Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリンin松山 前検日:5月24日 山原さくらが地元地区で好発進なるか?強い梶田舞、中山麗敏に注目!

2013/05/24

ガールズケイリンin名古屋は24日から熱戦が繰り広げられていますが、25日からは松山競輪場においてもガールズケイリンが開催されます。すでに2度、開催が行われている松山バンクですが、以前走ったことがある選手はもちろんのこと、指定練習で初めて松山バンクを走った選手の口からも「軽くて走りやすい」との評判が聞こえました。104期の新人ガールズは今回6名参戦で、全員がデビューを終えてここが2戦目。中でもデビュー戦の松戸でいきなりの優勝を遂げた山原さくら選手は、四国地区の開催とあって、前検日取材からより注目を集めていました。前回の松山Vの中山麗敏選手をはじめ、京王閣の巻き返しを狙う小林莉子選手、さらにデビュー節を強い内容で予選連勝した梶田舞選手、そして純地元の松尾智佳選手など楽しみな選手が勢揃い。ナイター開催ですので、昼は名古屋、そして夜は松山で、ガールズケイリンをお楽しみ下さい!
ガールズケイリン初日の発走予定時刻は6レースは17時24分、7レースは17時51分です。

■6レース(ガールズ予選1)出走選手
☆1番車・梶田舞(栃木・104期)
20130524_6r_1_kajita.jpg
「デビュー戦は自分が想像していた以上に、良い走りが出来たと思いました。脚力はしっかり考えながら練習を積んできたので、(在校時より)伸びているという自信はあったんですけど、それがこんなに競走に活かせるとは思っていなかったです。(で戦後は)全プロがあったので、あまり時間はなかったですが、街道メインで、ロードレーサーでもがいてきました。(松山は)カントがあって、333に近い感じがしました。どのバンクでも楽しく走りたいです。今回の目標も先行して1着を目指すことです。今開催も魅力ある走りが出来るよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」
初日コメント:一番は中山さんを意識しています。1番車なのでSを取れたらSを取って、自力で着に残れるようにやっていきます。

☆2番車・大和久保美(福岡・102期)
20130524_6r_2_yamato.jpg
「四日市は、前橋から中3日の競走で、初日は悪くなかったんですけど、2日目に外してしまって、決勝に乗れなかったのが悔しかったです。そこからは今までと変わらずに、吉本卓仁さんと一緒に練習されていただきました。(調子は)悪くないです。松山のイメージは風が強かったバンクのような気がします。悪いという感じもしないし、良いという感じはしないです。(104期生は)デビュー戦から見させていただきました。やっぱり強いなと思います。(敗者戦は1着が続くが)予選から頑張りたいと思います。今回は、決勝に乗れるように頑張りますので応援よろしくお願いします」
初日コメント:動く人がいるので、前々で流れを見ていければと思います。

☆3番車・小林莉子(東京・102期)
20130524_6r_3_kobayasi.jpg
「(前走は)ちょっと満足のいく成績ではなかったんですけど、いろいろ修正できる部分も見えてきたので、今回松山でしっかり修正したいと思います。(修正点は)ちょっと迷ってしまうところと、あとは持ち味の思い切りが出せてないなとレースを見て思ったので、ココではしっかり出せるようにと思っています。(前回の2期生との初対戦は)いろんな意味で緊張しましたけど、今回は意識しすぎずに、自分のレースで、自分らしく走りたいと思います。(前走後は)みっちりバンク中心で練習してきました。この松山バンクは初上陸なので、皆さんに良い走りが見せられるように頑張ります」
初日コメント:3番車ですが、スタートを取りにいって、前々に自分のレースをしたいと思います。

☆4番車・小坂知子(岐阜・104期)
20130524_6r_4_kosaka.jpg
「(デビュー戦は)無事に走り終えることができて良かったです、その一言です。発走機についたときは(緊張で)脚がブルブルでしたけど、出たあとは学校の競走みたいに周りを見て走れたので、良かったです。(最終日は)絡めて車券に貢献できたので、良かったです。(デビュー戦後は)主にバンクでモガいて練習してきました。1日1日充実した練習が出来て、いろいろ掴めてきたので、良いと思います。(松山は)初めてで、周りの選手が『あそこはキレイだ』と言っていて、本当に思った通りにキレイなので頑張れそうです。(今回も)着に絡める競走をしたいと思います。優勝できるよう頑張ります」
初日コメント:楽しいレースが出来そうなメンバーですね。戦法に特にこだわりはないので、着に入れる感じで前々にいきたいと思います。

☆5番車・関口美穂(埼玉・102期)
20130524_6r_5_sekiguti.jpg
「(静岡は)けっこう40日くらい開いてからのレースだったので不安はあったんですけど、しっかりと動けたので良かったと思います。(2期生との対戦も)特に意識はせず、まだまだ自分の方がレベルが低いので、追いかける身として頑張っています。復帰してからはちょっと練習内容を変えたので、それが今ははまっているのかなと思います。(具体的には)練習場所と練習仲間を変えたのと、あとはモガク練習を中心にやっています。(静岡から)中3日しかなくて、しかも中2日で平塚が控えているんですが、何もしないのは逆にダメなので、ローラーや周回練習とかで、あとはのんびりしてました。(仕上がりは)正直疲れているけど、感じとしては静岡がよい流れだったので、その流れのまま来ていると思います。四国が初めてなので、間隔が開いていれば観光したかったですけど(笑)、初四国で気合いが入っているので頑張ります!」
初日コメント:すごいメンバーですね。スタートで前には行けないと思うけど、狙っていって、取れたところから前々で。

☆6番車・明珍裕子(福島・104期)
20130524_6r_6_myoutin.jpg
「デビュー戦は緊張して、力が入って冷静に走れませんでした。自分の前に強い選手がいても、その選手にしっかり付いていけなかったので、まずはそこでしっかり付いていけるように。(デビュー戦後は)地元に帰って練習して、その後は岸和田で全プロがあったので、そこでは反省を活かせて冷静に走れるように心がけて、デビュー戦の感覚よりはしっかり出来たかなと思っています。(松山は)3年くらい前にイベントで1回、エキシビションを走っただけで、それ以来です。すごい走りやすくて、軽い感じでした。今回はしっかり予選で着を取れるようにして、決勝に上がれるように頑張りたいと思います。自分の走りが出来るように頑張ります」
初日コメント:6番車なので、なるべくラスト1周、最終バックで良い位置にいて、最後は出られるところで頑張っていきたいと思います。

☆7番車・中山麗敏(神奈川・102期)
20130524_6r_7_nakayama.jpg
「(前回の松山は)ここで優勝できたので、相性が良いバンクだと思います。そのときは冬で風も強かったんですけど、今はそんなに風も吹かないみたいなので、いろいろ冷静に頑張りたいと思います。(四日市の後は)9日から13日まで宮古島に行って、その後は17日から19日まで仙台の方にも行きまして、乗り込みはしっかり出来たと思っています。仕上がり的にはバッチリです!今回は初めて2期生を当たるんですけど、どういったレースをするのか分からないので、様子を見つつ、ただチャンスは逃さないように自分がいけると思ったらドカンとカマしたりしていければいいなと思っています。前回優勝したので、皆さん期待してくれると思います、今回も同じ結果を持って帰れるように頑張ります」
初日コメント:7番車なので、中団か後方になるとは思いますが、落ち着いて勝てるように、もちろん自力で。

□6レース展望
7番車ながら、前回の松山で優勝を遂げている中山麗敏が、相性の良いバンクで再度必殺の捲りを繰り出し1着奪取か。デビュー戦での好走が光った梶田舞は、好枠に入ったこともあり、ここも首位逆転の可能性も十分。京王閣での反省点を修正してきたという小林莉子がどんなレースを見せてくるかも注目だろう。混戦になるようなら、大和や関口の一発も侮れない。
 
 
■7レース(ガールズ予選1)出走選手
☆1番車・重光啓代(岡山・102期)
20130524_7r_1_sigemitu.jpg
「(前走の)静岡はボロボロでしたね…(苦笑)。(2期生については)まだ私たちもデビューして1年も経っていない新人ですし、女子はライン競走ではなく個人の戦いなので、気にするということより自分がしっかり出来ることを、という感じでした。初めて中3日目なので、その次の日から乗って、その次の日も乗って、ウエイトも入れて、そして昨日ダウンがてら乗って、3日間練習してきました。静岡は散々でしたが、長い目で見て、しっかり出来ることをという感じなので、課題を持って戦おうと思います。松山は前も来たんですけど、すごいキレイで、走りやすいイメージです。バンクは捲りが効かないと言われていたのに、前回はすごい捲られました、おかしいなぁ…(苦笑)。今回も一戦一戦大事にして、今できることを全力で出し切ります」
初日コメント:前の方を取って、積極的に仕掛けていきたい。

☆2番車・田畑茉利名(千葉・102期)
20130524_7r_2_tabata.jpg
「(四日市は)だいぶ前なのであまり覚えていないですけど、自分のうまい展開に持っていけてなかったです。自分はタテ脚があまり強くないので、頭を使っていかないといけないし、今回は2期生がいて、自分も(対戦が)初めてなので、ちゃんと考えながら走りたいと思います。自分の着が良ければ決勝に乗れるので、やりたいことをやって、最後(決勝)は勝ちたいけど、なかなか勝てないです。(2期生は)積極的で、自分が持ってないところを持っている子が多くて良いなと思いますけど、自分は動いても最後までもたないのは分かっているので、頭を使いながら頑張ります。(前走後は)練習をみっちりいつも通りやって、状態は悪くないと思います。前回の松山はピンピン5(1着1着5着)で負けているので、今回はピンピンピンでいけるように頑張りたいです」
初日コメント:Sを取って、そこから流れを見ていきます。
 
☆3番車・山原さくら(高知・104期)
20130524_7r_3_yamahara.jpg
「(デビュー戦は)一言で言うと緊張しました。内容は前々に動いていけるレースじゃなかったので、ちょっとどうかなという部分もありますけど、デビュー戦ということもあって、勝ちにこだわって狙いました。(父も)ホッとしていましたね。(デビュー戦後は)父は開催があっていなかったんですけど、街道でもがいて、しっかり仕上げてきました。バッチリです。(自分にとって)初の四国開催になったので、緊張する部分もまた増えますけど、しっかりと自力を出して頑張りたいと思います。しっかりレース展開を読んで、いけるところから自力で前々に活きたいと思います。四国開催ということでたくさんのお客様に見ていただけると思いますし、全力を尽くして面白いレースが出来るように頑張ります」
初日コメント:車番も良いですし、しっかり前々に出ていきたいなと思います。

☆4番車・松尾智佳(愛媛・102期)
20130524_7r_4_matuo.jpg
「(ここまでは)けっこう開いたので、練習をしっかりやってきました。ダッシュも練習してきましたし、持久力も両方やってきました。地元戦は、いつもより応援があると思うので、その期待に応えたいです。(2期生は)気にしすぎるとやっぱりレースにならないので、気にせずに頑張ります。負けたくない気持ちは強いですけど。(地元戦なので)やっぱり優勝したいですね。優勝目指して頑張ります、応援よろしくお願いします」
初日コメント:様子を見ながら、流れも見ていきます。(先行の番手は)付きたいですね。

☆5番車・井上玲美(東京・104期)
20130524_7r_5_inoue.jpg
「(デビュー戦は)全然ダメだったので、今回は頑張ろうと思います。でも、みんなの応援でちょっと早く走れたかなとは思います。(デビュー戦の後は)京王閣が改修で使えなかったので、立川競輪場に行って練習をしてきました。小林莉子選手や増茂るるこ選手と一緒にやりました。ダッシュがないので、その練習ですね。まだまだですけど、一杯練習して、その成果が出ればいいなと思います。(松山は)初めてで、広くて平たいバンクだなと思います。最後まで全力を尽くして走りたいと思います。少しでもお客さんの期待に応えられるようなレースをしたいと思います」
初日コメント:なるべく前を取れるように頑張ります。

☆6番車・近内稚明(福島・102期)
20130524_7r_6_konnnai.jpg
「(間隔が開いたが)大垣でみんなとけっこう練習をやってきたので、問題はないと思います。(調子は)いつも通りか、普通ですね。(2場所連続で最終日1着は)流れが見えてきたんだと思いますが、まだまだです。予選でそれが出来ていないので、それが出来れば、今度は決勝になってくると思います。(2期生は)レースは全部見ました。動く人が動いて、連に絡んで。でも1回走ってみないとどんななのかは分からないですけど、やることは変わらないと思うので、自分が今、2期生と戦ってどこまで出来るか試して、また課題を持って帰って練習して、という感じですね。(松山バンクは)軽いかなとは思いますが、いつも成績が悪いので、今回は頑張りたいと思います。精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします」
初日コメント:無理に位置を取りに行くよりかは、流れを見ていこうかなと思っています。

☆7番車・石井貴子(東京・104期)
20130524_7r_7_isii.jpg
「(デビュー戦は)ずっと緊張していました(笑)。風を切りたいという思いがあったので、それが達成できたというのと、あと2日目に1着も取れたので、自分の中では満足しています。(デビュー戦の後は)京王閣バンクが使えなかったので、師匠と姉(石井寛子)と街道練習をメインにやってきました。あと全プロにも行ってきたんですけど、あんまり良い結果は出ず(苦笑)。(松山は)始めて来ましたが、のどかで、すごい良いところだなと思います。やっぱり風を切りたいという思いがあるので、そういうレースをしたいと思います。自分のレースをして一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします」
初日コメント:枠は関係なく。自力で。

□7レース展望
デビュー戦Vの山原さくらが、ここもレースを見極めての仕掛けで押し切りを狙ってくる。巧く追走してから地元の松尾が直線で迫る。地元四国地区の開催だけに、両者ともまずはきっちりと勝ち上がりたいところだろう。また、前回の松山のリベンジを誓う田畑の差し脚も要注意。デビュー節で1勝を挙げた石井貴子の機動力にも注目だ。
 
 
前検日の指定練習の様子
20130524_PH1.jpg
 
 
小林選手「えー新人なのに、松戸は消極的ではなかったですか(笑)?」
20130524_PH2.jpgのサムネイル画像
 
 
山原選手「デビュー戦だから、しっかり1着を意識して走りました(笑)!」
20130524_PH3.jpg