Loading...

ガールズケイリン

ガールズケイリン情報配信サイト

メニュー

ガールズケイリン第34戦in 平塚 最終日:3月31日リポート

2013/03/31

3月の末日、ガールズケイリン第34戦の決勝戦は加瀬加奈子選手の逃げ切りで優勝を飾りました。前回の松戸の悔しさを、平塚でリベンジしましたね。
加瀬選手をはじめ、決勝戦は気迫あふれる好レースでした! 
次開催は、4月7日から9日に四日市でナイター開催が行われます。中村由香里選手、小林莉子選手、中川諒子選手らが参加予定です。こちらもお楽しみに。

表彰写真
20130331_hyoushou1.jpg

20130331_hyoushou2.jpg

20130331_hyoushou3.jpg

20130331_shanpan.jpg

◆第5R(ガールズ一般) レース動画はこちら
レースは、関口美穂がスタートで先頭員の後ろを取り、関口、近内稚明、高松美代子、重光啓代、大和久保美、野口諭実可、越田恵美子の並びで周回。赤板から越田が上昇していくが、打鐘で関口が突っ張って先頭に。しかしこれを最終ホームで重光が前を叩いて先行。重光を追走した大和が最終バックから捲り追い込んで1着。2着は関口、3着には重光が逃げ粘った。

スタート
20130331_5R_start.jpg

周回中
20130331_5Rshukai.jpg

赤板
20130331_5R_akaban.jpg

打鐘
20130331_5R_jan.jpg

最終ホーム
20130331_5R_saishuH.jpg

最終バック
20130331_5R_saishuB.jpg

ゴール
20130331_5R_goal.jpg

勝利者
20130331_5R_goal_go.jpg

 ◆第9R(ガールズ決勝) レース動画はこちら
スタートは、浦部郁里とカーリー・マカラクが飛び出したが、内側の利をいかしてマカラクが先頭員の後ろを取った。マカラク、ペイジ・パターソン、中山麗敏、中村由香里、加瀬加奈子、小林莉子、浦部郁里で周回は並ぶ。赤板から小林が上昇し、打鐘過ぎに前に出る。打鐘4コーナーから小林の後ろにいた加瀬が先行体勢に。その後ろは小林、マカラク、中山の3車並走。小林が引いたが、マカラクと中山は最終3コーナーまで並走が続いた。結果、加瀬が逃げ切り優勝。2着は中山。3着は追い込んできたパターソン。

スタート
20130331_9R_start.jpg

周回中
20130331_9R_shukai.jpg

赤板
20130331_9R_akaban.jpg

打鐘
20130331_9R_jan.jpg

最終ホーム
20130331_9R_saishuH.jpg

最終バック
20130331_9R_saishuB.jpg

ゴール
20130331_9R_goal.jpg

ゴール後
20130331_9R_goal_go.jpg

【ダッグアウトから】
◆第5レース(ガールズ一般)
1着の大和久保美
20130331_5R_yamato.jpg
「きつかったです。先に叩きにいきたかったけど、早めにレースが動いたので、一回流れを見ようと思いました。でも、前の方にいたかったので、重光さんは前に出れると信じてついていって、最終2コーナーから自分で踏んで行きました。ずっと外だったのできつかったです。もう少しスピードを出して捲れるように練習を、あとは今まで通り一回前に出るレースを心がけたいです。また頑張ります」

2着の関口美穂
20130331_5R_sekiguchi.jpg
「越田さんを入れたらあかんと思って、けっこう踏んだので、脚にきましたね。最後の一歩っていうところが足りないですね。今日はもがき散らかしました(笑)。次はもう一回踏み直せる脚をつけないといけないですね」

3着の重光啓代
20130331_5R_shigemitu.jpg
「初日、2日目と自分のレースが出来てなかったので、後ろにつくだけのレースは私にとってレースに参加していないのも同じだから、だから、今日は先行しようと思っていました。これが今の脚力です。差されたのは悔しいけど、でも、コース取りだったり、最初の越田さんを越える時だったりに脚をできるだけ使わないとか、課題はわかっているので。一戦一戦やるしかない!」

4着の近内稚明
「2番手だから、前も関口さんだし、動かないでいいかなと思ったのがダメでしたね。迷ってしまったり、躊躇してしまう気持ちの克服が一番の課題です。一緒に練習してくれる先輩たちに申し訳ないですね…」

5着の高松美代子
「今回はちょっと納得のいかないレースが続きましたね。でも、すぐに四日市、京王閣と続いているので、この反省をいかして、また、レースが続いているのでレース勘は維持していきたいと思っています」

6着の野口諭実可
「力を出し切れないで終わってしまったのはダメですね。先行しようと思っても、ダメかなと思ってしまう気持ちの問題ですね。4月には地元開催があるので、実践的な練習を課題にやっていきたいと思います」

 7着の越田恵美子
「動いた結果なので、昨日よりもいいと思っています。動かない7着よりは、いいと思います。あとは練習するだけです」

◆第9レース(ガールズ決勝戦)
1着の加瀬加奈子
20130331_9R_kase.jpg
「脚がある選手達と走ると後ろがもつれるので、先行する方がいいですね。世界で走ると、リーワイジー(香港の短距離トラック選手、2013年500mTT世界チャンピオン)とか、(先行する)私の事をマークしていないから難しいですけど(苦笑)。今回はマカラクたちが見ているから、先行しやすかったです。結構、配当付いていたので私から投票して頂いたお客様には貢献できて良かったと思いました」

2着の中山麗敏
20130331_9R_nakayama.jpg
「今日のレースは加瀬が先行して、番手で競りみたくなると思ったので取り切ってやろうと思って、先頭員の後ろを取ろうと思っていたんですけど、全然取れませんでしたね。一回カマそうか迷いましたが、でも加瀬が早く上がってきたので、番手を取り切ってやろうと思ったら4番車(マカラク)が来て、外並走になっちゃうと思って頑張りました。でも、2位なのであまり嬉しくないですね」

3着のペイジ・パターソン
20130331_9R_pata-son.jpg
「とてもいい選手が集まったので厳しいレースでしたが、その中で3位は嬉しいです。自分のスキルを最大限に使わなくてはいけなかったし、色々な走り方をする選手もいたので、それに対応するのが大変でした。日本での3開催を振り返ると、とても楽しかったですし、色々と学ぶ事が出来ました。また是非日本に戻ってきたいです」

4着の浦部郁里
「前を取りにいくのが自分のスタイルなので。取れなかったけど、スタート出た時点では前に出られたと思うし、前取りの合戦ができてよかったです。もっとスタートを磨かないといけないのかなと思うところもありました。後ろからの組み立ては今まであまりなかったので、周りの動きを見て、空いたところを突っ込んで、4着でしたけど、あのレースのスピードにはついていけたので、もう少し自力をつけて、大外からでも挑めるようにしたいですね」

 5着のカーリー・マカラク
「今日はちょっと残念なレースでした。日本の3開催を振り返るととてもいい経験になりましたし、自分も良いレースが出来たと思います。またくる機会があるのならばレースに参加したいと思っています。賞金はとても良かったと思います(笑)。使い道はこの後、ゆっくり過ごしたいと思っていますので、それに使います!2月の世界選手権からずっとレースが続いていたので、ちょっと疲れていますね。2週間ほどバカンスをとってその後またトレーニングに戻ります。世界チャンピオンになってまた日本に戻ってきます!」

6着の中村由香里
「ごちゃついてもそれに対応する力があればいいだけですし、脚があればバックで捲ればいいだけの話なので。また練習して、強くなります」

7着の小林莉子
「突っ張るか、(加瀬さんを)入れるかのレースでした。3車並走のシーンで、自分が優先走路だったので引かなければ良かったとは思いますが、それ以前に脚力不足だったと思います。なので練習し直すだけです! カーリーはテクニックもあるし、世界でも活躍しているので、勉強になりました。ペイジからも色々、食事などのことも聞きましたけど、世界で戦っているライダーに学ぶことがあったので、それをこれから日本でいかしていきたいと思います。今日の結果にくよくよしているヒマがあったら練習します!」