度は前に出る競走をしようと思っていたので、組み立ては自分の予定通りにいきました。自分のペースでいけたので良かったと思います。1着を取るのは難しいですけど、取れて良かったです。(ミッドナイトは)日中の過ごし方は時間をもてあます感じでしたけど、レースが始まればいつも通りにいけました。明日(17日)も積極的なレースで優勝を目指します」
 
☆2着の矢野光世
20130616_4r_2_yano.jpg
「ちょっと仕掛けるタイミングが遅くなってしまったのと、捲り方がまだまだ下手で、練習してきたことが活かせずに悔いが残ります。車間を切っているつもりはなかったんですけど、中川さんと離しすぎていたかなと。自分では1センターあたりから踏み出して捲りに行く準備をしていましたが、無駄な力を…。どこでミッドナイトは実際に走ってみても、ちょうど良いというか、緊張せずにのびのびと走れました。でも、脚が若干重かったので、もっとしっかりとアップをして、落ち着いていきたいと思います」
 
☆3着の門脇真由美
20130616_4r_3_kadowaki.jpg
「今日(16日)は焦ってしまって、先行するならする、捲るなら捲ると中途半端な走りをしてもったいないなと思っています。もっと眠くて眠くて仕方がないのかなとも思っていたんですけど、そうではなく、ちゃんと頭も起きていました。明日(17日)の決勝は今日みたいな中途半端な走りはしないように気をつけていきます」
 
☆4着の森美紀
20130616_4r_4_mori.jpg
「7番車だったので、しんどい展開でしたが、ギリギリ4着で首の皮一枚繋がって良かったです。午前中はご飯食べるか、寝るかしかしていなかったので(笑)、上手に時間を持ってこられたかなと思います。前回優勝したときも一番下で上がって3番しゃったので、今回も大穴開けられるように頑張ります」
 
☆5着の明珍裕子
「ダメでしたね。後ろになってしまったので、自分から前にいかないとなと思って、前にいったんですけど、入れそうなところで入れずに、ずっと外外になってしまいました。最後はもうちょっと粘って、ひとつでも良い着を取れるようにしないといけないですね」
 
☆6着の岡村育子
「明珍さんのところで行ききれなかったので、もう少し早めに動けたら良かったんですけどね。もう少し早めに切り替えたら良かったのかなと、自分の選択ミスでしたね」
 
☆7着の猪頭香緒里
「自分の力不足がはっきりと出てしまったレースでしたね。(ミッドナイトは)そこまで体が動かない感じではなかったです。明日はもっと体があってくると思います」
 
 
◆第5レース(ガールズ予選)
☆1着の山原さくら
20130616_5r_1_yamahara.jpg
「全然、積極的なレースじゃなかったので、スッキリはしないですね。(捲りは豪快だったが)そう言っていただけると嬉しいですが、全然積極性が無くて面白みのないレースになってしまいました。明日(17日)こそ積極的に自分のレースをして優勝を目指したいと思います」
 
☆2着の荒牧聖未
20130616_5r_2_aramaki.jpg
「自分の力を出し切って、(山原に)いかれてしまったんですけど、良い感じに踏めました。みんなけっこう積極的な選手が多かったんですけど、あそこで出切れていけたので良かったです。(ミッドナイトも)自分は大丈夫だと思います。常に心がけているので、明日(17日)の決勝も力を出し切れるように頑張ります」
 
☆3着の田畑茉利名
20130616_5r_3_tabata.jpg
「Sは取れたけど、そのあとの展開が読んでいたものと違くて、いろいろ考えながらやったんですけど、展開が向いた感じの3着だったので、1着が欲しかったなというのはあります。来るのは菅田(賀子)さんか、大和(久保美)さんかと思い込みすぎていました。後ろの方になってしまって、3着はないかもと思ったんですけど、道が開いてくれたので、間をいけたから良かったです。久しぶりに予選で着が取れて、嬉しいは嬉しいですね」
 
☆5着の高松美代子
「(山原)さくらちゃんも荒牧(聖未)さんもいたので、どっちかに付いていこうと思ったら、みんな上に上がったので内側を攻めたんですけどね。最後、さくらちゃんが行くときに、一緒にと思ったんですけど、やっぱり速かったですね。これで付いていければ良いと思うので、もっと練習してきます」
 
☆6着の大和久保美
「ダメでしたね。3車並走になったときに一番外になって出切れなかったのが痛かったです。(調子は)悪くないので、明日(17日)また頑張ります」
 
☆7着の菅田賀子
「毎回、力は出し切っている感じなんですけどね。風が無かった分、離れないで付いていけたかなとは思います」
 
【2日目のレースへのコメント】
◇第3レース(ガールズ一般)
1番車・岡村育子「良い枠ですが、まだSを取ったことがないんですよね。まずは前々を目指して判断して、初勝利も狙っていきたいです」
2番車・山口菜津子「(予選は)自分の力を出し切りました。積極的にいきます」
3番車・明珍明子「自分からガツンといくレースができていないので、それを目標に。スタートは前の方にいて、そのあとは積極的に前々にいきたいと思います」
4番車・高松美代子「4番車なら、S取れなくても前にいたいですね。なるべく前を取って、様子を見ていきます」
5番車・大和久保美「枠は関係ないので、前々にしっかり頑張ります」
6番車・菅田賀子「積極的に動く人が多いですけど、変わらず前々で頑張りたいと思います」
7番車・猪頭香緒里「一番外枠ですね。Sを取るのは難しいと思うので、いけるところからしっかり前に出て行こうと思います」
 
◆レース展望
地元戦の初日敗退で悔しさをにじませていた大和久保美が、しっかりと力を出し切って勝利を飾るか。惜しくも点数差で決勝進出ならなかったが山口だが、好枠も活かして初勝利を狙う。「積極的に前々に」という明珍の動きにも注意が必要だろう。
 

 ◇第6レース(ガールズ決勝)
1番車・矢野光世「Sはそこまで狙わずに、取れた位置から流れを見て自力です。今回地元で初優勝目指して頑張ります」
2番車・荒牧聖未「自分の力を出し切れるように前々に」
3番車・森美紀「私も地元ですから(笑)。取れたところから、展開的にもしっかり仕掛ける人が多いので、ごちゃついたところを一発いければいいかなと思います」
4番車・門脇真由美「中途半端な走りをせずに、ココならココというところで仕掛けたいと思います」
5番車・中川諒子「枠は関係なく、自分のレースで力を出し切りたいと思います」
6番車・山原さくら「自分のレースで優勝を目指します」
7番車・田畑茉利名「良い選手が一杯いるので、位置取りで負けないように、良いところを取って、最後伸びたらなと」
 
◆レース展望
好メンバーが揃った決勝戦。前回の奈良でも対決した中川諒子と山原さくらの動向がまず気になるところ。特に山原は初日捲り快勝ながら積極的にいけなかったことを反省しており、中川との機動バトルが展開を大きく左右しそうだ。注目したいのは、好枠に入った荒牧か。予選は山原の捲りに屈したものの、しっかりと主導権を取ったレース内容は悪くなく、好展開に持ち込めれば久々優勝の可能性も十分。また、門脇も初日と同じ失敗はしないと気を引き締めており、こちらも連続優勝のチャンスあり。初日よりさらに遅い22時57分発走なので、夜行性と自己評価する地元の矢野も初優勝へ一発を狙ってくる。